【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年8月24日号

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

ジャニーズという「努力の天才たち」から学んだ仕事哲学

日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。今回は前編――。

出典: ITmedia

サラリーマンが資本家/起業家マインドを身につけるには? 明日からできることを教えてもらった

2019年7月、一橋大学の一橋講堂にて、NewsPicks主催のイベント「三戸政和×光本勇介『資本家/起業家マインドセット』」が開催されました。登壇者は株式会社日本創生投資 代表取締役社長 三戸政和さんと、株式会社バンク代表取締役 光本勇介さん。モデレーターは(当日ダブルブッキングで来れなくなってしまった箕輪厚介さんの代わりに)新R25編集長の渡辺が担当。「資本家/起業家マインドを身につける方法」を探った本イベントで、ふたりが「サラリーマンでも絶対にできる」と口を揃えて断言した理由とは?「資本家マインド」「起業家マインド」とは何か?資本家マインド=究極の効率化思考――まず三戸さんにお聞きしたいのですが、「資本家マインドセットを持った人」とはどういう人なんでしょうか?三戸さん:「究極的に効率化できる人」だと思いますね。会場にいるみなさんは、サラリーマンの方が多いかと思います。自分の体と時間を使って働いて、給料をもらう。だけど、たとえば上場企業の株を持っていると、自分が動かなくても配当やキャピタルゲインが入ってくるじゃないですか。また、会社のオーナーになると、その会社で働いている人たちがうまく事業をまわしてくれればお金が入ってきます。そうすると、自分のリソースを使うことなく、自分のやりたいことが好きなだけできます。資本家は「自分の人生の時間を最も効率的に使うことができる」というのが基本的な考え方です。【三戸政和(みと・まさかず)】株式会社日本創生投資代表取締役CEO。兵庫県出身。同志社大学を卒業後、2005年にソフトバンク・インベストメント(現…

出典: 新R25

「メルカリとヤフオク」利用目的の決定的な違い 不用品を売るのは同じでも似て非なるもの

日本人の2人に1人以上が利用するほど人気。2013年に設立されたメルカリが運営するのが、”フリマアプリ”の…

出典: 東洋経済オンライン

2019年9月号 <事例研究>

メットライフ生命保険NPSを起点とした「現場発」の改善“顧客視点”の全社浸透を促す金融庁の通達により「受託者責任」──即ち、CSRの徹底遂行が強く求められている。生命保険各社も例外ではなく、メットライフ生命保険も“お客様本位の業務運営”の強化に注力している。そのために実践するのが、現場発の改善活動を促す“人への投資”と、顧客の声を徹底的に活用する“NPS調査”の2つの施策だ。 少子高…

出典: コールセンタージャパン

サブスクの価値

Adobe、Salesforce、NETFLIX、Amazon Prime・・・サブスクリプション(サブスク)モデルを導入すると安定的な収益が得られる、結果として企業価値が上がる、もはやサブスクモデルにしないと生き残れない。続きをみる

出典: note.mu #スタートアップ

JCBも20%還元開始!アップルペイ・グーグルペイ利用で

(株)ジェーシービー(JCB)は16日、キャッシュレスの推進を目的に「Apple Pay」「Google Pay」の利用で20%を還元する「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」を始めた。JCBは経済産業省が主体となって実施する補助金制度「キャッシュレス・消費者還元制度」へ参画。スマートフォンでの決済利用者が増えつつある中、さらなる利用促進を推し進めるのが狙いだ。   Apple Pay・ Google Pay利用で20%還元 「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」の期間は12月15日まで。Apple Pay、Google Payに、JCBグループ発行の個人カード、ビジネスカード(JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカード)を設定し、キャンペーン参加を登録。店舗でApple Pay、Google Payを専用端末にかざすことで、もれなくキャッシュバックが受けられる。サインやアプリの起動、事前チャージは不要。なお、期間中の上限は10000円で、すでにApple Pay、Google Payに設定済みの利用者も対象となる。  対象は全国92万か所 キャンペーンは、より多くの方に利用してもらうため、日本全国のQUICPay・QUICPay+(クイックペイプラス)TM加盟店での利用を対象とし、また家族カードを保有する場合、条件を満たせば本会員と同様に20%のキャッシュバックを受けることができる。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアとともに、タクシーやレジャー施設など、全国92万か所以上で利用できるという。以上で利用可能!で利用可能! 中小・小規模事業者などにおける消費喚起の後押しと、キャッシュレス化の推進を狙いとした「キャッシュレス・消費者還元制度」は、消費税率が上がる10月1日から2020年6月30日まで。期間中は加盟店手数料や端末導入費用に国が補助し、集客力アップのために利用者にも5%還元のメリットがある。 ■「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」

出典: 通販ニュース

「ラクマ」に「バーコード出品」機能が追加 本、DVD、ゲームソフトなどの商品情報を自動で入力

出典: MarkeZine

雑誌広告の注目率・精読率はどのくらい? ビデオリサーチ、日本雑誌協会らと効果測定調査を実施

出典: MarkeZine

「自由研究」に見る、「自由な発想」信仰の落とし穴

なんというか、世の中には、「自由な、型にはまらない発想」というものを礼賛するあまり、却って「発想」を表現出来る機会を奪っているような、そんな傾向があるような気がするんですよ。   8月も初旬を過ぎて、世間はすっかり夏休み色一色になりました。 しんざきは激しく暑さに弱い体質でして、自分にライブラを使えば「あつさによわい」「直射日光によわい」「高温多湿によわい」「よわいったらよわい」と表示されること間違いない感じなんですが、この季節は本当に外を歩いているだけで、継続ダメージによる死が見えてきます。 ワルキューレの冒険で言うと毒沼歩いてるようなもんです。お互い熱中症には気を付けましょう。   「自由研究」の話をします。   毎年、小学校の夏休みの宿題に「自由研究」が出ます。 先日まで知らなかったんですが、これ、別に学習要領に「自由研究」という項目がちゃんと定義されている訳ではなく、どう指導するかはかなりの部分学校側の自由裁量に委任されているみたいですね。…

出典: Books&Apps

正確な位置情報を3単語で表現し「住所をディスラプト」するwhat3words、本格的な日本展開を目指す

what3wordsのCEO、クリス・シェルドリック氏 「日本の住所は長すぎる」。 英国のスタートアップwhat3wordsのCEO、クリス・シェルドリック(Chris Sheldrick)氏はそう話す。 「だからこそ、多くの自動車会社が僕たちに興味を持っている。カーナビに住所を手入力するにしても、音声入力するにしても、日本の住所の長さを考えると手間だし効率が悪い。その非効率を改善するソリューションを提供するのが僕たちwhat3wordsだ」(シェルドリック氏)。 2013年に創業したwhat3wordsは、地球上を57兆個のマスに分割し3単語で表現する「what3words」というジオコーディングシステムを提供する。マスの大きさは3x3mとなっており、住所よりピンポイントな位置情報を伝えることが可能だ。…

出典: TechCrunch

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です