【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年7月29日号

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

「方法論やフレームワーク」が実は使えない理由 ビジネスを面白くする「正解のないモヤモヤ」

法則、良しあし、ロジック、スキル、方法論を左脳領域として、アート、センス、カン(感、勘、観)、好き…

出典東洋経済オンライン

本田宗一郎氏の名言から学ぶ「中年の危機」の乗り越え方

いま社会人に求められている「起業家マインド」。経営学者・コンサルタントの小杉俊哉氏は、やがて訪れる「中年の危機」にこう備えよとアドバイスする。若いうちに知っておくべき「人生で大切なこと」を小杉氏が語った。

出典現代ビジネス

河相我聞さんが「子育て」の言葉を使わないワケ 「親にできることは話を聞くことくらい」

2015年第1子出産を機に、長男の“まめ”ちゃん(愛称)との日々を絵日記にしてインスタグラムに投稿し、…

出典東洋経済オンライン

価格は1円(税込)。雑誌『広告』リニューアル創刊号が本日発売!

こんにちは。雑誌『広告』編集長の小野です。本日、雑誌『広告』のリニューアル創刊号が発売になりました。続きをみる

出典: #マーケティング 記事まとめ

本気度高め。ビットフライヤーと住友商事が手がける不動産ブロックチェーン

仮想通貨交換所bitFlyer(ビットフライヤー)の創業者・加納裕三氏らは住友商事と組み、不動産のプロジェクトをはじめた。

出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

ブログやTwitterの文章が変わる。文芸オタクが教えるバズる文章術

いままでは漠然と捉えられてきた「文才」や「文章力」というものを見える化して1冊にまとめたのが、著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(サンクチュアリ出版)です。

出典ライフハッカー

好きを仕事にがすべてじゃない。「再現ドラマの女王」になった元アイドルの仕事論

「この顔、どこかで見たことあるような…」写真を見てそう思った人は多いはず。彼女は再現ドラマに年間100本以上出演する女優・芳野友美さん。その圧倒的出演数から、“再現ドラマの女王”と呼ばれています。でも、失礼ながら再現ドラマってパッとしないイメージ。正直なところ、不名誉な冠なのでは?“好きなことを仕事にできる”といわれる時代に、あえてやりたくなかった仕事を続けてこられたのはなぜなのか。芳野さんにお話を聞くことで、働き方のヒントを探りました。〈聞き手=本山航大〉【芳野友美(よしの・ゆみ)】1980年、福岡県出身。高校生のとき、雑誌『JUNON』の「S・Sガールズコンテスト」審査員特別賞を受賞し芸能界へ。これまで数々の再現ドラマに出演し、“キレる役”に定評がある。最近の趣味は競馬で、ギャンブル性より競走馬を見ることに惹かれている「どんなに売れなくても再現だけは…」と思っていた本山:女優業と事務のバイトで忙しいなか、お休みの日にありがとうございます!キレイな方だ…本山:芳野さんは「再現ドラマの女王」と呼ばれていますが、女優キャリアの最初から「再現ドラマで活躍すること」を目指したわけじゃないですよね?芳野さん:もちろん。むしろ最初は絶対にやりたくなかったですね。本山:やっぱりそうなんですね…芳野さん:「再現ドラマに出たら、自分の価値が安っぽくなっちゃうんじゃないか」って、思いっきり偏見がありました。「どんなに売れなくても再現だけは…」って思ってましたもん。本山:(女王の発言とは思えない…)じゃあ、どうして出るようになったんですか?芳野さん:芸能界にはいたものの、仕事がなくて悩んでたときに、いまのマネージャーに「100回の練習より1回の現場なんじゃないか」って言われたんです。たしかに演技のレッスンを何百回やっても、現場の緊張感とか環境って、その場でしか味わえないんですよ。だから、「小さくても本番を重ねなきゃ」って。それで再現の仕事を始めました。「まったくB級じゃない」知られざる再現ドラマの世界本山:実際に再現ドラマの仕事をしてみて、いかがでしたか?芳野さん:「ごめんなさい」って思いましたね。いざ現場に行くと自分の持っていた偏見とは全然違って…役者もスタッフも「すげーなこの人たち」って人ばかりだったんです。本山:再現ドラマの現場、どんなところがすごいんですか…?芳野さん:まず役者がまったくB級ではなかった。台本をもらうの、いつだと思います?本山:台本ですか?…

出典R25

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です