2019/12/24号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

リサーチ・データで正解探しの罠に囚われないために “意味”を起点に次のヒットを考える

http://markezine.jp/article/detail/32552

生活者の価値観は多様化の一途をたどり、商品やサービスはコモディティ化の波に飲み込まれつつある。
「性能の優れた商品を、マス向けに宣伝する」というマーケティングの手法に限界が見え始め、企業には、生活者の文脈に寄り添いながら、自社の商品がもつ価値(=意味)を丁寧に伝えていくことが求められるようになった。
本連載では、デザイン思考と相対する「意味のイノベーション」の考え方を通じて、生活者との関係を問い直しながら、ヒット商品・強いブランドを構築していく方法を解説する。

出典: MarkeZine

サブスクのプロが選んだサービス6選。サブスク大賞受賞サイトから見る、ユーザーに望まれるサービスとは?

https://netshop.impress.co.jp/node/7078

一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会は12月9日、「日本サブスクリプションビジネス大賞」の授賞式を開催した。
音楽や動画の配信サービスで少しずつサブスクリプションが浸透してきた中で、今回選出されたサブスクサービスはどのような点が優れているのだろうか。
「日本サブスクリプションビジネス大賞」は、日本国内のサブスクリプションビジネスの浸透や、新たなサービスの創出につなげることを目的に設立された表彰制度。
振興会の会員、非会員から約100以上のサービスがノミネートされ、振興会のメンバーが審査を行った。
■各受賞サービス グランプリ・・・・・・…トイサブ!(トラーナ) シルバー賞・・・・・・MEZON(Jocy) ブロンズ賞・・・・・・Optune(資生堂ジャパン)…”
出典: ネットショップ担当者フォーラム

決断コストはゼロにする。東大卒プロゲーマーが教える“無駄な努力を避ける”3つの方法

https://r25.jp/article/756098976384998470

東大卒のプロゲーマーであり、国内のみならず海外で圧倒的な知名度を誇るときどさん。
2019年には2つの世界大会で優勝しましたが、一時期まったくと言っていいほど勝てない時代があったそうですeスポーツの市場がどんどん大きくなり、つねに新しい勝ち方が確立されていく環境に、対応しきれなかったと言います。
しかし、そこでは今までのやり方を見直し、復活を遂げたノウハウを、著書『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』にまとめました。
同書より、ときどさんが導き出した新しい「努力」の形を、3記事にわたって抜粋して紹介します。
無駄な努力を避ける方法① 行動を「ルーティン化」せよ
東大卒というだけで「勉強を頑張ったんですね!」「意志力がありますね!」と言われるのですが、残念ながら僕の場合はそうした言葉はまったく当てはまりません。
出典: 新R25

「身体性」のあるインプットをすれば、脳みそに電流が走る。田端信太郎の情報収集力

https://r25.jp/article/754673090650740364

NTTデータ、リクルート、ライブドア、コンデナスト・デジタル、NHN JAPAN、LINEそしてZOZO。
最強のサラリーマン・田端信太郎さんの経歴です。
時代を動かす企業を渡り歩いた経験と、圧倒的な発信力をあわせ持つ田端さんは、新R25のインタビューでも必ず新しい学びを届けてくれます。
そんな田端さんが上梓したのが『これからの会社員の教科書』。
田端さんが経験から導き出した「仕事の基本」をまとめた同書より、「仕事の基礎」「ビジネスの常識」「情報収集」「会議の立ち振るまい」を4記事にわたってご紹介します。
これからの会社員の教科書

「現地・現場・現物」に価値がある情報収集が大切だと言われます。
しかし、ただ漫然と日経新聞やツイッターやニューズピックスを眺めていても、時間がいくらあっても足りません。
インプットを完璧にしようと思っていても、情報は日々どんどん増えていきます。
情報収集するときには、なんらかの仮説なり、目的意識を持っていないと無駄な時間を過ごすことになります。
逆説的ですが、新入社員であれば下手に新聞を読むよりも、「現地・現場・現物」に触れること。
身体感覚をともなった情報のほうがよっぽど大切です。
出典: 新R25

5Gの普及で、世界はどう変わるか? by キンコン西野

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12561450286.html

2週間前にヒッソリと始めたYouTubeチャンネルの登録者数が5万人を突破しました。
このチャンネルの特徴は、大きく二つ。
① 『西野の時間を1秒も使っていない』② 『音声のみ(動画はナシ)』順に御説明させていただきますと(※これまでも何度かお話しさせていただいていますが)、①に関しては、「西野が日課としてVoicy(ラジオ)にアップしている音源を、スタッフがYouTubeにコピペする」という二毛作的な流れになっておりまして、YouTubeに関して僕は1秒も使っていないんですね。
(※ときどき、深夜に生配信をしたりしています)②に関しては、タイトル通りで、YouTubeチャンネルのクセに、動画ではなく、音声のみとなっています。
だって、Voicyのコピペなんだもん。
音声しかありません。
「動画カット→音声のみ」と一見トーンダウンしているように思われますが(※手抜きチャンネルであることは間違いない!)、「お料理しながら、運転しながら、歩きながら、…『ながら聴き』ができるので助かります!」と意外と好評です。

