2019/12/17号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

1年たらずで初回定期率20倍!ロート製薬‟本気”CRMの舞台裏

https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/63944
“大手製薬メーカーのロート製薬(株)が通販事業のCRMを本気で強化してきている。手始めに通販化粧品ブランド『糀肌(こうじはだ)』で、さまざまな施策に取り組み、直近1年でクロスセル成功率を200%に改善し、さらに初回購入時の定期申し込み率を20倍まで高めた。

ロート製薬の‟本気のCRM”構築を支えているのが、総合ダイレクトマーケティング支援を手がける(株)ダイレクトマーケティングゼロ(以下、DM0)だという。

1通の‟SOS”メールから『糀肌』の戦略を大改革! ロート製薬では、
(1)成長期の子どもをサポートする飲料『セノビック』、
(2)アイケア機能性表示食品『V5粒』ブランド、
(3)自然由来の保湿成分を配合した自然派化粧品ブランド『糀肌』
などを中心に通販事業を展開している。 誰もがその名を知る大手企業であるロート製薬だが、通販事業の歴史は意外に浅い。もともとドラックストアなど店舗への流通が強い会社であることから、社内にダイレクトマーケティングのノウハウがほとんどない状態でのスタートだったそうだ。 そのような状態から、DM0とタッグを組み“本気のCRM強化”に取り組むまで、どのような経過があったのだろうか”
出典: 通販通信ECMO

田端信太郎「仕事を依頼されたときにこの“2つ”を質問したら、君は『デキる社員』だ」

https://r25.jp/article/754663714735635827
“NTTデータ、リクルート、ライブドア、コンデナスト・デジタル、NHN JAPAN、LINEそしてZOZO。最強のサラリーマン・田端信太郎さんの経歴です。時代を動かす企業を渡り歩いた経験と、圧倒的な発信力をあわせ持つ田端さんは、新R25のインタビューでも必ず新しい学びを届けてくれます。そんな田端さんが上梓したのが『これからの会社員の教科書』。田端さんが経験から導き出した「仕事の基本」をまとめた同書より、「仕事の基礎」「ビジネスの常識」「情報収集」「会議の立ち振るまい」を4記事にわたってご紹介します。

これからの会社員の教科書

https://www.amazon.co.jp/dp/B081YQLQSC/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=9a317b5c002325b7b82e5f4ce46a9440&language=ja_JP

仕事を振られたときに確認すべきこと「きみは、目の前でやっている今の仕事、そもそも何のためにやっていますか?」そう聞かれたら、パッと答えられるでしょうか?仕事では、なによりもきちんと「ゴール」を把握しておかないといけません。この仕事は何がどうなったら成功なのか?
誰のために、何をすればいいのか?その「ゴール確認」は仕事の必須事項です。ここがふわっとしたまま仕事をしている人は、若手に限らず多くいます。あなたは広告代理店の新人営業マンです。ある日、営業部長が机にやってきて「今度コンペがあるから3週間後にA社に提案よろしく」と言って去っていきました。そのとき、きみはよくわかっていないのに「わかりました」と言ってはいけません。ゴールが明確でなかったら、こう聞き返すべきです。「すみません、部長。営業の提案コンペということは、受注したいということですよね?…”
出典: 新R25

Microsoft TeamsとSlackは舌戦で火花を散らす

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1912/16/news053.html
SlackとMicrosoft Teamsの舌戦が激しさを増している。これまでの経緯とこれからをまとめてみた。
出典: ITmedia

「シニアの就活」成功した人が切り替えた視点 若い頃の意識のまま転職活動をする人が多い

https://toyokeizai.net/articles/-/318785
「人生100年時代」といわれる今、定年後も働き続けたいと考える人は少なくないだろう。また、「一億総活…
出典: 東洋経済オンライン

ブックデザインの魔法

https://note.com/tkhshy6083/n/n5a277eade6de
“本の装幀を考えるとき、僕はいつも悩みます。
イラストにするか。写真にするか。はたまた、文字だけで勝負するか。
デザインを誰にお願いするか。どうしよう。どうしよう。どうしよう。と、なります。
装幀を考える、ということは、前提として「作家が書き上げた作品」が目の前にある、ということです。何か月、あるいは、何年もの時間をかけた作品を、僕ら編集者は預かります。それは重いものです。大切なものです。だから、どのアプローチが「本」としての魅力をいちばん伝えられるのかを、ひたすら考えます。
さて、前回のnoteで河野裕さんが『いなくなれ、群青』の世界を生み出した瞬間のことを書きました。その後、小説が完成し、僕が「考える」局面が訪れます。まず、タイトルのことを考えました。(これは河野さんとの打ち合わせ史上、最長の時間を記録した、大論争となりました笑。たぶんきっと、いつかここで書きます。)そして、装画のことを考えました。最後に、デザインのことを考えました。今日は、デザインのことを書きます。続きをみる”
出典: note.mu 編集・ライター記事

