【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年9月2日号

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

NHKが〈TVer〉進出で陥る、受信料の「どうしようもない矛盾」

8月26日、NHKがTVerで一部の番組の配信をスタートした。大した話ではないが、8月2日、なぜかこれを共同通信が正式発表前にスクープ調で報じた。それは「なに?NHKはTVerでも受信料を取るのか?」「NHKの料金徴収に民放が加担するのか?」と身構える人がいたからだ。

出典現代ビジネス

子どもの読解力を伸ばすには、デジタルより紙の本の方が適しているの?

子どもが特定の題材のものを大量に読まなければならない場合は、紙の本が一番だ。その理由を解説します。

出典ライフハッカー

[セミナー参加メモ]Tableauデータサイエンス勉強会 第3回

今回はわりかし個人的なメモに偏っています。もっと深堀したデータサイエンス的な話があると思ってました・・・(゜-゜)が、とても参考になりました。あと、今すぐpython勉強しようと思った。(育成系)続きをみる

出典: note.mu #Tableau

何者でもない人が「サードドア」を探す方法を考えてみた

サードドアという本が売れまくっているようです。僕は、昔、2ch創始者のひろゆきさんがYouTubeで紹介しているのを聞いて知っていましたが、翻訳待ちでした。サードドア―精神的資産のふやし方amzn.to Amazon.co.jpで購入する 続きをみる

出典けんすう

8/29出版『僕らはSNSでモノを買う』の、9章「SNS時代の購買はULSSASになる」をBooksAppsで事前公開します。

はじめまして。 8/29に『僕らはSNSでモノを買う』を出版します、飯髙悠太です。   SNSが登場し、今では8000万人の方が利用しています。 今世の中に上がっているSNSの企業活用事例といえば、「キャンペーンを実施しフォロワーが○万人増えた・エンゲージメント率が○%向上した」など、売上に直結しているものではなく、SNS内においての数字ばかり。 私はこの状況に不安と疑問を感じています。   みなさまも感じてるように今の消費購買において、SNSは大きく寄与しています。 企業は売上がないと潰れてしまいます。なのにSNS活用のKPIがフォロワーでいいのでしょうか? 本著ではSNS活用でしっかり売上をあげていこう。そしてSNSの考えかたなどをお伝えしたいと思っています。   今回は、9章「SNS時代の購買はULSSASになる」の全文を公開します。…

出典: Books&Apps

自信をアウトソースできた団塊世代と、それが出来ない氷河期世代

十年ほど前、仕事を引退した何名かの団塊世代男性に「過去のあなたの経験を教えてください」とお願いしてみたことがある。 こうしたお願いに対し、たいてい彼らは苦労話を交えながら“武勇伝”や“成功体験”を語ってくれた。   ドラマチックで臨場感溢れる昔話を語る時の彼らの表情は、誇りにみちていた。 個人の経験談を語る時だけではなく、“昭和”“高度成長”といった時代を回想する時も、やはり自信が溢れていた。   ところが、ついさっきまで自信に満ち溢れていた団塊世代男性が、一転、自信のない姿をみせて驚くこともあった。   たとえば海外旅行の際、日本人と一緒にいる時には自信に溢れた態度をとり、奥さんや添乗員には居丈高だった男性が、自由時間になったとたん萎縮し、奥さんに頼ってしまうケースなどだ。…

出典: Books&Apps

日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で「断トツの最下位」 国際調査で判明

日本人の出世意欲、アジア太平洋地域で断トツの最下位に。パーソル総研の国際調査で判明した。日本のビジネスパーソンの国際競争力に不安も。

出典: ITmedia

ベイスターズとKDDI5G活用「スマートスタジアム」で協力 「好きな視点でリプレイ視聴」実現へ

横浜DeNAベイスターズとKDDIは、5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を結んだ。5GとXR、自由視点を組み合わせた映像技術を活用し、ファンが好きな視点でリプレイ視聴できる新たな野球観戦を、2020年春以降に提供することを目指す。

出典: ITmedia

サブスクの継続性が生み出すコミュニティこそが価値 全国住み放題「ADDress」の世界観と成長戦略

オイシックス・ラ・大地の西井敏恭氏が、サブスクリプションを採用する様々な企業のキーパーソンと対談する「サブスクリプションモデル大解剖」。今回は、月額4万円で全国の契約物件に住み放題のサブスクリプションサービス「ADDress(アドレス)」を紹介する。代表を務める佐別当隆志氏が、ユニークなビジネスモデルと届けたい体験、サービスの成長戦略について明かした。

出典: MarkeZine

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング 「サードドア:精神的資産のふやし方」が1位に

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

出典東洋経済オンライン

18年度通販売上高、8.3%増の8兆1800億円20年連続で増加

(公社)日本通信販売協会(JADMA)がこのほど発表した2018年度の通信販売市場売上高(推計値)によると、2018年度の通販の売上高は前年比8.3%増の8兆1800億円となった。  通販市場は20年連続で売上増 同調査は同協会の会員455社と、非会員337社の売上を加えたもので、対象企業は衣料品・雑貨・化粧品・健康食品など物販の通販会社が中心となる。  18年の通販市場売上は8兆1800億円で、金額ベースでは前年比で6300億円の増加で、1988年度以降、20年連続での増加となる。10年前に比べて2倍の規模で成長している。  直近10年の平均成長率は7.1%で、18年はここ10年の平均成長率を上回ったが、前年の成長率(8.8%増)を下回った。  通販市場拡大の理由としては、BtoB通販やECモールが堅調であること、商材ではアパレルや家電が伸長し、テレビ通販企業が好調であることを挙げている。

出典通販ニュース

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です