出典: 西野亮廣ブログ

人間の脳には、自分に向いている仕事を決める能力がない。判断を邪魔するバイアスを把握せよ

https://r25.jp/article/756420765453938105

将来、キャリアへの不安を感じている新R25世代は少なくないでしょう。
まわりに相談しても返ってくるのは「好きなことを仕事にしよう」「安定した業種を選ぼう」「フリーランスこそ至高の働き方だ」「スキルアップできる会社に入ろう」「自分だけの強みを生かそう」など多種多様なキャリアアドバイス。
どの考え方にも一定の説得力があるので、相談したことで「何が正解なんだろう…?」とよけいに混乱することもあります。
そんな悩める我々にとって特効薬になりそうな書籍『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』が発売されました。
著者は、1年間に5000本もの科学論文を読みこむことから「日本一の文献オタク」と呼ばれる鈴木祐さん。
メンタリストDaiGoさんが尊敬する人物としても知られています。
今回は、ビジネス書の中でもかなりの注目を集めている同書のなかから3記事を抜粋してご紹介。
今後のキャリア選択に不安を感じている方、必見の内容です!科学的な適職https://www.amazon.co.jp/dp/B082NWJHND/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=5ee54ab5a00ca47b28be3efea3c5b1dd&language=ja_JP人間の脳は職業選択に向いていない私たちがキャリア選びを間違える理由は大きく2つに分かれます。
①人類の脳には、…”
出典: 新R25

『こち亀』秋元治、40年も休まず週刊連載を続けた「スゴテク」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69282

40年にわたって続いた『こち亀』(’76~’16年)の連載終了から3年。
著書の『秋本治の仕事術「こち亀」作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由』では、いかに一度も休載することなく過酷な週刊連載を続けてきたのか、秋本先生が長年の経験によって培われた仕事術が余すところなく紹介されています。

出典: 現代ビジネス

及川光博「2点突破スペシャリスト」という凄み イメージでくくれないビジネスパーソンの資質

https://toyokeizai.net/articles/-/321163

“今秋に放送されている新作ドラマの中で視聴率トップを快走している「グランメゾン東京」(TBS系)。
同作…”
出典: 東洋経済オンライン

ナイツ塙「今の芸人がSNSで炎上繰り返す理由」 「理論しか学べない」お笑い養成所の弱点

https://toyokeizai.net/articles/-/317927

新書『言い訳~関東芸人はなぜM-1で勝てないのか~』が、お笑い関連書籍では、異例のヒットを飛ばしてい…
出典: 東洋経済オンライン

「ペンと紙なしでは仕事にならない」30歳以下で成功したデジタル世代経営者たちの共通点

https://www.businessinsider.jp/post-203867
“成功した起業家たちは、紙のノートに日々のできごとを書きつけて整理することに絶対的信頼を置いている。
なぜ手書きがこれほど大事にされるのか。

出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

【あらら…】泥酔したキンコン西野の問題行動

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12560939295.html

忘年会の季節がやってきました。
今年も世紀の大忘年会『天才万博』が12月26日~30日まで開催されるそうで、僕は、仕事をお休みして、お客さんとして『天才万博』に5日間とも参加する予定です。
→年末に『天才万博』の客席で西野と呑んだくれたい方はコチラ。
酔っ払っている時の僕の口癖は「いいっすね」と「やりましょう!」で、口癖どころか、酔っ払っている時は基本、この二つの言葉しか使いません。
そして、翌朝、LINEを開くと「今回は話を受けてくださってありがとうございます。
一緒に頑張っていきましょう」というメッセージが届いていて、「すみません。
ちなみに僕は何を頑張ることになったんでしたっけ?」と返信する始末。
そのうちの一つが、これ。
↓↓↓→このリターンを購入するこちらは、お客さんが立ち上げたクラウドファンディングのリターンですが……どうやら僕は、お客さんと一緒に「かまくら」を作るらしいのです。
よく、芸能人が酩酊状態で暴行を働いたり、女性に乱暴したりするニュースを耳にしますが、「酔っ払って、お客さんと一緒に『かまくら』を作る約束をしてしまった」というニュースは初めて聞きました。
しかも、よくよくリターンの内容を見ると「キングコング西野亮廣さんと一緒にかまくらを作れる権利!プペルの絵本付!第一部」とあります。
だい、いちぶ!!?そんなんです。
こちらのクラウドファンディングは、札幌の雪まつり期間中に合わせて、お客さんが企画された僕の絵本展の制作費を集めるものなのですが……→このクラウドファンデ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。
』”
出典: 西野亮廣ブログ

能力にあわせてポジションを変えよ。『パワプロアプリ』で学ぶ、後輩マネジメントの第一歩

https://r25.jp/article/756422890468993179

先輩に教えを乞うだけではなく、後輩を指導するような機会も増えるR25世代。
とはいえ“マネジメント初心者”で、「後輩への接し方がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?『新R25』編集部の福田もそのひとり。
これは、そんな彼があるスマホゲームを通して後輩の育て方を学んでいくお話です。
「困ったでやんす…」後輩の森久保が何かに悩んでいる様子先輩・福田:どうしたの?後輩・森久保:すみません。
ここを押したらヤバいことになってしまいまして…先輩・福田:(うおっ! これどうやって直すんだっけ…)後輩・森久保:わからないですか?(森久保くんの評価が下がった)先輩・福田:よしできた! これで大丈夫! 次からは気をつけろよ。
後輩・森久保:ありがとうございます! いつもすみません。
翌日。
上司・天野に相談する福田先輩・福田:最近、後輩の指導の仕方に悩んでるんですよ。
細かいミスを連発したりしていて…もっと厳しく指導したほうがいいんですかね?上司・天野:うーん、そうだなー。
上司・天野:それなら、『パワプロアプリ』でもしてみたらいいんじゃない?俺も最近はじめてハマっててさ…先輩・福田:(え?…”
出典: 新R25

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン