【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年6月12日号

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

「報連相からイノベーションが生まれると思う?」土屋Pが語る3つのアイデア企画術

「若者の○○離れ」はさまざまなパターンがありますが、一番よく聞くのは「テレビ離れ」ではないでしょうか。実際、自分も子どものころに比べるとテレビを見てない気がしますし、まわりには「家にテレビがない」という人も多いです。そこで今回は、あの伝説のテレビマンに取材できることとなりました。その男とは、土屋敏男さん。またの名を「T部長」「土屋P」。

出典R25

RPAは「なし崩し的に導入しろ」──しくじり先生が語るRPA失敗談とその教訓

“RPAしくじり先生”が、RPA失敗談と教訓を語った。

RPAはごく小さな業務から適用していくべきだという。

出典: ITmedia

理解不能なものこそ、新時代をつくる。ブームを巻き起こす「ギャルマインド」の正体

渋谷のギャルは、どこに消えた? 2000年代に日本を沸かせた「ギャル」現象。安室奈美恵さんや浜崎あゆみさんなどカリスマのファッションを丸ごと真似た「アムラー」や「あゆ依存」が街に溢れ、ギャルブームに火がついた。

出典: Agenda note

やる気に左右されない、習慣化4つのコツ

習慣化の壁は17日目にあると、Emily氏は言います。

その理由は、高まっていたやる気がその頃になると徐々に減少を始めるから。

では、どうしたらやる気を維持できるのでしょうか? その方法をご紹介します。

出典ライフハッカー

「嫌い」が加速する日本  by キンコン西野

『「知らない」と「嫌い」は似ている』

これは、マンガ情報サービス『アル』を展開している「けんすうサン」が「セカオワが、こんな感じのことを言ってたよ」と教えてくれたのですが、たしかに僕らが何かを嫌う理由を掘り下げていくと、「知らない」に辿り着くことが珍しくありません。

「生理的に無理」「なんかムカつく」といった感情で嫌っていると思いきや、落ち着いて考えてみると、相手のことをよくよく調べもしていないことがほとんどです。「知らないから嫌い」という理屈ですね。

こうして言語化されると「なるほど。たしかに」で、とはいえ前までは「人って、そういうものなんだろうなぁ」と、前まではそれほど気にもならなかったのですが、特にこの1~2年で強く感じるのが、情報の格差・拡大が加速しているということです。これは言い換えると、「知らないものが増えている」という状態で、「知らない→嫌い→嫌いだから知ろうとしない→更に知らないものが増える→嫌いなものが増える」という不幸ループに入っちゃっている人が、かなりの数にのぼってきているんじゃないかなぁと感じております。

出典西野亮廣ブログ

18年度AIビジネス市場、5301億円約20年後は5.4倍に

(株)富士キメラ総研が7日発表した18年度のAIビジネスの国内市場は5301億円を見込み、30年度には5.4倍の2兆1286億円に達すると予測している。

出典通販ニュース

AIで「架空のアイドルの顔」を自動生成できるサービス登場 VTuberデビューも視野

ベンチャーのジーンアイドルが、AIを活用して架空のアイドルの顔画像を自動生成できるサービス「A.I.dols Codebase」のβ版をリリース。架空のアイドル同士がユニットを組んで歌を歌えるようにし、VTuberとしてのライブ活動などを目指す。生成には、画像を生成するAIと画像を評価するAIを“敵対”させ、精度を向上させる技術を活用している。

出典: ITmedia

健康管理業務をクラウドで効率化する「Carely」運営のiCARE5.2億円の資金調達

人事の健康管理業務をクラウドで効率化する「Carely」運営のiCAREは6月10日、総額5億2000万円の資金調達を実施したと発表。

Carelyを使えば、従業員の健康情報を一元管理できるほか、プランによりサービス内容は異なるが、健康診断の予約、ストレスチェックの実施、残業時間の管理などをCarelyに任せることが可能だ。

従業員の健康情報を一元管理すると、不調者の状況が一目でわかり、Carelyの保健師がチャット相談することで健康改善を促進する。iCAREいわく、Carelyは「人事が抱える煩雑で複雑な業務を4分の1に効率化する」。…

出典: TechCrunch

 

スポンサーリンク