【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年8月10日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

なぜ、たとえ話を使った論争は、100%徒労に終わるのか。

いきなり古臭いインターネットミームで恐縮なのだが、なぜ童貞と処女とに価値の差があるのかを孔子が弟子に説く、というネタがある。曰く、   弟子「先生、処女を貴重だと思う男は多いです」 孔子「その通りだ」 弟子「しかし逆に童貞は女に気持ち悪がられます」 孔子「確かに」 弟子「おかしいじゃないですか、何故このような意識の違いが生まれるのですか」 孔子「それは一度も侵入を許していない砦は頼もしく、一度も侵入に成功したことがない兵士は頼りないからだ」   なるほどな、と笑わせる説話である。   だが、笑ったあなたは今後議論の場において比喩(たとえ話)を使うべきではない。 また、相手が比喩を使うことも拒否すべきだ。   なぜか。 今日はただそれだけの話をしたいので、まあ暇ならちょっと聞いていってくれ。…

posted 1h ago by dudihan via Books&Apps

『好きなこと』が見つからないキミへ

最近、「好きなことを仕事にしろ!」というような言葉をよく見かけますし、僕も言ったことがあるような気がします。そりゃそうなんです。やりたくないことを仕事にしても、その仕事のライバルが、その仕事を好きで好きでたまらないケースがあるわけで、そうなってきた時に、ライバルは仕事の時間以外も(家に帰ってからも)仕事のことを考え、努力を続けているので、結果、「やりたくない仕事で負ける」というシッチャカメッッチャカに陥ります。『好きなこと』を仕事にした方がイイに決まってるんです。ただ、『好きなこと』ってあります?無くね?それなりに楽しそうなことはあるけど、『寝食を忘れるほど好きなこと』って、無くね??「好きなことを仕事にした方がいいのは分かっているんだけど、好きなことが見つからない」というのがオマエが思っていることじゃねーの?(※すみません。言葉が汚くなってしまいました)これね…僕もそうなんです。今、調子に乗って『絵本』なんかを描いていて、そこかしこで個展を開催していたりして(今日は札幌!)、面倒なことも多いのですが、やっぱり楽しい仕事なんです。たぶん、僕、『絵本作家』という仕事が好きなんです。でも、一年目から、この仕事が好きだったかというとそうでもなくて、タモリさんから「絵を描けば?」と提案されて、酔っ払ったノリで始めて、あれやこれやと結果を出していくうちに(お客さんに喜んでもらっていくうちに)好きになったんです。「好きなことを始続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

posted 1h ago via 西野亮廣ブログ

どのベンチャーキャピタルに相談するか困ったときの3つの視点

「〇〇キャピタル、△△ファンド、□□ベンチャーズ…ベンチャーキャピタルっていっぱいあるけど何が違うの? 」 ベンチャーキャピタルSTRIVEの古城(こじょう)です。冒頭のような疑問をお持ちの方、多いのではないでしょうか?私はそうでした。笑  本Noteでは起業家の方々がベンチャーキャピタル(VC)に事業の壁打ちや資金調達などで相談したいとき、どういった視点で相談するVCを決めればよいのかについて簡単に纏めました。続きをみる

posted 1h ago via note.mu #スタートアップ

「こんな生き方もあったのか!」と自分の知らない生き方に触れられる本5選

暑い毎日が続くと、食欲がわかないばかりか、やる気も起きなくなりがちだ。なので、何か具体的な行動を起こすというよりは、自分の今の仕事や生活について、ぼーっとしながらでも考えてみるというのはどうだろう。自分や自分の周りの人たちの生き方だけではない、世の中には「こんな生き方もあるのか」という生活や仕事をしている人は多い。その一端に触れてみるのもいいだろう。