伸びるウェアラブルバンドの出荷台数、シャオミが世界を牽引

https://jp.techcrunch.com/2019/12/15/2019-12-15-wearable-band-shipments-grew-globally-driven-by-xiaomi/
“米国ではApple(アップル)がウェアラブルの話題を独占しているかもしれないが、世界の反対側では状況がかなり異なるようだ。アジアではXiaomi(シャオミ)が存在感を示している。
Canalysが発表した最新の報告によると、同社がウェアラブル分野において世界の成長を牽引したという。 ウェアラブルバンドの出荷台数は第3四半期で前年同期比65%増となり、シャオミは引き続きトップの座を守り、前年同期比74%増という好調な数字を記録した。
これにより同社は世界のウェアラブルバンド市場全体の27%を占め、2015年以来最高の数字となった。 低価格路線がシャオミの成功の鍵となっており、中国での出荷台数は60%増加している。同社の戦略は、特にアジアの消費者に向けて低価格な製品を提供しようとしているSamsung(サムスン)やまもなくGoogle:グーグルの統計に含まれる予定のFitbit(フィットビット)などの競合他社にも波及してきた。…”
出典: TechCrunch

「コンテンツの価値を最大化」視点から「出版社ビジネスモデルの変遷」を図解してみる

https://note.com/mizn/n/n336ceadb9eb5
大学で講義した内容を、自分自身の振り返り用に記した前の記事「編集者の仕事は「コンテンツの価値を最大化」:明治大学の講義で話したこと」が、想定していたよりも多くの方に読んでもらえ、コメントもいただけました。その反応を見ることが、自分自身でも「この先の出版社のビジネスモデル」について、「コンテンツの価値を最大化」という視点から熟考する機会につながりました。続きをみる
出典: note.mu 編集・ライター記事

スキルのある人は掃いて捨てるほどいる。“仕事ができる人”が持つ「ストーリー戦略思考」とは?

https://r25.jp/article/754648383700316455
“「『仕事ができる』ようになるためには、スキルよりも“センス”が必要」経営学者であり、一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻教授の楠木建さんと、電通、ボストンコンサルティンググループで組織開発などに従事してきた山口周さんの対話集である『「仕事ができる」とはどういうことか?』の主張です。

つい、スキルを磨くことばかりに目が向けられがちですが、そもそも仕事に対する“センス”がないと、ビジネス力を上げることは難しいと2人は言います。仕事ができるとは、一体どういうことなのか?新時代の仕事論について、同書から2記事を抜粋してお届けします!「仕事ができる」とはどういうことか?

https://www.amazon.co.jp/dp/B0827LTLZZ/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=8d5a065c5e44985399ed6bb37381a711&language=ja_JP
「あれができる、これができる」と言っているうちは未熟
楠木:仕事ができるというのは、僕の考えはごくシンプルで、状況にかかわらず「人に頼りにされる」ということなんじゃないかなと思う。
つまりバイネームで「あ、山口さんだったら大丈夫だ」とか、
「もう山口さんじゃなきゃダメなんだ」とか。この人だったら大丈夫、どうしても必要とされているという状態が人として仕事ができているということです。

イメージとしては、子どものときにゲームとか球技で組分けをしたとき「あ、こいつがいるから大丈夫だ」「あいつと同じ組に入りたい」と感じさせる人がいますよね。あれです。”
出典: 新R25

VOD(ビデオオンデマンド)徹底比較!おすすめサービスをランキングで紹介!

https://chik-tak.com/video-on-demand-service-compare-ranking/
色んな動画配信サービスがあるけど、結局どれが良いんだろう? おすすめのVODを比較して自分に合ったサービスを選びたいな! このような疑問に答えます。 VOD(動画配信サービス)は色んなサービスがあるので、どれを選べば良い…
出典: [chik-tak]イトダイ

面接場所にはジャスト4分前に到着だ – 就職活動の面接15分前にやるべき15のこと-

https://chik-tak.com/before-job-interview/
早く着いても、持て余すから良くない。 遅く着いても、焦って良くない。 「ちょうどいい時間ってそもそも何なんだ…?」 って思いますよね。 僕は面接をする立場なので、 その苦悩も十分にわかります。(トイレでバッタリ会ったりね…
出典: [chik-tak]イトダイ

危うい「日本人の読解力」を根本的に変えるコツ 塾も具体的な方法は教えてくれない

https://toyokeizai.net/articles/-/319499
経済協力開発機構(OECD)が世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に行った国際学習到達度調査(PIS…
出典: 東洋経済オンライン

近鉄バファローズ、2001年「奇跡の優勝」を生んだスゴすぎる戦略

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69142
近鉄バファローズというチームが解散して間も無く15年になろうとしている。近鉄と言えば、多くの人の記憶に残っているのは、2001年の「奇跡の優勝」だろう。その年、近鉄に何が起きたのか。『近鉄魂とはなんだったのか? 最後の選手会長・礒部公一と探る』を上梓した元永知宏氏が振り返る。
出典: 現代ビジネス

中国メーカー「Xiaomi」はテック業界の“無印良品”となるか

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/13/news069.html
日本市場に参入したシャオミは業界にどんなインパクトをもたらすのか。
出典: ITmedia

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1912/13/news058.html

12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。
出典: ITmedia

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン