【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年5月31日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月31

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

2年連続で1ケタ成長の物販系EC市場、伸び率鈍化の要因は「価格競争」の可能性

経済産業省が5月16日に発表した2018年の「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」では、2018年における日本の消費者向け物販EC市場規模は前年比8.12%増の9兆2992億円だった。 BtoC-EC市場各分野の市場規模と構成比率(画像は経産省の資料から編集部がキャプチャ) 物販系BtoC-EC市場の伸び率は2016年の10.6%から2017年は7.5%に鈍化。2018年も1ケタ台の伸び率にとどまったことを踏まえ、報告書はその要因の1つとして「EC業界における価格競争の可能性」について考察している。 日本を含む10か国において、ネットと実店舗における価格比較を行った調査結果によると、日本は“ネットの方が安い”率が45%で最も高い。米国は22%。英国、中国はそれぞれ7%、6%。…

出典: ネットショップ担当者フォーラム

「NEET株式会社」代表が教えてくれた“人間の完全形態”に生まれ変わるステップ

頑張れないって、ダメなことですか?…突然失礼いたしました。ライターのほしです。GWの10連休があったせいか、仕事のモチベーションが停滞しています。自分でも「ダメな奴」だってわかっているんですけど…「頑張ろう」って気持ちが起きない…。これってどうしたらいいんですかね?その解決のヒントになったのが、ニートの方々の居場所を作っているNEET株式会社。“頑張れない”ニートの方々が元気に活動しているところに、何か糸口があるかもしれない…そう思って、発起人である若新雄純さんのもとを訪れました。【若新雄純(わかしん・ゆうじゅん)】慶應義塾大学特任准教授・(株)NEWYOUTH代表。プロデューサー。専門はコミュニケーション論。全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や「鯖江市役所JK課」など、実験的プロジェクトを多数企画・実施している。ニュース番組のコメンテーターとしても多数出演「頑張れない」「働きたくない」って思ってしまう若手は、どうしたらいいですか?教えて、若新せんせい!〈聞き手:ライター・ほしゆき〉頑張れない人は「承認の欲求」の終わらせ方を知らない…じゃあどうすれば?ほし:先日、20歳ほど年が離れている上司に「いま頑張らないでどうするの?…

出典: 新R25

アップル、「MacBook」キーボード修理プログラムを拡大–新素材で改良

「MacBook」ユーザーに朗報だ。アップルは、米国時間5月21日に発表したばかりの「MacBook Pro」の新型モデルを含む、すべてのバタフライスイッチキーボードを無料で交換するという。

出典:CNET Japan

配送料の値上げはいつまで続く……宅配大手は収益改善、食品通販・EC業界は大打撃 | 通販新聞ダイジェスト

宅配大手による配送料値上げが止まらない。大手3社はここ数年、適正運賃収受の取り組みを推進。値上げ交渉の進捗を受け、直近となる前期は大幅に収益改善が進んだ。一方、そのしわ寄せを受けるのが、年末など繁忙期に出荷が集中する季節商材を扱う食品通販だ。中には、収益圧迫から事業の終了を決断した企業もある。ネット販売の市場拡大など市場環境の変化を受けて起こった値上げのトレンドはいつまで続くのか。 クール便「おいしい商売じゃない」 ヤマト運輸は17年10月、基本運賃の値上げを実施した。佐川急便、日本郵便の2社もこれに追随。以降、「適正運賃収受」を名目に配送料値上げの傾向は続いている。そもそも「適正運賃」とは何か。 平均単価の推移 宅配便個数の推移 …

出典: ネットショップ担当者フォーラム

TSUTAYA、月額定額制の「Tマガジン」をスタート–月額400円で約400冊が読み放題

TSUTAYAが月額定額制の雑誌読み放題サービス「Tマガジン」をスタートする。対象雑誌は約400冊。週刊誌、ファッション誌、ビジネス誌はもちろん、鉄道、将棋、釣り、健康など、趣味性の高い雑誌までを取りそろえる。

出典: CNET Japan

第9回 Tableauで年齢層別交通事故発生件数 平成30年(2019/5/22)

高齢者の事故が話題になる中、実際にどの年齢層で交通事故の発生件数が多いのかをTableauで図表化してみた。

出典: #Tableauタグ

@masa77707 Masa Tadokoro / 田所雅之

多くの人はProductの一部として UX/Marketingがあると考えている この考え方が有効だったのは 2010年代初頭まで 今後は UXを全体最適させるために MarketingとProductを活用するという 捉え方の方がうまくいくpic.twitter.com/0j0GxukH0F

出典: @ryodan23

@ryodan23 梁原 立寛🛋オフィス家具EC Kagg.jp

たしかに2人と3人では大違いやもんなぁ! / 1on1にファシリテーターを加えた「鼎談(ていだん)」のススメ – 宮田昇始のブログhttps://blog.shojimiyata.com/entry/2019/05/21/100657 …

出典: @ryodan23

BASEと筑邦銀行が業務提携、ネットショップの起業を支援

BASE(株)は20日、(株)筑邦銀行グループの(株)ちくぎんテクノシステムズとの間で、Eコマースビジネス支援を中心とした業務提携を開始した。  ちくぎんが「BASE」を地域の顧客に紹介 今回の業務提携では、ちくぎんテクノシステムズが「BASE」を地域の顧客に紹介し、BASEがネットショップの立ち上げや起業を支援。BASE協力のもと、ネットショップ開設セミナーや、開設後の集客・販売支援セミナーを開催する。  BASEが運営するネットショップ作成サービス・ショッピングアプリ「BASE」では、Eコマースの利点を活かしたビジネス推進と、地域名産品の販売支援・起業支援を行っている。「BASE」の出店ショップのうち8割は、自ら商品を企画・生産・製造している、あるいは自社ブランド立ち上げの一環として利用している事業者。インターネットで誰でも簡単にネットショップの作成と運営ができるサービスのため、場所や時間にとらわれることなく、商品の販売活動を行うことができ、現在、全国47都道府県でビジネスが展開されている。  「BASE」は今回の連携を通じて、自営業やパラレルワークなどさまざまな働き方をサポートし、地域の名産品を広めるビジネスを支援していきたいとしている。 「BASE」はネットショップ作成とショッピングアプリ ネットショップ作成サービス「BASE」は、「お母さんも使える」がコンセプトのネットショップ作成サービス。決済機能、おしゃれなデザインテンプレート、トランザクション解析ツールなどネットショップの運営に必要な機能を備えている。  ショッピングアプリ「BASE」は、500万ユーザーが利用するスマートフォンアプリ。トレンド/ファッション/インテリア/エンタメ・ホビー/コスメ/家電・スマホ/スポーツ・レジャー/食品・飲料(野菜や果物などの農産物/肉・魚などの生鮮食品も含む)など幅広いジャンルの商品を購入することができる。  ■ネットショップ作成サービス「BASE」  ■ショッピングアプリ「BASE」

出典: 通販ニュース

「悩みに答えるノート術」が世界中でウケる理由 NY生まれ「バレットジャーナル」とは何か | 読書 | 東洋経済オンライン

デジタル時代にもかかわらず、世界中でファンが誕生しているノート術がある。「Bullet Journal(バレット…

出典: 東洋経済オンライン

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月31