【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年10月29日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

誰も教えてくれない、商品名やサービス名のネーミング方法

ここ最近はあたらしいプロダクトを作っていて、そのサービス名を考えるのに四苦八苦している。というか、新しいサービスを手掛けるたびに毎回ネーミングで多大な苦労をしている。このままでは数年後、また四苦八苦することになるだろうから、せめて今回考えたことを未来の自分のために記しておくことにする。続きをみる

出典: note.mu #スタートアップ

パナソニック、自動文字起こしサービス「P-VoT」提供開始音声認識技術を活用

パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、音声処理・音声認識技術を活用した文字起こしサービス「P-VoT」を正式に提供開始したと発表した。マスメディア向けに商用サービスとして提供する。

出典: CNET Japan

“辞めた人の転職先”にヒントがある。motoが語る、現実的な「キャリアアップ」の考え方

新卒時代が終わり、自分を取り巻く環境が変わってきたR25世代のみなさん。後輩ができたり、重要なミッションを任されたりと新たなステージに進むなかで、自身の「キャリアアップ」について考える機会も増えたのではないでしょうか。でも、キャリアアップをするために何をどう頑張ればいいのかわからないと、キャリアの行き先を見失ってしまっている人も多いはず。そんな若手の嘆きはどこ吹く風といわんばかりに、怒涛の勢いで年収を上げている「謎のお面の男」が存在します。

これまで6社を渡り歩き、年収1,500万、副業年収4,000万を稼ぐスーパーサラリーマン・motoさんです。実はmotoさんの新卒時の年収は「240万」。転職サイトや転職エージェントを活用し転職するごとに年収を上げつづけて、今の年収にまでいたったそう。まさに「キャリアアップ」を体現する存在です。そんなmotoさんが分析する「キャリアアップ」の道筋とは?

出典R25

デキるビジネスマンはやっている「業界の未来を予測する」驚きの技術

出典現代ビジネス

「入場料を取る書店」がまさかの大流行した理由 お客はいったい何にお金を払うのか?

活気があった多くの業界が低迷に苦しんでいる。書店業界はその筆頭だろう。かつての名店が次々と閉店して

出典東洋経済オンライン

あなたの説明力を鍛える「うまい要約」のコツ

ビジネスから日常会話まで、あらゆるコミュニケーションで求められる「説明力」。教育学者の齋藤孝氏が勧めるのは、「本の要約」だ。それをくり返すことで、自然と上手な説明ができるようになるという。詳しいやり方を教えてもらった。

出典現代ビジネス

株価急落、いよいよ「ソフトバンク・ショック」を警戒すべきワケ

カリスマ経営者の孫正義氏が率いるソフトバンクグループで、ここへきて「異変」が起き始めた。

発端は、ソフトバンクグループ傘下の「10兆円ファンド(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)」の投資先である米ウィーカンパニーをめぐるトラブル。

ウィーカンパニーは『ウィーワーク(WeWork)』を運営するシェアハウス大手で将来有望視されていたテックカンパニーだが、ここへきて資金繰り問題が急浮上。それが出資元であるソフトバンクグループの経営を直撃しているのだ。すでにソフトバンクグループの株価が急落する事態にまで発展してきた――。

出典現代ビジネス

一時退避的な転職は一番ダメ。転職相談所がおすすめする転職の失敗を防ぐ考え方

初めての転職活動を行う若者のために、輝ける30代に向けた選択をサポートしている「20代の転職相談所(運営:ブラッシュアップ・ジャパン株式会社)」。東京・大阪・名古屋・横浜と全国に4拠点を構え、転職相談に訪れる人たちへ企業の紹介から、選考対策までを一貫しておこなっています。のべ20万人が利用(2019年時点)する「20代の転職相談所」の特徴は、若い力を求める企業に足を運び、職場環境や社風などを詳しく取材したうえで、20代に特化した転職サポートを提供しているところ。書籍『20代の転職成功者は何から始めたのか?』には、「20代の転職相談所」が培ってきた転職活動のノウハウや、初めての転職に向けた心構えが詰まっています。今回は同書より、転職の失敗を防ぐ考え方をご紹介します。20代の転職成功者は何から始めたのか?|…

出典R25

トライアスロン、筋トレ、キックボクシング堀江さんって何で運動しているんですか?

“ホリエモン”こと堀江貴文さんと元「2ちゃんねる」管理人のひろゆきさんによる『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。

今回は堀江さんの著書『捨て本』の出版記念に、2人でトークをしてくれています。同書のテーマは、その名とおり「不必要なものを捨てて、自由に生きる」というもの。しかし、トークはなぜか堀江さんのスポーツ習慣へと移り

出典R25

ホリエモンが社員を「切り捨て」てきた真意——サラリーマン社会も楽な方に変えられる

本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。中編はホリエモンが社員を「切り捨て」てきた真意を語る。

出典: ITmedia

ジム・ロジャーズ「移民を恐れる残念な日本人」 「移民は日本人の雇用を奪う」は狭すぎる発想

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。世界3大投資家の1人であるジム・ロジャーズ氏が、最新刊『日

出典東洋経済オンライン

Googleがここ数年で最大の検索アルゴリズム更新、ニューラルネットのBERTテクノロジー投入

Googleは検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたことを発表した。

ここ数年で最大で、検索者の意図の推測精度を改善するためにニューラルネットワークを利用する。

Googleでは「検索10回のうち1回の精度をアップさせた」としている。このアップデートは当面米国における英語の検索が対象だが、ほかの地域、他の言語も近くサポートされる。

検索時に表示されるスニペットについてはすでに世界でアップデート済みだ。 検索エンジンの世界では、アルゴリズムの改善というのは地味で目立たないものが多いが、検索の10%にも影響するというのは驚くべき数字だ。世界中のSEO専門家はここしばらく徹夜が続くだろう。 Googleではこのアップデートは長く会話的な検索の場合に特に威力を発揮すると考えている。実はGoogleはユーザーがなるべく会話的、説明的に検索テキストを入力することを望んでいる。そのほうが単なるキーワードの羅列より検索意図を理解しやすいからだ。

出典: TechCrunch

「自分を売りたければ、吉野家を目指せ」人気美容師・松本拓馬が語る“選ばれる人”になる方法

仕事がデキる人は、「この人から買いたい!」と、選ばれる人だといいます。でも、一体どうすればいいのか。選ばれている人はどんなことをしているのか。

今回お話を伺ったのは、年間総指名数1万人を超えるカリスマ美容師の松本拓馬さん。一体、この人はなぜ選ばれるのか。その謎に迫ります!

出典R25

[ブックレビュー]作り方のすべてがわかる「『マニュアル』をナメるな! 職場のミスの本当の原因」

20年ほどマニュアル作成に関わっているが、「マニュアル」に特化したこのような本は、未だかつて見たことがない。これはもう、マニュアルを作っている全ての人に、必ず、今すぐ読んでもらいたい1冊だ。

出典: CNET Japan

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です