【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年8月26日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

西野亮廣「働き方改革を鈍らせている元凶は、がサラリーマンの働き方しか知らないこと」

発想力豊かなアイデアマンに未解決の難題を吹っ掛ける企画、「アイデアマンはこの難題をどう解く!?」。今回のテーマは…「働き方改革」です。国が主導で準備を進めてきた「働き方改革」。取り組む企業も増え、ここ数年、労働環境や働き方のスタイルが少しずつ変わってきた気もします。しかし! まだまだホワイト企業を名乗るための「名ばかり改革」になってる企業も少なくないようで、「残業禁止」と言いつつ家で仕事をさせたり、「同意のない転勤はない」と言いつつ圧力をかけて「同意」させたりしている企業もあるのだとか。そこで今回は、アイデアマン・キングコング西野さんだったらどんな「働き方改革」をするのか、丸投げしてみることに。「西野さん×働き方改革」…。

出典R25

この2つさえあれば誰でもいい。“20年後が見えるジャニ―喜多川の「人の見抜き方」

数多くの男性アイドルグループを生み出すジャニーズ事務所。創業者のジャニ―喜多川さんがプロデュースしたタレントたちは、アイドルとしてはもちろん、映画やドラマなどで輝きを放ち、日本のエンタメを牽引する存在となっています。ジャニーズに魅せられた「元祖ジャニヲタ男子」の霜田明寛さんは、著書『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)のなかで、ジャニーズ事務所について以下のように語っています。「ジャニー喜多川とジャニーズJr.たちの関係を見ていくと、育成者としてのジャニー喜多川の偉大さと、彼が作った人を成長させる仕組みの強さが見えてきます」霜田さんが分析する、日本を代表するアイドルを生み出してきたジャニ―喜多川さんの採用力や育成力とは? 同書のなから、この2つを抜粋してお届けします。

出典R25

日ハム球場移転、JR北は「新駅」をなぜ渋るのか 集客には不可欠だが、輸送能力は「もう限界」

「当社は20年以上運賃改定を実施してこなかった。グループ全社挙げての努力を前提に、利用者の一部負担を…

出典東洋経済オンライン

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング ミュージシャン・実業家「GACKT」の本が1位!

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

出典東洋経済オンライン

 

スポンサーリンク