【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年10月16日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

8月のネット通販支出額は12%増、駆け込み需要の影響か

総務省統計局が8日発表した2019年8月の「家計消費状況調査」によると、1世帯(2人以上)の8月のネットショッピング支出額は前年同月比12.9%増の1万5143円、ネットショッピング利用世帯の割合は同3.3ポイント増の42.8%となった。  ネット通販支出額は過去2番目の数値に 8月のネットショッピング支出額は、前年同月比で12.9%増の1万5143円と大きく伸びた。

出典通販ニュース

ホリエモンが斬る! 予防というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」

ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。

出典: ITmedia

短時間で高収入の「副業」がジワリ広がる仕掛け 専門知識求む企業と人が出会う土台が整った

神奈川県に住む立花彰人さん(仮名、51歳)は、ある大手企業で管理職を務めている。彼は最近、インターネ…

出典東洋経済オンライン

d払いの「ミニアプリ」が1128日に提供開始 “10%還元キャンペーンも

NTTドコモが、d払い上で加盟店のサービスが使えるようになる「d払い ミニアプリ」を提供する。まずはJapan Taxiのミニアプリを11月28日から利用できる。12月10日からは吉野家やローソンのミニアプリも提供される。

出典: ITmedia

ビックカメラは増収減益、純利益18%減駆け込み需要は想定下回る

ビックカメラが10日発表した2019年8月期(18年9月~19年8月)決算は、売上高が前年同期比5.9%増の8940億2100万円、営業利益が同15.2%減の229億4300万円、純利益が同18%減の140臆4700万円となった。

ネット通販を強化、テレビ・洗濯機が好調 引き続き、物流拠点の在庫管理精度の向上、コスト抑制などの物流改革に取り組んだほか、インターネット通販システムの刷新を踏まえ、 オムニチャネルを含むインターネット通販事業の強化に取り組んでいる。  売上面では、テレビや洗濯機などが好調で、冷蔵庫、エアコン、スマートフォンやパソコンなども堅調。デジタルカメラやゲームなどが低調だったが、総じて堅調に推移した。

出典通販ニュース

家電・家具の配送サービス「デカ宅」開始、フリマアプリにも対応

運送業界の新しいインフラをめざすハコブ(株)は10日、新しい家具・家電の宅配サービスの提供を開始した。

梱包から設置までのすべてを含む配送トータルサポートで、通称『デカ宅』。対応エリアは当面、首都圏の1都3県で順次、拡大予定という。家具・課題の運賃上昇に対応 「ハコブ」は2012年から軽貨物運送、引越事業を展開している。

業務の中から、ECサイトやフリマアプリの普及による中古家財の単品輸送需要の高まりをはじめ、家具・家電に特化した配送サービスの供給が足りず、運賃が割高になっていることを感じていたという。『デカ宅』の利用シーンは広い。

出典通販ニュース

日本を超えるIT大国「ブラジル」の可能性ユニコーンが続出する4つの理由

ブラジルは、ユニコーンと呼ばれる時価総額10億ドルを超えるスタートアップが、この数年で10社も生まれているIT大国であることをご存知でしょうか。日本では取り上げられることがほとんどない、ブラジルのスタートアップシーンについて、現地の生の情報をお届けします。

出典: CNET Japan

コトラーアワードジャパン2019、最優秀賞は大塚製薬「ポカリスエット」のリブランドプロジェクト

高校生へのアプローチに成功、リブランド計画が受賞 マーケティングの神様と評されるフィリップ・コトラー氏が10カ国で開催する「コトラーアワード」。その日本開催となる「コトラーアワードジャパン2019」の贈賞式が10月10日、東京・神田明神ホールで開催され、最優秀賞に当たるコトラーアワードに大塚製薬「ポカリスエット」のリブランドプロジェクトが選ばれた。

同賞は「経営にマーケティングの力を」というコンセプトのもと、デジタル時代において企業のエンジンとなるべきマーケティングを展開し、コトラー氏が提唱する「マーケティング4.0」を実現している企業やサービス、人にスポットを当てる。今回は、大塚製薬「ポカリスエット」が商品のポジショニングを健康に寄与する日常的なドリンクへと変更に成功したこと。さらに、ターゲットである高校生に対して、親和性の高いクリエイティブをつくり、マス・PR・デジタルなどを効果的に組み合わせてリーチを獲得したことが評価された。…

出典: Agenda note

「無力な人間」でも他人を変えられる唯一の方法 「サードドア」著者、学生たちとガチンコ対話

多数の起業家を輩出するスタートアップコンテストTOKYO STARTUP GATEWAYが主催する「TSGビジネススクール2…

出典東洋経済オンライン

ペイペイ、大規模キャンペーンでも「人気いまいち」な意外すぎる理由

実はソフトバンクグループのスマホ決済サービスのペイペイ(PayPay)ではこの8月、ランチタイムのコンビニ、一部の飲食店、一部のスーパーで10%ポイント還元のキャンペーンを行っていました。

私はこのキャンペーンを利用することでプレミアムモルツは実質で1缶147円(税込み158円)と大幅に安くあげることができました。しかし同時に、今回のペイペイ(PayPay)のキャンペーンに参加してみて「それにしてはみんなが経済合理的に買い物するわけではないシーンが多いのはなぜだろうか?」と疑問がわきました。今回の記事はお買い物自慢ではなく、経済合理性の謎の話です。

出典現代ビジネス

テレビショッピング研究所 人気ブラ「ジニエブラ」の拡販を強化、女優の佐藤氏起用しPR

テレビショッピング研究所は展開する売れ筋のブラジャー「ジニエブラ」の拡販を強化する。

今春からバストアップ効果などを高めた「ジニエシークレットブラ」を発売し、売れ行きも堅調なことに加え、10月からジニエブラのイメージモデルに起用した女優の佐藤仁美さんを前面に打ち出したプロモーションを積極化して拡販を進める。これにより、シリーズトータルで前年の30億円を上回る売上規模を今期は目指したい考えだ。

出典通販新聞社

ディノス・セシール出資企画の第3弾!ファッションAIベンチャー支援

2014年設立のニューロープは、独自に蓄積してきた豊富なデータをもとに、高度な画像解析技術を誇るファッションAIを17年に開発。

ファッション画像検索やスタイリング提案、トレンド分析、需要予測といったサービスを提供しているスタートアップ企業だ。  ファッションのチャネルとしてのECが拡大する中、ファッションに特化したAIをリリースしたことで、すでに多くのアパレル関連企業での実績を持ち、今後も市場に対してAIによる新たなインフラをもたらすことが期待されている。

ディノス・セシールも、カタログ通販やテレビ通販事業などを通じて築いてきた資産を、現代にアップデートさせるための、独自のデジタルトランスフォーメーションの形を模索。顧客価値を中心に据えたデジタライズを進める上で、ニューロープのような先端スタートアップとの協業の必要性を感じていた。

出典通販ニュース

良心を鍛えれば判断力が研ぎ澄まされる。自分自身を高めつづける「刃を研ぐ」習慣

第7の習慣は個人のPC(成果を生み出す能力)である。

あなたの最大の資産、つまりあなた自身の価値を維持し高めていくための習慣である。あなたという人間をつくっている四つの側面(肉体、精神、知性、社会・情緒)の刃を研ぎ、再新再生させるための習慣である。表現の仕方は違っていても、人生を巡る哲学のほとんどは、何らかのかたちでこれら四つの側面を取り上げている。

出典R25

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です