【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年10月19日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

予備校教師に聞いた「爆発的に成績が伸びるタイプ」に、レアな人材になれるヒントがあった

他人に奢られることで生計を立てている男として、Twitterで一躍有名人となった「プロ奢ラレヤー」さん。

職種も年齢も性別も関係なく、さまざまな人に出会ってはおもしろい話を仕入れ、それらをTwitterで披露。そのツイートを見て「会いたい」と連絡してきた人にまた奢られては、新たなおもしろい話を仕入れる…というループで“奢られ無双”に突入。

「住所不定・無職」にもかかわらず、人のおもしろエピソードだけでそこそこ稼いでいるという超人です。

その中から、予備校の先生に聞いたという「伸びる生徒のタイプの違い」をご紹介します。

出典R25

ラグビー日本代表に学ぶ「日本の閉塞感を打破する方法」

初の日本開催となったラグビーW杯では日本代表が快進撃を続け、遂に予選リーグを全勝で突破して念願のベスト8入りを果たした。

出典現代ビジネス

「ドラフト4位」の桧山進次郎はあの日、なぜ阪神入りを決めたのか

今年もドラフト会議がやってきた。地味なドラフト4位指名 =「ドラヨン」の選手たちが、のちにチームを牽引する存在へと成長するケースが多いことは、あまり知られていない。選手本人へのインタビューでその秘密を追う、田崎健太氏のノンフィクション『ドラヨン』から、阪神一筋の選手生活を送り、「代打の神様」の異名をとったドラヨン、桧山進次郎の章を特別公開!

出典現代ビジネス

記事の書き方の型を覚える、それがWebライターへの第一歩

これからWebライターになりたい、あるいはすでにWebライターとして記事を書き始めている方の中にも「記事の書き方」に悩んでいる方はいるのではないでしょうか。 確かに、記事を書き始めた当初は、たとえ文章力がうまくても品質の高い記事を安定的に書くことは難しいでしょう。なぜなら、再現性のある記事の書き方を知らない方が多いからです。 そこでこの記事では、Webライターが押さえておくべき文章の書き方のフォーマットをご紹介します。 続きはこちらからご覧ください。

出典: Ferret

消費者は4回評価する。だからファンが大切。だから刹那的なインフルエンサー起用は意味が薄いというお話。

昨日公開したこちらの記事がよく読まれているので、気を良くして第二弾。もうちょっと掘り下げて、なぜファンが大事なのか、

なぜ(フォロワー数が多いだけの)ファンでもないインフルエンサー起用にあまり意味がないのかをまとめます。

出典: #マーケティング 記事まとめ

「上から目線」の理由を知ったら、それが気にならなくなったという話。

「上から目線」という言葉が使われだしてから、どれくらい経っただろう。 確か、私の子供の頃は、そんな言葉はなかった。

おそらく社会人くらいから、徐々にそんな言葉を聞く機会が増えた気がする。   それ以来「上から目線」の経営者や芸能人の発言が炎上するのをよく見かけるが、 もはや現在ではこの「上から目線」の人は、かなりの「悪者」として扱われているような気がする。

「憎まれている」と言っても良いくらいだ。

出典: Books&Apps

紙メディアは意外にも若年層に有効 3つの実証実験で明らかになったDMの効果を発表

生活者がデジタルとアナログを当たり前に行き来する今、企業のコミュニケーション施策も双方を横断して実践すべきとの考えが定着しつつある。

9月12日(木)・13日(金)に開催された「MarkeZine Day 2019 Autumn」でのセッション「Beyond Digital~『デジタル×アナログ』で有効な視点とは? 実践へのヒントを探る!」では、最新の実験結果からわかった紙のDMの機能や、世代による効果の差などが明かされた。

出典: MarkeZine

コーディーネート不要で衣替えも簡単、必要な服が季節ごとに届く定額制サービス「Robes」公開

「買い物に行ってもどんな服を買えばいいのかわからない」

「普段の着まわし、コーディーネートに悩んでしまう」

「着ない服が増えて処分するのが面倒」——。

もしこういった“洋服”に関する悩みに心当たりがあれば、今回紹介する「Robes(ローブス)」をチェックしてみるといいかもしれない。

10月16日にリリースされたこの男性向けのプロダクトは、季節ごとに毎日着る服を自宅まで届けてくれる。 毎日着る服が着まわし例と一緒にまとめて自宅に届く Robesの使い方はとても簡単だ。

出典: TechCrunch

ニトリがファッションECをスタート

ニトリのグループ会社Nプラスは10月7日、公式通販サイト「N+公式通販サイト」をオープンした。

要望が多かったインターネットでの販売に対応した。 「N+(Nプラス)」は、ニトリグループ発のファッションブランド。「私のための大人服」をコンセプトに、大人の女性が毎日着たいと思うファッションを提案している。手軽な価格設定で、簡単にカラーコーディネートできるアイテムを展開している。

出典ネットショップ担当者フォーラム

健康食品の通販市場規模、18年度は1.7%増の5134億円

TPCマーケティングリサーチ(株)が15日に発表した『2019年健康食品の通販事業戦略調査』によると、18年度(18年4月~19年3月の決算)の健康食品の通販市場規模は、前年度比1.7%増の5134億円となり、この10年間で約1.3倍の規模となった。その背景には健康志向の高まりや高齢化があるとしている。

出典通販ニュース

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング 13位、順位の変動あるも顔ぶれは変わらず

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

出典東洋経済オンライン

オンワード600店閉鎖ウラにある「アマゾン・エフェクト」の破壊力

アマゾンなどネット通販のシェア拡大によって既存のリアル店舗が致命的な打撃を受ける「アマゾン・エフェクト」がいよいよ本格化してきた。

これまではネット通販の拡大に危機感を感じるというレベルだったが、それは過去の話である。ネット通販がビジネスの標準形であるとの意識を持てない企業は、確実に淘汰されてしまうだろう。

出典現代ビジネス

日本は壊滅必至 ついに始まる「ドローン戦争」の恐怖を認識せよ

サウジアラビアで発生した、ドローンと巡航ミサイルによる石油施設攻撃事件が、欧米の軍事専門家たちの間に激震をもたらしている。

本件が示すのは、日本は有事の際に中国・韓国・北朝鮮からの「自爆ドローン攻撃」をまったく把握できないまま、数千億円のイージスアショアも、一機100億円以上のF-35戦闘機も、離島防衛の切り札である12式地対艦ミサイルも役に立たず、大破炎上する可能性が高い──戦わずして、ドローンによって壊滅しかねないということだ。

出典現代ビジネス

小島健輔が絶句「百貨店は終わった!」

百貨店の閉店ラッシュがとまらなくなってきた。

9月末には伊勢丹の府中店と相模原店が閉店し、同日に甲府の山交百貨店も閉店、8月にはヤナゲンの大垣本店や大和の高岡店、大沼の米沢店、今春には井筒屋の黒崎店や中三の青森店など地方店も相次いで閉店しており、19年中の閉店は百貨店協会加盟店舗だけでも実に9店舗に達する。加えて10月に入っては最大手百貨店アパレルのオンワードが600店の閉鎖を発表。

「百貨店」は本当に終わったのだろうか。

出典現代ビジネス

アジアで最もクールな書店「誠品」を創った男 日本人が知らない呉清友氏の壮絶な創業秘話

アメリカのTIME誌に「アジアで最も優れた書店」と称される台湾の誠品書店が、とうとうこの秋、日本上陸を…

出典東洋経済オンライン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です