【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年10月2日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

耳は、目よりも感情を汲みとる。活気を帯びる「音声メディア」の魅力と可能性|塚越健司×武田俊

音声メディアが存在感を高める昨今。音声メディアは我々に何をもたらしてくれるのか、今後どのような可能性があるのか。編集者の武田俊氏と情報社会学の研究者の塚越健司氏にうかがった。

出典ライフハッカー

ラミレス監督「ファンに嫌われても有能」な証拠 4番バッターを2番に起用」など奇策目立つが

2019年、セントラル・リーグのペナントレースは、読売ジャイアンツが優勝を決めた。4年ぶりにチームを指…

出典東洋経済オンライン

Forever21」が日本市場から撤退10月末でECサイト・実店舗を閉店 ネットで別れを惜しむ声

「Forever21」運営元が、国内の全14店舗を10月31日に閉鎖すると発表した。ECサイトも同日までに閉鎖し、日本市場から完全に撤退する。ネットでは「寂しい」「好きだったのに」といった感想が飛び交い、9月25日午後には「Forever21」「フォーエバー21」がTwitterのトレンドに入った。

出典: ITmedia

日テレ「続きはHuluで」に大失望する視聴者心理 高視聴率、ビジネス成立でもブランドにリスク

9月21日に放送された「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)の最終話は、スリリングなシーンの連続で…

出典東洋経済オンライン

「1分」を売り「1分」をシェアする時代!名もない時間をお金にする「分刻みビジネス」

経済バラエティ『がっちりマンデー!!』をもっと深く楽しめる、『がっちりスクール!!』。

お金やビジネスについて、一緒に学んでいきましょう!

今週は、「もうすぐがっちりマンデー!!」シリーズ第2弾。

番組の制作チームがアイデアを出し合う企画会議で話題に上がり調査を進めていたものの、残念ながら30分番組の時間内に収まらなかった話がけっこうあるんです! そんな、『がっちりマンデー!!』制作チームがリサーチした膨大な資料のなかから、惜しくも本編から漏れてしまった、でもどうしても紹介したい会社やもの・ことを楽しく紹介していきます!続きをみる

出典がっちりマンデー!! note

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング 1991年に文庫化された「失敗の本質」が躍進

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

出典東洋経済オンライン

「頑張っても給料は増えない」という思考は社畜になる。目に見えない資産を増やせ

「お金だけではなく、“目に見えない資産”に投資しよう」ファンドマネジャーとして約30年のキャリアを持ち、投資信託「ひふみ投信」を運用する藤野英人さんの著書『投資家みたいに生きろ』からの引用です。

資産を増やそうと「投資」に興味が湧いている人も多いかもしれません。しかし、目に見えるものばかりに投資をしては、行き着く先は空虚な人生になる、というのが藤野さんが同書で伝えたいことなんだとか。ビジネスパーソンが投資したい“目に見えない資産”とは、一体なんでしょうか?

投資家みたいに生きろhttps://www.amazon.co.jp/dp/B07WBYGZ6F/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=9f578cda7806993d335adab01b84cc8a&language=ja_JP

出典R25

ウォークマンやiMacはどう生まれた? 歴史的意思決定の多くは「直感的」だった

世の中に流通しているビジネス本は数知れず。日々たくさんの本を読んでなんとなく学びになっている気もするけど、せっかくだから確実に僕らの資産になる「珠玉の1冊」が知りたい。

そこで新R25では、ビジネスの最前線で活躍する先輩たちに「20代がいいキャリアを積むために読むべき本」をピックアップしてもらいました。それがこの連載「20代の課題図書」。第3回の推薦者はTheBreakthrough Company GO代表取締役の三浦崇宏さん!選んだのは、山口周さんの著書『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか ~経営における「アート」と「サイエンス」~』です。著者の山口さんは、「分析」「論理」「理性」を重視する現代の企業およびビジネスマンは、これからの時代を舵取りすることはできないと強く主張しています。三陽商会と新しいパーソナルオーダースーツブランド「STORY…

出典R25

頭の回転が速い人とそうでない人の圧倒的な差 アウトプット能力まで高める記憶力UP法とは

記憶力日本選手権大会に6度出場し、すべて優勝している『見るだけで勝手に記憶力がよくなるドリル』の著…

出典東洋経済オンライン

日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ」どんな駅になる? 臨海部への玄関口、五輪開催前に開業予定

