【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年10月18日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

イオン、ここへきて「大復活」が始まったワケ

セブン&アイ・ホールディングスと並ぶ国内流通の2強を占めるイオン。長らくスーパー不況で苦境を強いられてきたが、じつはここへきて「大復活」の兆しが見えてきたことをご存じだろうか。イオンは10月9日に2020年2月期の中間決算を発表。この中間決算では実質ベースで増収増益を達成。そのうえ、営業利益、経常利益ともに過去最高を更新しているのだからまさに「絶好調」といえるのだ。いったいいまイオンに何が起きているのか――今週の「AI株価予報」で読み切る。

出典: 現代ビジネス

パーク24「カーシェア予約困難」解消の秘策 カーシェアとレンタカーの強みを融合した

カーシェア国内最大手のパーク24が、カーシェアとレンタカーを融合させた新サービス「タイムズカー」を10…

出典: 東洋経済オンライン

「僕、飲み会では“飲むな”って言うんです。そこで成長する人としない人がわかります」

社会人にとって欠かせないイベントといえば「飲み会」。

日ごろのストレスを、ここぞとばかりに飲みの場で発散している人も多いのではないでしょうか。

しかし、かつて日本マクドナルドで“伝説の店長”と呼ばれ、自身の講演を発信しているYouTubeチャンネルは登録者数78万人(2019/10/9現在)を誇る“炎の講演家”・鴨頭嘉人さんはこう主張します。

「飲み会でただ飲んでいるだけの人は損している」。

多様な人付き合いを経て鴨頭さんが確信した、飲み会で「成長する人」と「しない人」の違いって?

出典: 新R25

とんねるずの「音楽活動」を軽視する人の大盲点 「悪ふざけと真面目さ」両立させた奇跡の歌手

野猿、復活。その知らせに往年のファンは歓喜した。とんねるずの石橋貴明が、元「野猿」の平山晃哉、神波…

出典: 東洋経済オンライン

労働量・クオリティは給料に響かない。キンコン西野が「ジュース」と「サンマ」で解説

「なんで私はこんなに働いているのに、給料が安いんだろう」と考えるのは間違いまず僕たちが普段いただいている「給料」っていうものは何なのか?ということを定義をしなければなりません。

「給料ってなんですか?」という質問に対し、日本人の99.99%が「自分が提供した労働量に対する対価」「働いた分だけもらえるもの」と返すと思います。でもそれは間違いです。

どういうことかというと、たとえばおにぎりを握ったとして、それを「お腹いっぱいのAさん」に売るのと、「お腹ペコペコのBさん」に売るのとではまったく価値が違いますよね。Aさんにこのおにぎりを売るとしたら、多分50円くらいにしかなりません。

一方のBさんに売ったら、きっと500円くらいで買われます。提供した労働力は一緒なのに、おにぎりの値段が違う。これはどうしてなのかと言うと、提供している価値が違うからなんです。

出典: 新R25

「ほぼ日手帳」を使いはじめたら、大切なことを忘れなくなった

そろそろ来年の手帳が発売される時期ですが、ほぼ日手帳をつけると毎日を大切に過ごすことができそうです。その理由を解説します。

出典: ライフハッカー

副業で儲かる人とそうでもない人の決定的な差 雑誌『LEON』も儲かる仕組みができている

終身雇用が崩れ、年金不安も広がる日本において、新しい働き方や本業以外の稼ぎ方を見つけるにはどうした…

出典: 東洋経済オンライン

高級老人ホームに「田舎親」を入居させたら大後悔した3つの理由

核家族化が進んで家族の人数が減ったことで、どの家庭も「介護ができない事情」を抱えています。

それなのに現在の入院期間は非常に短くなっています。

これは患者が長期間入院すると病院の収入が減る仕組みになっているためです。

しかし、高齢の親が支援や介護を必要とする状態なのに「退院」を急かされると、家族は「どうしよう、誰が看るの?」という問題を突きつけられることに……。

このとき時間的猶予がなく、情報もないまま、「ええい、ままよ」とことを進めたことで大きな落とし穴がハマってしまって……という事例は後を絶ちません。大失敗したタダシさんのケースを紹介します。

出典: 現代ビジネス

堀江貴文「気まずい人間関係は切ってもいい」 「昔話をする友達」を持ちたくない理由

「昔からの友人」や「親友」という言葉には、どこかポジティブな印象があります。ですが、実業家の堀江貴…

出典: 東洋経済オンライン

本をもっと読めるように習慣を少し変えてみたらうまくいった

私は本が大好きです。

本を1冊も買わずに書店を出ることなどできません。

でも、せっかく買った本をちゃんと読まないことが多々あります。

読んでいる途中で、何か別のエンターテイメントに気がそがれてしまうのです。そこで、本をもっと読めるように、習慣を少し変えてみたところ、けっこううまくいったので、今回は私が何をしたかを紹介したいと思います。ちなみに、速読は

出典: ライフハッカー

他人で承認欲求を満たそうとする人とは縁を切れ。「絶対に関わってはいけない人」トップ3

「人生において『絶対に関わってはいけない人』がいる」

日本最大級のプログラミングスクール「TECH::EXPERT」「TECH::CAMP」を運営する株式会社divの代表、真子就有(まこ・ゆきなり)さんは、会社を経営し、たくさんの人に出会ってきた経験からそう断言します。

どんな嫌な相手とも、うまく関わらなくてはいけない場面があるように思いますが、「出会ったらすぐに逃げてください」とのこと。真子さんがこれまでの人生経験で出会った「関わってはいけない」と考えている相手トップ3をお届けします。

出典: 新R25

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です