【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年7月25日号

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

RPAAIで紙文書を自動処理する時代がすぐそこに! UiPathの「Receipt and Invoice AI」プレビュー版を試す【イニシャルB

残念ながら、まだ英語しか処理できないが、日本語対応が実現すれば、RPAの需要は劇的に伸びるだろう。UiPath Studio向けにプレビュー版が公開された「Receipt and Invoice AI」を実際に試してみた。

出典: INTERNET Watch

『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【後編】

『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏による特別講義の後編――。コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。

出典: ITmedia

「ショップチャンネル」が20年連続成長した理由 2950万世帯に広がるテレビ通販王者の強さ

「この1時間で購入をご検討いただきたいと思います。この時間も信頼のゲストにお越しいただきました」―

出典: 東洋経済オンライン

ゆうちょとかんぽ、不適切販売でいよいよバレる「ヤバすぎる問題」

日本郵政傘下のかんぽ生命保険・ゆうちょ銀行で、金融商品の不適切な契約が相次いで発覚している。ゆうちょ銀行では約230ある直営店のうち実に約9割の店で社内ルールに抵触した営業が行われており、その数は15000件におよぶとみられている。これにとどまらず同行がスマホ決済事業者に高額な手数料を請求している疑いで、公正取引委員会が実態調査に乗り出しているもようだ。金融庁も問題視しているゆうちょとかんぽ問題の根は深い。いよいよこの巨大組織が抱える根本問題にメスが入るかもしれない。

出典: 現代ビジネス

ジム・ロジャーズ「私なら10歳で日本脱出計画」 「滅び行く日本」にしがみついて生きるのか

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。20193月に冒険投資家として日本でも著名なジム・ロジャ

出典: 東洋経済オンライン

医師と製薬マネーのあまり表には出ない大問題 法制化も罰則もなく自主規制に頼る寒い現状

「大手製薬会社の薬を宣伝する医師たちの“闇営業”を野放しにしたらダメだ!」灘校(灘中学校・灘高等学

出典: 東洋経済オンライン

日本語は、暗黙の上下関係を要求する言葉。

日本で生きるなら、上下関係は大切だ。 後輩は先輩に従い、雑用をし、先輩を立てる。 先輩は後輩を導き、責任を負い、上の立場の者として振る舞う。  こういった上下関係を小さな頃からすりこまれたわけだけど、大人になってからは、「対等に話し合うための『左右』の関係も大事だよなぁ」と、ことあるごとに感じる。 社会に出たら、『上下』だけでなく、立場や年齢、性別にかかわらずふらっとに話し合う『左右』の結びつきも必要なのだ。   日本語は暗黙の上下関係を要求するコトバ 日本ではいつでもどこでも、序列がある。 集団登校では上級生が下級生の面倒を見て、お兄ちゃんやお姉ちゃんは弟、妹のために我慢するのが当然。 部活では数ヶ月誕生日が早い先輩が大きな権力をもち、年上は年下に対しほぼ無条件にタメ口で話す。

出典: Books&Apps

figmaで使えるサービス資料テンプレート配布します

お金の健康診断の資料を  (パワポがあまりにも無理すぎて)Figmaで作り直したんですが、tweetしたら需要がありそうだったのでベースとして使えそうなテンプレート配布しますね。続きをみる

出典: #図解 記事まとめ

山寺宏一「同業者から見ても凄い」圧倒的な実力 銭形警部から犬まで演じ分ける「七色の声」

昔と違って、最近は地上波のテレビ番組に出ることも珍しくなくなった「声優」という仕事。声優業界に憧れ

出典: 東洋経済オンライン

【無料試し読み】堀江貴文『ハッタリの流儀』

起業家・堀江貴文が突出した存在になれた理由。それは「大きなハッタリをずっとかましてきたからだ」と堀江さんは言います。プロ野球の球団やフジテレビの買収、選挙に出馬、ロケット打上げなど、まわりから無謀とも言われるチャレンジをして、日本中にホリエモンという名を知れ渡らせました。そんな堀江さんの著書『ハッタリの流儀』では、みんなが腰を抜かすようなことを言いつづけ、それに挑みつづけることで、自分の株を上げる方法が語られています。同書より、自分の価値を上げる堀江さんの「ハッタリ術」を抜粋してお届けします。「ハッタリ」は、覚悟という名の信用。大きな成果をもたらす人生の最高奥義だまずは自分にハッタリをかませハッタリをかます人には共通点がある。それは「根拠のない自信」を持っているというところだ。君から見たら能天気なバカかもしれない。ハッタリ人間たちは、「やったことはないけれど、きっと自分だったらできるはず」だと信じている。つまり、他人より先に自分に対してハッタリをかましているのだ。大学を中退して起業する直前、IT企業でアルバイトをしていたときのことである。個人で仕事を請け負うチャンスがやってきた。「堀江くん、オラクルのWEBシステムを制作する案件があるんだけど、会社を通さずにやってみない?」案件を紹介してくれたのは、仕事でやり取りしたことがあった人だった。「やります!

出典R25

テレビ業界、番組もアナウンサーも視聴率も「AI頼み」のヤバい末路

ドラマにしろ、バラエティにしろ、最近、制作会社からあがってくる番組の企画書を見ると、やたらと「AI」という文字が目につくという。AIがはじき出したデータはスポンサーを納得させるのに好都合という声も。報道ではAIは”関係者探し”や”ネタ探し”の自動化に活用されている。さらに、報道番組のアナウンサーにAIロボットが導入され始めた。テレビ業界、番組もアナウンサーも視聴率も「AI頼み」で、テレビ業界はいったいどこへ向かっていくのか

出典: 現代ビジネス

150年前のSNS!? 創刊直後の『ネイチャー』が超絶面白い

世界で最も有力な学術誌のひとつ『ネイチャー』。創刊150周年を迎える老舗雑誌だということをご存知ですか? 創刊当時の『ネイチャー』は、科学と社会の関係性を大変に重視していました。中でも、我々にとって興味深いのは、〈日本特集〉。明治期の日本姿がよみがえってきます。寄稿者の生き様なども紹介しつつ、いにしえの『ネイチャー』を紐解きます。

出典: 現代ビジネス

VW「ビートル」が80年の歴史に幕を下ろした理由 独特の形状や設計に込められた意味とは?

ドイツを代表するスポーツカーのポルシェは、ボヘミア生まれの技術者であるフェルディナント・ポルシェ博

出典: 東洋経済オンライン

アスクル社長「ヤフーの乗っ取りは許せない」 解任を突き付けられた岩田彰一郎氏が猛反論

「すべてが不可解」「成長事業が乗っ取られる」オフィス通販や個人向けネット通販「ロハコ」を手がけるア

出典: 東洋経済オンライン

 

 

スポンサーリンク