posted 1h ago by 海老名久美 via CNET Japan

社員の9割が「知人に勧めたい会社」セールスフォース流、人材投資の全て

働きがいのある会社上位常連のセールスフォースの人材戦略は必見。

posted 1h ago by ”未来を変える”プロジェクト by iX(アイエックス),岡 徳之 via BUSINESS INSIDER JAPAN

人付き合いには、刺激の賞味期限がある。ステージごとに人間関係はリセットしよう

堀江貴文さんは現在、家を持たずにホテル暮らし。必要なものはスーツケースに収まる程度と、徹底的にモノを捨ててきました。新著『捨て本』は、そんな堀江さんの“捨てる”哲学をまとめた一冊となっています。「モノのみならず、既存の価値観も捨ててきたことで、今の自分がある」という堀江さんの“捨てる”哲学から、人間関係に関する内容を2記事でご紹介します。捨て本https://www.amazon.co.jp/dp/B07V5KT385/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=r2506-22&linkId=2cda12f38815d665cde5282e323241dd&language=ja_JPステージごとに人間関係はリセットする子どもの頃から、あまり友だちはいなかった。ひとりもいなかったわけではないけれど、すすんで友だちを増やしたい方ではなかった。人と話すのが苦手ではない。でも、コミュニケーション上手とも言えない。おしゃべりは大好きなのだけど、場の空気を読んで、僕の方があれこれ気を回さなくてはいけない相手とは、一緒にいたくはない。刺激的で面白い会話のできる相手となら、仲良くしたい。コミュニケーション下手だけど、孤独を愛しているわけではないのだ。実はけっこうな寂しがり屋で、楽しく過ごせる相手はいっぱい欲しいし、ずっと面白い仲間に囲まれていたいと思う。寂しがり屋なのに、特に友だちはたくさんいらないと考えているのは矛盾じゃないかと指摘されるかもしれないが、そうだろうか?一緒にいて楽しい人と出会い、つまらないやつとは過ごしたくないと考えているだけだ。友だちの基準みたいなものが、人にはある。第一は「話が合う」ことだろう。僕もそうだ。ただ、話が合わないと少しでも感じたら、もう、一瞬で捨てる。関係を維持するための気づかいやコストは一切、払いたくない。身勝手で冷たいと思われるだろう。だが僕としては、気をつかったり、つまらないと感じる友だちと、仲良くしている意味は、何なのだろう?…

