【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年8月7日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

ネットサーフィンで得られる情報の9割は無駄。自分に必要な情報だけが集まってくる「情報の宅配便化

我々が1週間で接触する情報は140個にものぼると言われていますが、そのなかで記憶に残っているのは、なんとたったの3%だそう。そう語るのは、40万部のベストセラーとなった『学びを結果に変える アウトプット大全』の著者、樺沢紫苑(かばさわ・しおん)先生。精神科医の仕事をこなしつつ、作家として30冊の書籍を出版、メルマガやYouTubeを毎日更新と、膨大なアウトプットを継続する樺沢先生は、少ない時間で効率よくインプットをおこなう達人でもあります。どうすれば最大効率で情報収集できるのか、樺沢さんの新著『学び効率が最大化する インプット大全』でその方法に迫りましょう!

出典R25

マネックスが始めた仮想通貨等の格付けデータベース「LOOKBLOCK」とは何か

ネット証券大手マネックスグループのマネックスクリプトバンクは、仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーンに特化した情報データベースサービス「LOOK BLOCK」の提供をはじめると発表した。仮想通貨やブロックチェーン、トークンに関連する企業やメディアについての情報を収集し、法人向けに提供する。

出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

「自分のお金になぜ手数料がかかる?」無料送金にこだわるプリンの挑戦

仕事帰り、手持ちの現金を見てあわてて銀行のATMでお金を下ろすと、しっかり引かれている手数料。「自分のお金を下ろしただけなのに…」と釈然としない人もすくなくないのではないか。それでも、そういう決まりだから、という常識に異を唱える男がいる。送金アプリ「pring(プリン)」を開発した、株式会社pring代表取締役CEOの荻原充彦氏。もともとは銀行の立ち上げにも関わり「手数料ビジネス」のうまみを知り尽くしていた彼が、手数料ゼロ円にこだわる理由とは?

出典現代ビジネス

「天気の子」の真の主題は、Amazon倉庫の労働者のような「システムの犠牲になる個人」だった。

新海誠監督の「天気の子」をみた。   前作である「君の名は」が一般向けにも非常にわかりやすい作風だったのに対し、今回の天気の子は物凄く読み解きがいのある芯の入った作風で大変に面白かった。 一部では既に話題になってるが、ストーリーの仕立て方がパソコンのビジュアルノベルゲームを感じさせる作りであり、これを一般向けに映画館で放映したことには正直驚愕した。   どう見るかは人それぞれなのだろうけど、僕はこの物語はシステムを念頭において解釈していくのが最も面白いと思った。

出典: Books&Apps

@ryodan23 梁原 立寛🛋オフィス家具EC Kagg.jp

視野、視座、視点、解像度。変化と多様性の時代に、これらを自在に行き来できることがとても大切やろなぁ。 / 視野・視座・視点について|深津 貴之 (fladdict) @fladdict|note(ノート)https://note.mu/fladdict/n/n30aaa4d201a5 …

出典: @ryodan23

スタートアップ/ベンチャー企業の「解体新書」 ~ベンチャーCEOが社員に求めていること~

ここ最近、空前のスタートアップ/ベンチャー企業ブームです。資金調達額も年々増加傾向ですし、10年前と比較するとベンチャー企業が立ち上がりやすい環境になっているのは間違いありません。

出典: note.mu #スタートアップ

「商品価格にのせるしかない」。楽天の送料無料ラインに対する川添さんのコメントのわかりみが深い

楽天市場の送料無料ラインの話題。購入価格が3,980円以上の場合は、一律義務付けというのも乱暴すぎやしませんかねぇ。楽天全体を見ればこれで良いのでしょうが、楽天市場はお店の集まりなので不利益を被るところも多いはず。 全店舗の送料無料ラインを3,980円に統一 楽天市場の送料無料ラインは「3980円」、20年2月以降に開始へ

出典ネットショップ担当者フォーラム

メルペイデザインチームがつくるのは、新しい習慣です。

こんにちは。メルカリデザインブログです。今回はメルペイの「デザイン」にまつわる話です。続きをみる

出典: note.mu #スタートアップ

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング 稲盛和夫氏の「心。」が初めて1位を獲得!

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

出典東洋経済オンライン

 

スポンサーリンク