【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年10月11日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

「私は客観的だ」と主張する人は、他者とシナジーを起こすことはできない

もし、歴史上の偉人や賢人、成功者たちの行動や考え方の共通点があるとしたら…知りたいと思いませんか?米国のスティーブン・R・コヴィー博士がアメリカ建国以来、成功者に関する200年分の文献を緻密に調査・分析し、体系的にその考え方をまとめたという『7つの習慣』。

同書の「第1の習慣」~「第7の習慣」それぞれの習慣ごとに、一部を抜粋。さらに、7人のビジネス賢者が『7つの習慣』を読んで残したメモ書きを記した『賢者のハイライト』の一部も特別掲載しています。第6の習慣は「シナジーを創り出す」。そして、この習慣にコメントを残していただいた賢者は、マンガ『ドラゴン桜』で龍山高校を見事復活させた桜木建二先生です。

自分の強みをできない人を「努力していない」と思ってしまう。自分にとっての「当たり前」が「当たり前じゃない」という可能性があることを知ることだ。違いを尊重する違いを尊重することがシナジーの本質である。人間は一人ひとり、知的、感情的、心理的にも違っている。

出典R25

年間43億個を超えた2018年度の宅配便取扱個数【国交省が発表】

国土交通省は10月1日、2018年度の宅配便取扱個数が43億701万個だったと発表した。

配送方法の内訳は、トラックが42億6061万個(全体の98.9%)、航空便などを利用した運送が4640万個(全体の1.1%)だった。

宅配便取扱個数の推移 2018年度の宅配便取扱個数を前年度と比較すると、取扱個数は5568万個増え、増加率は約1.3%増。 宅配便の取扱個数の推移の内訳 2018年度におけるトラック運送の宅配便取扱個数を宅配便事業者ごとに見ると、ヤマト運輸は前年度比1.8%減の18億353万個、佐川急便は同1.2%減の12億4663万個、日本郵便は同7.6%増の9億4221万個だった。 宅配便(トラック)取扱個数 …

出典ネットショップ担当者フォーラム

20199月にAmazonで売れたマーケ本は? 1位は『「ついやってしまう」体験のつくりかた』

2019年9月の1ヵ月間に、Amazonで売れたマーケティング関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。

1位は『「ついやってしまう」体験のつくりかた』

2位が『僕らはSNSでモノを買う』

3位が『0秒で動け』となった。

出典: MarkeZine

なぜいまビジネスの世界で「哲学」が求められるのか

ビジネスを取り巻く環境は急速な変化を遂げており、数年先の未来さえも予測不可能です。近年広告などビジネスにおいて、プロセス変革への期待が高まっていて、物事の根本的かつ普遍的な価値を問う哲学的アプローチが注目されています。

出典現代ビジネス

あの有名企業も?2019年に開設した注目のオウンドメディア12

オウンドメディアを認知拡大や販売促進、社会貢献などに活用する企業が増えてきました。そして2019年も新たなオウンドメディアが誕生しています。

今回は開設したばかりの注目のオウンドメディアを「お役立ち情報の発信」「企業や人々の紹介」「特定テーマを深掘り」という3つのジャンルごとにまとめました。 これからオウンドメディアの制作を検討している人はもちろん、すでにオウンドメディアを運営している人もぜひ参考にしてみてください。 続きはこちらからご覧ください。

出典: Ferret

驚きの価格を実現した「OPPO Reno A」 余裕のスマホで日本市場を攻める

オッポジャパンが、新たなSIMロックフリースマートフォン「Reno A」を発表した。特筆すべきは、防水、FeliCa、Snapdragon 710、6GBメモリといったスペックながら、3万5800円(税別)という価格を実現したこと。指原莉乃さんを起用したテレビCMもスタートする。

出典: ITmedia

全自動で衣類をたたむタンス「INDONE」改良版、登場 Tシャツ以外も対応、3つ折りも可能に

衣類を自動で折りたたんで収納する「INDONE」のプロトタイプを、ロボットベンチャーのASTINAがCEATEC 2019に出展する。

昨年展示した試作品を改良したという。

出典: ITmedia

吉祥寺の新しい本屋500万円のクラウドファンディングを達成するまで

2019年7月、吉祥寺にある4階建のビルに”みんなで本を持ち寄り、みんなで運営する”古本屋「ブックマンション」がオープンしました。

地下に降りるとまず目に飛び込んでくるのは両壁を覆い尽くす巨大な本棚。小さく区切られたスペースにさまざまなジャンルの本が並びます。これらは全て貸し本棚。ユーザーが売りたい本を陳列して販売する、新しいコンセプトの本屋です。続きをみる

出典: note.mu #スタートアップ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です