【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年5月26日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月26

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

創業来初の減収、TV通販最大手ジュピターショップチャンネルの売上高2.3%減の1593億円[2018年度]

24時間365日生放送のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」を運営するジュピターショップチャンネルの2018年度(2018年4月~2019年3月)売上高は前期比2.3%減の1593億円だった。 ショップチャンネルの2017年度売上高は前の期比5.3%増の1631億円で、創業来21期増収を続けていた。 2018年度の売上高推移は、上半期がやや低調だったという。下期に入り、11月の大型イベント「心おどる、大創業祭」以降は売上高が回復基調に。3月の大型イベント「春いち!大感謝祭」が好調に推移し、第4四半期(2019年1月~3月)の売上高は前年同期対比で大きく伸長したという。 2019年度は中長期的な視点での事業成長を見据え、“原点回帰徹底期間”と位置付ける。主要顧客である「大人の女性」に選ばれる商品・番組を開発し、多様化するライフスタイルに対応するためのコンタクトポイントを通じ商品を提供するとしている。.

出典: ネットショップ担当者フォーラム

新規事業はHIROにプレゼン。LDHが挑む芸能人の“パラレルキャリア”“第2の人生”問題

EXILEを抱えるLDHは、アーティストの“キャリア”を考え、さまざまな側面からビジネスに活かしていく。LDHの人材育成戦略とは?

出典: BUSINESS INSIDER JAPAN

【Viz】ジャパンディスプレイのBS,PL

JDI、5年連続の最終赤字 再建綱渡り続く経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)が15日発表した2019年3月期の連結決算は、最終損益が1094億円の赤字(前のwww.nikkei.comジャパンディスプレイのニュースが出ていましたね。決算資料を見て、BS, PLをViz化してみました。

出典: #Tableauタグ

アイデア×テクノロジーで新しい体験を創造する/電通が採用を強化する「デジタルクリエーティブ」職とは

電通は、2019年4月入社の新卒採用において「デジタルクリエーティブ職」という新しい職種の採用を開始した。これは時代の変化にあわせた採用の新しい形であり、今までの広告の形にとらわれず、デジタルやテクノロジーと斬新なアイデアを掛け合わせた「新しい体験」を創造できる人材を育てていきたいという、電通の思いを込めた取り組みだという。同社・CDC所属の保持壮太郎氏に、デジタルクリエーティブ職とこれからの広告業界について聞いた。

出典: MarkeZine:新着一覧

“家に住まない”が目的じゃない。アドレスホッパーの先駆者が伝えたい本当のメリット

約1年前に、「家に住まない男」として紹介した市橋正太郎さん。2017年12月末に賃貸マンションを解約し、最小限の荷物をスーツケース1つにまとめ、ゲストハウスやホテルを転々とする生活を始めています。新R25では、彼の生活をいち早くキャッチし、その魅力を掘り出しました。その結果、「新しいライフスタイル」として話題となり、市橋さんは『AbemaPrime』(AbemaTV)や『マツコ会議』(日本テレビ)などに呼ばれるほどに。出典 https://r25.jpそんな彼は現在、勤めていた会社を辞めて、このライフスタイルを広める活動しています。NHKでも紹介されたことで、筆者のまわりでも「アドレスホッパーをやってみたい!」という人の声を聞くようになりましたが…改めて読者視点に立つと、「本当にアドレスホッパーで1年以上生活していけるの?」「無理してない?」という疑問も…。再度彼に取材を申し込んでみると、本人からも「アドレスホッパー」について語らせてほしいとのこと。「アドレスホッパー」に興味を持っている人はもちろん、ちょっと偏見がある人も彼のメッセージに耳を傾けてください!〈聞き手=ほしゆき〉【市橋正太郎(いちはし・しょうたろう)】一拠点にこだわらず移動を続ける「アドレスホッパー」の実践者であり、Address…

出典: 新R25

「『漫画でわかるキングダム』を作るべき」けんすうと考える“遊びはしんどい”の解決法

「これからは、遊びが仕事になる時代だ」。『多動力』(堀江貴文著、幻冬舎刊)をはじめ、売れているビジネス書にはこんなことが書かれていることが多い。しかし同時に、「最近の若者は遊ばない」なんて言われることも…。もしかして、「遊びを仕事にする」は限られた一部の人にしかできない特権なのでしょうか…!?昨日公開の前編に引き続き、後編では、起業家・けんすうさんに動画やオンラインサロン、漫画など、さまざまな遊びコンテンツを分析していただきました。〈聞き手=長谷川リョー〉【けんすう(古川健介)】1981年生まれ。19才で学生コミュニティ「ミルクカフェ」を立ち上げ、大学在学中にネット企業の社長に就任。2006年、リクルートに入社。2009年に退職し、nanapi代表取締役に就任。2018年にはアル株式会社を設立し、2019年1月に漫画情報Webサービス『アル』をリリース【聞き手:長谷川リョー(はせがわ・りょー)】1990年生まれ。株式会社モメンタム・ホース代表取締役/編集者。新卒でリクルートホールディングスに入社後、2016年に独立。ビジネス・テクノロジー領域を中心に数多くのベンチャー経営者や最先端で活躍する研究者やクリエイターへ取材・執筆を重ねる。『SENSORS』編集長、『FastGrow』CCO。編集協力に『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文、落合陽一共著…

出典: 新R25

iPhoneやiPadでアプリをApp Store経由でしか入手できないのは独占禁止法違反…?

なにかが変わる? 基本的にiOSユーザーはApp Storeから、AndroidユーザーはGoogle Play Storeから、アプリを入手してインストールします。Androidスマートフォンやタブレットには、ほかの方法でも簡単にアプリを追加可能です。要はAPKファイルさえ手に入れられれば、別にGoogle Play Storeを経由せずとも、わりと単純にアプリをインストールできます。でも、iP…

出典: ギズモード・ジャパン

マンション新常識、「上がる物件」「下がる物件」の差はここで決まる

2019年に入って、マンション市場の二極化が鮮明になってきた。もはや首都圏の新築マンションはこれ以上の値上げは難しく、下落の可能性が高まっている中、上がる物件、下がる物件の差が明確になって二極化がいっそう進行することは間違いない。では、その差はなにで決まるのか。じつはその「正解」はもうわかっている。最寄駅からの徒歩距離、戸数、階数……選び方を間違えると大損しかねない。その新常識を紹介しよう。

出典: 現代ビジネス | 講談社

亀田誠治が誰よりも本気で「音楽教育」に注力するこれだけの理由

平成から令和へと、新たな時代が幕を開けた2019年。およそ30年前に生まれた「J-POP」という言葉と共に移り変わってきた日本の音楽シーンは、今、どこに向かおうとしているのだろうか? 音楽プロデューサーの亀田誠治さんに話を聞いた。

出典: 現代ビジネス | 講談社

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月26