【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年7月31日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

国土地理院から自分でデザインできるウェブ地図が登場、表示項目を自分で決められて写真重ねも自在

表示項目を自分で決められるのはもちろん、空中写真や標高図を透過表示したりと、自由にデザインできるウェブ地図を国土地理院が公開した。

出典: INTERNET Watch

この5つを洗い出してつなげれば、自分のストーリーになる。アマゾン流・自己PRのつくり方

1994年にシアトルのガレージで起業したアマゾンは、2018年に時価総額が100兆ドルを突破しました。その成長の裏には、アマゾンが自分たちのストーリーを伝え続けてきたからだと、2003年から13年間アマゾンジャパンでPRを担当していた小西みさをさんは語ります。アマゾンが自社のPRをどのようについて強化してきたか、どのようにして世界から認められる存在になったのかというストーリーが描かれている、小西さんの書籍『アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割』。そのなかから、アマゾンのノウハウを活かした自己PRのつくり方を抜粋してご紹介します。

出典R25

舐められたと感じたら、感情的な措置をとる。私が貫いてきたビジネスというゲームの戦い方

ここぞというところで、大胆な勝負に打って出られる「勝負強さ」。ビジネスマンならぜひとも身につけたいスキルですが、そもそも「勝負強さ」を磨くことは可能なのでしょうか?その質問に対し、最高の教材になるのは「麻雀」だと断言するのは、サイバーエージェントの藤田晋社長。藤田社長は、2014年にはプロも参加する「麻雀最強戦」で優勝するほどの雀士としても知られています。2015年に『近代麻雀』で開始した連載コラム『仕事が麻雀で麻雀が仕事』では、麻雀で培った自身のビジネス観を伝えています。今回はそのなかから、「勝負」「ビジネス」「成長」「人生」というテーマで抜粋した4記事を特別公開。

出典R25

この夏、任天堂とJALCMが描いた「シズル感」 消費者の心に刺さったCMにはどんな特徴が?

あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか?CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好…

出典東洋経済オンライン

ジム・ロジャーズ「円はもう安全資産ではない」 年金を老後の当てにする日本人は甘すぎる

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。前回同様、ジム・ロジャーズ氏へのインタビューから、皆さん…

出典東洋経済オンライン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です