【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年9月19日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

メルカリ、「終活・生前整理」出品が2・5倍!シニア層の実態調査

(株)メルカリは10日、サービスを利用している60代以上のユーザーの実態把握に向け、嗜好や生活スタイルに関する調査の結果をまとめ、公表した。8月下旬の3日間、インターネットを通じて計4242人(男性1310人、女性2932人)に聞いた。 メルカリでは、「終活・生前整理」というキーワードでの出品数が、2018年と17年の年間比較集計で約2.5倍に増えていた。同時に、19年6月時点のまとめでは50歳以上の利用者数が前年同月比で6割増となっていた。調査はこんなこともきっかけとなったという。 メルカリのユーザー分析は責任感があり真面目で誠実、実年齢は実施よりも若く新しもの好きの傾向 メルカリが調査対象者の代表的な姿としたのは、「責任感」「真面目」「誠実」。一方で「面倒くさがり」という一面も。「自分にあてはまる言葉は」という質問への回答だが、面倒くさがりを除くと、個人間で金銭とモノの取り引きが発生するメルカリでは重要な要素ばかり。メルカリの分析は「持ち前の責任感で取引相手と誠実な取引を心がけているようです」。 「自覚年齢は実年齢より平均9歳若く、チャレンジ精神旺盛な新しいもの好き」という気持ちの若さも顕著な傾向だ。「年齢のギャップ」の質問で、男女ともに「10歳以上若い」と答えた人は男性71.2%、女性66.9%。平均では男性がマイナス9.3歳、女性は同8.9歳だった。また「新しい挑戦が好き」と回答した人は男性90.0%、女性89.1%に上った。 生活資本金や健康面が「不安あり」の人も50%以上 男女ともに約80%が「生活に充実感」を持ち、同約70%が「自分に自信がある」と回答。男性のは「仕事を含む過去の経験」と「社交性」が自信の裏付け。女性のは「見た目の若さ」と「若さを保つ努力」に対しての自信。男女ともに「ネットやITを使いこなしているから」といった回答もあった。 一方で、これからの生活資金の確保、自身や家族の健康面を挙げた「不安あり」も男性52.3%、女性55.6%に達していた。 最後に「メルカリ」への質問も。楽しいと感じるのは「売れた時」「お得な買い物ができた時」。表現は異なるが、続いて多かったのが「取引相手とのつながりを感じる時」。60代以上の利用者ならではで、メルカリは「商品の説明を求められる場合でも、コメントのやりとりを楽しんでいることが分かる。2019年3月に実施した調査でも、フリマアプリ利用者の約30%がサービス利用によって、社会とのつながりを感じていることがわかっている」とコメントしている。

出典通販ニュース

自分の署名入りのすごい「プロジェクト」だけが、ブランド人として生きる唯一の財産だ

世の中に流通しているビジネス本は数知れず。日々たくさんの本を読んでなんとなく学びになっている気もするけど、せっかくだから確実に僕らの資産になる「珠玉の1冊」が知りたい。そこで新R25では、ビジネスの最前線で活躍する先輩たちに「20代がいいキャリアを積むために読むべき本」をピックアップしてもらいました。それがこの連載「20代の課題図書」。第1回の推薦者は株式会社ZOZO コミュニケーションデザイン室長の田端信太郎さん!選んだのは、自身の書籍『ブランド人になれ!』と同名タイトルの『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦1:ブランド人になれ!』。アメリカの経営コンサルタントであるトム・ピーターズさんが執筆し、日本では2000年に出版された同書に対し、田端さんは「俺の人生を変えた一冊」とコメントしています。まだSNSも存在していない時代に「自分の看板を持て」と予言の書のように主張していた同書から、3記事を連日公開。田端さんの人生に影響を与えた思想を学びましょう!ブランド人になれ!https://www.amazon.co.jp/dp/B073RGXC8L/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=r2506-22&linkId=de255378eeb13d465a9f98a4f0b94804&language=ja_JPあなたの仕事は、くだらない仕事か仕事という言葉の使い方には注意したい。「それは私の仕事じゃありません」「この仕事を火曜日までにやっつけなくちゃ」あなたはそんなに仕事をするのがイヤなのか。自分の名前をブランドにするというのは、やれと言われた仕事を嫌々やることではない。顔が見えるお客さんのために、まちがいなく付加価値がある商品を創造することだ。商品やプロジェクトを自慢のタネにすることだ。お客さんを、共謀者にし、熱狂的なファンにし、宣伝マンにし、生涯の友にすることだ。私は「仕事師」である(1966年以来ずっと)。私は良い父親か悪い父親か、自分ではよくわからない(そんなこと、誰がわかるか!)。だが、仕事師として、これだけは断言できる。私のプロジェクト、それが私である。私は海軍にいたときから、「職務規程」なるものが反吐が出るほど嫌いだった。私は、自分が何をすべきかは自分で決める。33年前(海軍設営部隊の将校としてベトナムにいた23歳のとき)も、いまも、私が自分に言い聞かせていることに変わりはない。「毎日、かならずひとつすごいことをやれ」「それができない日はすごいことができるよう死力を尽くせ」私はそれほど信仰のあつい人間ではないが、社会が必要とする人間でありたい、世の中の役に立ちたいと、いつも願っている。私が生きている証、それはプロジェクトしかない。していることを見れば、その人がわかる自分とはいったい何者か?私の答えはいたって簡単だ。予定表を見れば、その人がわかる!ひと昔まえ、みんな品質管理で大騒ぎした。「品質問題」に取りかかる成功の秘訣は何だったか。デミング・セミナーに行くこと?…

出典R25

人生で大事なのは「ジジ殺し」のスキルである 「サードドア」で奇跡のルートが開かれる

発売たちまち11万部突破のベストセラーとなっているアレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふ…

出典東洋経済オンライン

実は、やらない理由は「失敗が怖い」「やり方がわからない」ではなく「面倒くさい」ではないですか?

ちょっと前のこと。 妻が、ホームベーカリーを前にして、ウンウン言っていた。
「どうしたの?」と聞くと、「今までとは違う小麦粉を買った。」という。
「なんで焼かないの?」と尋ねると、どうやら今までの小麦粉と膨らみ方が違うと本で読んだので、躊躇しているという。

悩んでても結果がわかるものではないので、

「とりあえず、今までと同じやり方で焼いてみりゃいいじゃん。それ見て調節したら?」というと、 「うーん、でも……。」 と腰が重い。
たとえパン焼きであっても、新しい試みは、考えなければならないことが飛躍的に増える。 「まあ、面倒だよな……。」と思ったが、急かすことはないと思い、「がんばれ」と言ってその場を立ち去った。

出典: Books&Apps

仕事を辞めて初めてわかった ── 3回の転職で得た6つの教訓

上司が横領事件で逮捕され、すべてが崩壊した。

私の部署はすぐに閉鎖され、私は失業した。

出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

CASH」運営のバンクが解散 「成長に時間かかる」、サービスは他社に売却

中古品即時買い取りアプリ「CASH」などを運営するバンクが、解散すると発表。

事業の成長に時間がかかると判断した。サービスは他社に売却するなどして継続するという。

出典: ITmedia

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です