1964年、前回の東京オリンピック開催の年に全線開業した東京メトロ日比谷線。2回目のオリンピックイヤー…

出典東洋経済オンライン

Origami Pay、10月1日から3%還元キャンペーン開始

(株)Origamiは10月1日、金融機関口座と連携したスマートフォン決済サービス「Origami Pay」を利用して決済をすると、3%還元する「いつでもその場で3%OFF」キャンペーンを開始する。

出典通販ニュース

マネックス、株主優待で500円相当のビットコイン配布 コインチェックの口座開設が条件

マネックスグループが、2019年度中間期の株主優待として、株主に500円相当のビットコインを付与すると発表。

ビットコインを受け取れるのは、子会社コインチェックの仮想通貨取引所「Coincheck」に口座を開設した株主のみ。振り込む時期は20年4月上旬を予定する。

出典: ITmedia

Yahoo!、ロゴデザインを変更

Verizon傘下の米Yahoo!が、6年ぶりに企業ロゴのデザインを変更した。

Yahoo Mailアプリもアップデートしており、今後一連の新製品と機能を展開していくとしている。

出典: ITmedia

@dubhunter 梅本 周作 / ajike

新しいサービスをβ版で公開しました。イベントなどの予定を簡単につくれて告知ができるサービスです。(もちろん無料)

https://actors.page/index2  自分の登壇予定などまとめて告知するのに便利かなーと思います。 ぜひ使ってご意見くださいー

出典: @ryodan23

要約サイト「フライヤー」が出版業界にもたらした本の新たな入り口

本の要約サイト「flier(フライヤー)」は、代表取締役の大賀康史氏が立ち上げたスタートアップだ。

「元々は理系出身。ビジネス書も学生時代はほとんど読んだことなく、本当の意味での読書家とは違う」と自ら表する大賀氏に、フライヤーを立ち上げたきっかけから、ステークホルダーとの良好な関係の築き方までを聞いた。

出典: CNET Japan

だらだら仕事して時間を無駄にしてない? ちょっとした意識で仕事効率は上げられる

会議や電話がだらだら長引いて、ほかの仕事に支障が出ることはありませんか?

ちょっとした意識で効率よく仕事をさくさく進めるコツを紹介します。

出典ライフハッカー

「人生は、何も起きないRPGだ」ハライチ岩井の平凡な人生を面白くするマインド

「自分の人生って、平凡だよな…」。

いきなりため息まじりのスタートですみません。でも、そんなふうに思ったことがある人、筆者だけじゃないと思います。テレビやSNSを見ていると、みんなそれぞれいろんな事件が起きていて、山あり谷ありのドラマチックな人生を送っているのに、いつまでたってもとくに何が起こるでもない平坦な我が人生…。そんなことを考えているのは、お笑い芸人・ハライチ岩井さんも同じらしい。お笑い芸人がバラエティ番組でユニークなエピソードを話すのを眺めながら、「俺の人生では何も起きてないな」と思っていたのだそう。しかし、じつは岩井さん、「そんな“何も起きない平凡な人生”こそ面白く、幸せなものだ」という持論をもとに、エッセイ集『僕の人生には事件が起きない』を執筆したんです。いったいどうしたらそんなふうに思えるようになるのか、直接聞いてみました。

出典R25

マンション広告で「家」という言葉は使わない。相手の心を動かす3つの説明テクニック

ミーティングや営業、企画プレゼンなど、仕事のありとあらゆる場面で必要とされる説明力。しかし、説明力そのものを鍛える機会は少ないし、具体的に何をすればいいのかわかる人も少ないのでは?だったら、説明のプロにその鍛え方を聞いてみましょう。明治大学文学部教授の齋藤孝さんによる『頭のよさとは「説明力」だ』のなかには、最低限の意識で説明力を底上げする手段が載っています。本当にわかりやすい説明を体得し、相手に「頭がいい」と思わせる方法を、同書から学んでいきましょう!

頭のよさとは「説明力」だ

https://www.amazon.co.jp/dp/4908170215/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=8f1a711d349e0adb5ceeb081ac3d7629&language=ja_JP

テクニック①「ファストとスローの相乗効果」

テクニック②「比較を使った説明」

テクニック③「問いかけを説明の推進力にする」

出典R25

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です