posted 1h ago via 新R25

“社長賞”をとっただけでは評価されない。転職の面接で欠かさず見られる3つのポイント

「なぜ、年収240万円の地方のホームセンター店員が、年収5000万円を稼ぐサラリーマンになったのか」この強烈な一文から始まるのが、Twitterで6.6万フォロワーを誇るmotoさんの著書『転職と副業のかけ算』。短大卒ながらリクルート、楽天などを渡り歩き、本業で1000万、副業で4000万の年収を得ているmotoさんが、その経験に基づいた「これからの時代の稼ぎ方」をあますところなく公開した一冊です。発売前の段階でAmazon書籍ランキング総合1位を獲得した本書から、今回は特別に3つの記事をご紹介します。転職と副業のかけ算https://www.amazon.co.jp/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%81%A8%E5%89%AF%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%91%E7%AE%97-%E7%94%9F%E6%B6%AF%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%82%92%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9-%EF%BC%B3%EF%BC%B0%EF%BC%A1%EF%BC%81%EF%BC%A2%EF%BC%AF%EF%BC%AF%EF%BC%AB%EF%BC%B3-moto-ebook/dp/B07VC49YQH/ref=as_li_ss_tl?_encoding=UTF8&qid=1565147450&sr=1-1&linkCode=ll1&tag=r2506-22&linkId=39223770ee39f7ce1f29f04e432fa2c8&language=ja_JP自分を採用するメリットを打ち出す僕は、自分が転職活動で面接に行くことも多いですが、仕事の立場上、就活生や転職者の面接をする機会も多々あります。過去に在籍していたリクルートや楽天では、営業の傍らで就活生や転職者の面接をしてきました。どの採用ポジションであっても、大枠で見ている共通のポイントが3つあり、自分が面接に行く際も、このポイントを聞かれることが多かったので、ご紹介します。※採用ポジションや採用要件によって見るポイントに角度の違いはありますが、多くの面接で「ここは欠かさず見ている」というポイントについてお伝えします。面接術①「何ができる人なのか」を伝えるまずは「この人は、何ができる人なのか」という点。面接する側とされる側で認識がズレやすいのが、ここです。職務経歴書の書き方でもお伝えしましたが、「私は売り上げ目標を120%で達成してきました。四半期の全社会議でMVPを獲得し、年間では社長賞も受賞しました!」と、社内での実績を前面に押し出すのではなく、「自分は何をしてきたか」を伝えることが大切です。「毎月30件の商談を獲得して表彰されました」という実績があっても、会社の看板や商材の強さ、会社内にある独自のノウハウによって誰でもできることで、個人の実力ではない可能性もあるわけです。伝えるべきは結果ではなく「何をしてきたのか?」という部分です。こちらのような内容まで伝えられると、とても強いアピールになります。「個人として、毎月目標とする30件の商談目標を1年間達成し続けました。1日の架電件数を人の5倍に設定し、電話を受けてもらいやすい時間、電話をする相手のプロフィール詳細を調べるなどの工夫をしました。電話では商材の話をせず、課題を聞き出すトークを中心に行い、接点を持つことに注力しました。結果として毎月30件を超える商談を実現しました。また、チームもこの手法を共有し、チーム全体の商談獲得率は前年比プラス15%に向上しました。現在はマネジャーになっています」このように、プロセスを具体的に説明することで「入社後に、どんな行動をしてくれるか」が見えるようになるため、面接官も入社後の姿を想像しやすくなります。面接では、結果や実績と合わせて「目標に対して、自分がどんなアクションをしたのか」という点を伝えるのが鉄則です。プロジェクトの大きさや結果のスゴさより、自分が実行したアクションの「深さと濃さ」を伝えることを意識してください。さらに言うと、自分に与えられた目標だけでなく「会社として目指している景色」まで踏まえて話ができると、もう一段高い評価につながります。会社が目指している「上流部分(会社全体の目標)」を見つつ、自分が任されている「下流部分(手元のミッション)」を実行して、自分の成果だけでなく、会社の成果につなげる成果や行動がとれる人は、とても評価が高いです。会社が目指している上流部分から物事を捉える力は、昨日今日では身につかない能力なので、日頃の仕事のなかで視座の高さを意識して仕事に取り組むしかありません。与えられた個人の目標を達成するだけでなく「組織としての目標」や「その目標を達成することで見える組織の風景」なども考えて行動できると、どの会社においても面接での評価は高くなるはずです。面接術②…

posted 1h ago via 新R25

就職、転職…… 面接15分前にやるべき15のこと

貴重な時間を無駄にしないために……。

posted 1h ago by Erin McDowell,Jacquelyn Smith,Rachel Gillett viaBUSINESS INSIDER JAPAN

由紀さおり『夜明けのスキャット』は、なぜかくも人を感動させたのか

一度聴いたら耳を離れないイントロ、そして透き通るように歌い上げられるスキャット。名曲ばかりの昭和歌謡界にあって、この曲は異質な魅力を持っていた。

posted 1h ago via 現代ビジネス

ライザップ決算、4~6月期は黒字化で「結果にコミット」。拡大路線再開に布石か

RIZAPグループの2019年4~6月期決算(国際会計基準)は約14億円の営業利益を計上した。M&Aを含む拡大路線回帰を目指すともとれる動きも。

posted 1h ago by 小島寛明 via BUSINESS INSIDER JAPAN

謝罪のプロが伝授: 謝罪から一転、信頼回復・取引拡大につなげる極意

顧客からのクレームや業務上のミスなどで謝罪しなければならない時、信頼回復・取引拡大につなげる極意を解説します。

posted 1h ago by 鈴木拓也 via ライフハッカー

KADOKAWAの1Q、営業利益は約8.7倍に ドワンゴの「Webサービス事業」が黒字転換 構造改革が奏功

KADOKAWAが8月8日に19年4~6月の連結決算を発表。売上高が前年同期比0.2%増の497億4500万円、営業利益が約8.7倍の34億7100万円と増収増益だった。子会社ドワンゴが担うWebサービス事業の営業損益が黒字に転換した他、出版事業などが好調だった。

posted 1h ago via ITmedia

見出しでわかる IT界隈・今週の重要ニュース:全265本[2019/8/1~8/8]

「見出しでわかる IT界隈・今週の重要ニュース」では、国内外3000超のITニュースサイトからピックアップした今週の重要ニュースを一覧化してお届けします。

posted 1h ago via INTERNET Watch

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です