2019/12/6号 出勤・面接前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

電通、SHOWROOMと資本業務提携 電通デジタルと協働しマーケティング活動とメディア事業の強化へ

http://markezine.jp/article/detail/32439

出典: MarkeZine

Amazonがクレカ不要の後払い決済「Paidy翌月払い」を導入

https://netshop.impress.co.jp/node/7010

“アマゾンジャパンは11月21日、Amazonでの買い物の支払い方法として、商品発送の翌月に購入代金を支払うことができる「Paidy(ペイディー)翌月払い」を導入したと発表した。

「Paidy翌月払い」は、Eメールアドレスと携帯電話番号の入力だけで登録でき、当月に買い物した分を翌月にまとめて、コンビニ払い、銀行振込または口座振替のいずれかで支払うことができる後払いサービス。
Amazon.co.jpでの商品の買い物に、「Paidy翌月払い」を利用できるようにした。クレジットカードの登録は必要ない。 Amazonで希望の商品をカートに入れ、支払い方法の画面で「Paidy翌月払い」を登録・選択し、注文を確定。注文確定後、商品が届く仕組み。
商品発送の翌月1日から3日までに、メールとSMSで請求案内が届く。商品発送の翌月10日までに支払う仕組み。コンビニ払いの支払手数料は356円(税込)、銀行振込手数料は金融機関により異なる。口座振替は手数料無料で、商品発送の翌月12日の引き落としとなる。…”
出典: ネットショップ担当者フォーラム

LINEを“災害インフラ”に–福岡市で本格運用始まる

https://japan.cnet.com/article/35145755/
LINE Fukuokaは11月14日、スマートシティに関する初のカンファレンス「LINE SMART CITY DAY FUKUOKA 2019」を開催。この中で、4月からテスト版が公開されていた「避難行動支援」の全機能が提供されることが発表された。
出典: CNET Japan

楽天の株価はなぜメルカリより低いのか。キャッシュレス決済の競合比較で見る「企業の実力」

https://www.businessinsider.jp/post-202725
参入相次ぐキャッシュレス決済市場を「会計とファイナンス」で読むと…?数字の苦手意識を克服できる(かもしれない)連載がスタート。
出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

フリマアプリ「メルカリ」、出品するだけで100か国以上での越境販売。「Buyee」と連携で実現

https://netshop.impress.co.jp/node/6993
“メルカリは11月15日、出品するだけで100か国以上に商品を販売できる越境ECサービスを開始したことを発表した。
「メルカリ」の出品者は海外からの注文の処理や、海外配送といった特別な対応を行うことなく越境ECを行える。海外からWeb版「メルカリ」へのアクセス数が2017年比で6倍に増えていることを受け、「Buyee(バイイー)」を介して海外向けの販売を強化する。 BEENOSグループが手がける代理購入サービス「Buyee」と提携した。「Buyee」のWebサイトに「メルカリ」の海外向け販売ページを開設。サイトは日本語、英語、中国語(繁体・簡体)の言語を選択できる。 海外から注文が入ると、Buyee公式アカウントが「メルカリ」の商品を代理で購入する。メルカリの出品者は「Buyee」の国内拠点へ商品を発送し、商品が国内拠点に到着すると「Buyee」のスタッフが検品や受取評価、海外配送などを行う。”
出典: ネットショップ担当者フォーラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク