【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年8月14日号

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

思考の積み重ねでボクは優雅になれた。自分を形成する「人生の方程式」を教えよう

メンタルリセット

何年か前にボクが格付け番組で発したこの言葉。その後、言葉が一人歩きし、ちょっとしたブームとなった。経営者、個人事業主、会社員。ビジネスをするすべての人たちにとって、メンタルリセットを行うことはとても重要。だがボクがあの言葉に込めた想いとは違う、誤解された意味が広まっている気がする。望まない結果、不測の事態など、人生において気が滅入るような状況は、何の前触れもなく発生する。経営者なら尚更のことだが、その都度、悩んだり、落ち込んだりして足踏みをしてしまうのはとても効率が悪い。そこで重要なのが、メンタルをリセットし、前進すること。ボクは如何なることでも悩まないと決めている。【悩む】という行為は停滞、もしくは後退の状況。そのような状況からは一秒でも早く抜け出さなければならない。ただ、世間が考えるようなメンタルリセットは、うまくいかなかった理由を何かのせいにして、「ドンマイ、気にするな」と傷を舐め合うような行為だ。自分の努力不足や判断ミスで生じた望まない結果に対しては、ドンマイもクソもない。ダサいにもほどがある。ボクのメンタルリセットはそうではない。そもそも前提が違う。【ベストの選択と努力】が為されていることが大前提。その上で、【起こってしまった不測の事態は気にしない】というのがボクのメンタルリセットだ。【確固たる美学】が自分にあるかベストな選択さえし続け行動し続けること

出典R25

ナオト・インティライミがチャンスをつかめる理由「いつでもI’m readyであれ」

先日、世界的な大手レーベルのひとつ、「Universal Music Latin Entertainment」と契約を結んだことを発表したナオト・インティライミさん。アジア人として初の契約(!)とのことですが、今回の世界デビューを含め、ナオトさんといえば、数々の大きな“チャンス”に恵まれているとネット上で噂になっています。「エジプトで、プロサッカーチームにスカウトされる」「パレスチナで、アラファト議長の前で『上を向いて歩こう』を歌う。2人で平和について語り合って、議長府に数泊もさせてもらった」「コロンビアで、現地の有名アーティストに気に入られツアーに同行。デビューの話を持ちかけられた」いったいなぜこんな信じがたいエピソードが多数あるんでしょうか!?彼なりの「チャンスをつかむコツ」があれば知りたい!…

出典R25

一体、日本人のだれが貧困で、だれを優先的に助けるべきなのか。

少し前から、貧困に関する記事を頻繁に目にするようになった。

日本とアメリカの貧困は、どこが同じでどこが違うのか <日本もアメリカと同様に先進国の中では相対的貧困率が高く、再分配がうまく行っていないという論説がアメリカで話題になっている>

現代の若者が自己肯定感が下がった理由、色々な要因があるんだろうけど、1番は単純に「格差が拡大して相対的貧困により自尊心が傷つく貧乏人間が増えたから」だと確信してるんだよな。特に実家の太さ格差は、そのまんま子供の自己肯定感格差に結びついてしまうわけでな。

出典: Books&Apps

6月のネット通販支出額は17.1%増、「チケット」が55%増

総務省統計局が6日発表した2019年6月の「家計消費状況調査」によると、1世帯(2人以上)の6月のネットショッピング支出額は前年同月比17.1%増の1万4345円、ネットショッピング利用世帯の割合は同4.4ポイント増の43.4%となった。

  「家電」が15.6%増 6月はネットショッピング支出額が同17.1%増と大幅に拡大。夏休みに向けた旅行やイベントなどのチケット予約が増加したことなどが影響したとみられる。 6月のネットショッピングを利用する1世帯の支出額は、同5.2%増の3万3051円だった。ネットショッピング支出額の増減率に影響を与えた主な項目は、「旅行関係費」(増減率は同10.6%増、名目寄与度2.66%)、「チケット」(増減率55.9%増、増減率寄与度2.55%)、「食料」(増減率は同19.4%増、寄与度2.54%)、「家電」(同41.6%増、同1.98%)、だった。

出典通販ニュース

8月後半のコード決済はd払い一択から変化あり、1000円未満のセブン決済はLP→MP→PPの順に週1使い分け

8月もそろそろ後半に差し掛かるが、コード決済各社の熾烈な戦いは続いている。既報のとおり、8月後半はコンビニエンスストアで20%還元キャンペーンを実施しているd払いを優先的に使えばいい。しかし、少しだけ風向きが変わってきた。 関連記事:8月に使うべきコード決済、前半はメルペイ70%還元、後半はd払い20%還元 d払いという名称からドコモ回線のユーザーしか使えないと思われがちだが、他キャリアやMVNOのユーザーでもdアカウントを登録すれば利用可能だ。チャージ元は各種クレジットカードを使える。還元上限は5000円相当(5000ポイント)で、2019年9月30日以降にdポイントとして付与される。ドコモ回線を使っている場合は、月々の利用料金とのまとめ払いも可能だ。ほかのコード決済とは異なり、d払いアプリで事前にエントリーしないと還元が受けられない点だけは注意。…

出典: TechCrunch

「情報セキュリティ白書2019PDF版無料公開の記事に大きな注目が集まる【アクセスランキング】

前週に閲覧数の多かった記事を、カテゴリーごとに上位5位までレポートします。

出典: INTERNET Watch

これから影響力を持ちたい人は何から発信するといいのかを考えてみた

最近「影響力を持ちたい!」という人が増えている感じがします。もっと端的にいうと「お金を持っている人よりも、フォロアー数が多いほうがえらい」という感じの世界観です。「何者かになりたい」というやつですね。左ききのエレン / alu.jp続きをみる

出典: #マーケティング 記事まとめ

JADMAが通販の配送満足度調査、「再配達・置き配」の項目を追加

(公社)日本通信販売協会(JADMA)は、通販の顧客を対象にした「配送満足度調査」を実施する。9月から準備を始め、10月を調査期間に充てる計画だ。サービスの改善を含む商品の配送に関する状況把握は5回目。今回は「再配達」や、指定場所に荷物を置き、サイン不要で配送完了となるサービス「置き配」などへの考えを聞く項目を加える。前回調査は2016年で、いわゆる「宅配クライシス」の前でもあり、その後の動向把握にも役立ちそうだ。 調査対象を会員外にも拡大 国内の通販業界の成長や、世界中からネット通販で商品が購入できるようになっている環境下、物流問題は業界内でも関心事。こうした事情もあり、これまで正会員社に限っていた参加企業の募集を一般の通販事業者にも拡大する。参加各社が同時期に同じ内容で消費者に向けてアンケートを実施し、その回答をJADMAが主体となってまとめる。自社のアンケート代わりとしてはもちろん、参加社の平均値との比較ができるとのも特長という。また前回に引き続き、インターネットでの調査も実施する。  調査は10月4~24日を予定し、参加企業が期間内に配送する商品にアンケートはがきを同送。はがきにはQRコードが記されており、インターネットからの回答も可能となる。準備からまとめまでは、9月9日に申し込みを締め切り、同26日までにはがき納品、WEBページアップ。調査期間を経て、11月末までにはがき回収、WEBページ収集。12月から集計・分析作業に入り、2020年2~3月に報告書で発表、という日程を組んでいる。  質問は一部を除き、項目ごとに〇をつける方法で、配送会社、受け取った場所、到着日数、日時指定の有無、再配達の有無、受け渡しの満足度、配送サービスで大切だと思うこと、置き配の利用の有無や意見、料金を含む配送に関する意見・要望などを聞くことにしている。  参加費ははがきの通数に応じて3パターン。A. 5000通参加 会員/12万円、一般/16万円(税抜)B.10000通参加 会員/17万円、一般/22万円(税抜)C.20000通参加 会員/24万円、一般/30万円(税抜) ■配送満足度調査の実施について…

出典通販ニュース

ベライゾンがTumblrを売却へ–WordPress.comを運営するAutomattic

ベライゾンがTumblrをAutomatticに売却することで合意したと発表した。売却価格は2000万ドル(約21億円)を「大きく下回る」と報じられている。

出典: CNET Japan

ここまでやってはじめて自分を信じられる。ボクが20年以上続けているたったひとつの行動

アーティスト、実業家、俳優…と、マルチな活躍をみせるGACKTさん。メディアでは「超一流芸能人」とも呼ばれていますが、その実態は謎に包まれています。「なぜGACKTはそんなにお金を持っているのか?」と疑問に思う人も多いでしょう。

その答えは、GACKTさんが上梓した書籍『GACKTの勝ち方』に記されています。同書は、GACKTさんにとって初のビジネス本。お金の稼ぎ方はもちろん、自己ブランディングやメンタルリセットの方法など、GACKTさんが人生を通して学んだことを教えてくれています。2019年でソロデビュー20周年を迎えたGACKTさんの人生哲学をとくとご覧あれ。

ラクを捨てるGACKTとしての日常、つまり日々の生活の中で見直した、もっとも具体的な行動はたった一つだ。【怠らないこと】何を怠らないか?【自分が選択したものに対して】…

出典R25

「僕、目が悪くてラッキーでした」ひろゆきが教える弱みを強みに転換する仕事術

人にはさまざまな「弱み」があります。容姿、頭脳や、どうしても直せない悪癖…。生まれついての“人より苦手なこと”に落ち込んでいる人もいるのではないでしょうか。しかし、そんな弱みがありながら、独自の活躍をしている人たちもいます。新R25の8月の特集「弱みは強み」では、そんな人々に、「弱みとの付き合い方」「弱みをどうやって強みに変えたのか」を聞いていきます!後編も、ひろゆきさん節が炸裂本日登場するのは、前回に引き続いてひろゆきさん。

出典R25

大人気「いらすとや」には「ユニコーン企業」並みのポテンシャルがある

企業や公的機関のパワポなどで見ない日がないというくらい、よく使われているフリー素材のサイト「いらすとや」。このサイトにはじつは時価総額10億ドル以上のポテンシャルがあると指摘するのが、1級FP技能士の古田拓也氏。いらすとやの異色の戦略と、その将来性について語ってもらった。

出典現代ビジネス

スクエニ絶好調、業界人も驚いた「異例のロングヒットゲーム」の正体

スクウェア・エニックス・ホールディングスの株価が、ここへきて急上昇している。同社が8月6日に発表した最新決算がきっかけ。その内容は営業利益が約71億円で、なんと前年同期比約86%増の大幅増益。市場予想を30億円程度上回るほどのグッドサプライズだったため、市場関係者から好感されて一気に株価急騰しているが、それだけではない。、今回業界関係者に驚きをもって受け止められたのはゲーム事業の牽引役が『ファイナルファンタジーXIV』であったことだ。

出典現代ビジネス

Tableau Tips】データ更新日時を表示させる

noteをお読みいただき、ありがとうございます!web担当のishiakiです。本記事ではBIツールTableauのTipsをご紹介します。このダッシュボード、いつ更新されたの?続きをみる

出典: note.mu #Tableau

 

スポンサーリンク