【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年5月23日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月23

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

イチローが「頭を使わない野球」を危ぶむ理由 データばかりに頼る野球界に未来はあるのか | インターネット | 東洋経済オンライン

イチロー氏が、野球選手として現役を引退することを発表してからおよそ1カ月余り。今は、プロ野球(NPB)

出典: 東洋経済オンライン

【揺れる景表法⑥ 二刀流の是非を問う】 ちぐはぐな「一体的運用」、景表法と健増法、処分に天地の差

消費者庁が発足し、表示規制の各法が集まった弊害が「重畳」、規制の重複だ。各法律で規制対象や罰則が異なり、同じ違反行為でも処分の軽重が発生など法の下の平等に反する事例も起こる。規制サイドは複数の法律を巧妙に使い分け、「規制のための規制」が進行する危険性も高まる。特に健康食品の表示では、これがすでに現実だ。                                                                            ◇  「右手に景品表示法、左手に健康増進法。表示対策課は二本の刀を都合良く使い分けている」。公取委OBは食品の表示規制が二刀流となっていることに警鐘を鳴らす。 景表法は、「優良・有利誤認」、健増法は食品について「著しく事実に相違する表示」、「著しく人を誤認させる表示」を規制するが、対象や罰則は異なる。

出典: 通販新聞社

サブスクにいくら使ってる?見える化して一括管理できるスマホアプリ2つ

契約しているサブスクリプションサービスを手中で管理できるiOSアプリ「Bobby」とAndroidアプリ「Subscriptions」をご紹介。カラフルなリスト形式ですべてのサービスが一覧できて、リマインダーを設定すれば年額制のサービスの支払いも意識できそうです。

出典: ライフハッカー[日本版]

AI時代へ向けて育成すべきはAI人材か?

今年3月に政府のAI戦略が年間25万人を目標にAI人材を育てるとぶち上げたのに続いて、教育再生会議が全ての大学生がAIなどの基礎的な素養を身につけられるように標準カリキュラムを作成することを提言した。ガートナーが2017年1月に産業界で2020年末時点で30万人以上のIT人材(原典を確認したところAI人材ではなかったようですね)が不足するといったらしいのだが、今からカリキュラムをいじったところで2030年くらいにならないとAIネイティブな新入社員は入ってこないし、その頃まで深層学習が流行っているのか、NVidiaが残ってるのか、PythonやTensorFlowが広く使われているのか、GAFAがどうなっているかなんてさっぱり見当がつかない。残念ながら私たちは2010年代に深層学習の実用化の局面で米国に負けたのであって、いまから教育をいじるといったって泥棒を捕らえて縄を綯うような話である。どんなに政府がイキったところで、教えられる教員が急に増える訳でもなく、中途半端な理解の教員がにわか勉強のデータサイエンス教育を学生に披瀝したところで、データサイエンス嫌いを量産することになりかねない。最近も久々に寄った文壇バーの学生店員さん(理系学部ではない)から私がIT関係と知るや「RとかPythonが大嫌いなんですけど、何であんなの急に教えるようになったんですか」と話しかけられて、AI教育のビッグウェーブが現に学生たちのキャンパスライフを変えているんだな、にわか仕立てのAI教育を教える方も受ける方もかわいそうだと同情を禁じ得なかった。

出典: #スタートアップ 記事まとめ

Amazonレビュー、高所得層ほど悪いレビューを重視か

デジタルショッパー総合研究所が17日発表した「Amazonモール内購入レビューに関する調査」によると、年収600~800万円の世帯はポジティブレビューを参考にし、年収1500~2000万円の世帯は、ネガティブレビューを最も気にしていることが分かった。Amazonレビューに対する世帯年収別信用度トップ・ワースト3(デジタルショッパー総合研究所資料より抜粋)  同調査は、全国の20~69歳の男女500人を対象にしたインターネット調査(調査機関:マクロミル)によるもので、調査期間は18年12月21日~23日。Amazonレビューの信用度を「全体的に信用」「購入者のみのレビューを見る」「良いレビューを見る」「悪いレビューを見る」の4つに分け、5段階評価でスコアリングを行っている。 中所得者はレビューを信用、衝動買いは少なめ その結果、レビューを全体的に信用し、悪いレビューはあまり見ないのは「世帯年収600~800万円」(ポジティブスコア:41.93%)であることが判明。逆に、悪いレビューをよく見て、全体的にレビューは信用していない傾向が見られたのは「世帯年収1500~2000万円」(ネガティブスコア:50.15%)だった。  さらに、各世帯年収別に衝動買いをする頻度の調査を行ったところ、「世帯年収600~800万円」の世帯が「全くしない」(14.08%)、「あまりないがたまにする」(38.03%)と衝動買いに慎重な姿勢だったのに対し、「世帯年収1500~2000万円未満」の世帯では、「週1回以上ある」(33.33%)、「2~3週間に1回程度ある」(22.22%)と、衝動買いの頻度が最も高いことが分かった。Amazonの世帯年収別衝動的検索行動(デジタルショッパー総合研究所資料より抜粋) 中所得者は「高い評価」に、高所得者は「低い評価」に不安 また、Amazonで不安になる、躊躇(ちゅうちょ)するレビュー点数については、買い物に慎重な「世帯年収600~800万円」の世帯が「4~5点未満」(6.58%)、「3~4点未満」(22.81%)と高い点数に不安を感じるのに対し、比較的動的に買い物をしている「年収1500~2000万円未満」の世帯では、「1~2点未満」(23.08%)、「1点未満」(3.85%)と、低い点数に不安を覚える傾向があることが分かった。 Amazonレビューの点数に対しての年収別不安度数(デジタルショッパー総合研究所資料より抜粋) ▽関連記事■消費購買行動分析の調査機関「デジタルショッパー総合研究所」設立

出典: 通販ニュース

代替食品のImpossible、ハンバーガーの次は植物由来のソーセージ

今年は Impossible にとって大きな年になりそうだ。サンフランシスコ・ベイエリアの食品スタートアップは、植物由来のハンバーガーで今年業界に参入した。そしてBurger King(バーガーキング)での販売が発表された先週、3億ドルの調達ラウンドを完了した。 この会社の次期製品については、植物由来代替肉の世界に詳しい人にとって驚きではないだろう。Engadgetが同社のレッドウッドシティ本社の裏側で見つけたImpossibleメニューはソーセージだった。 話の流れからして、(イミテーション血液も含めて)そのソーセージが同社のハンバーガーパティと同じ材料で作られている可能性は高いと思われる。実際には、材料の配合は異なり、ジャガイモのタンパク質は完全に除去されている。同社は数多くの異なるレシピを開発中で、そのほとんどが同社の「プラットフォーム」製品を再構成したものだ。モジュールメニューだと考えてもらってもいい。なんといったって、いくつかの中心となる同じ材料をローテーションする方法はTaco…

出典: TechCrunch Japan » TechCrunch

6,000円の新型「Amazon Fire 7」出た。しかも、Alexa対応! いいんですか、そんなに!

Amazon(アマゾン)から新型タブレット「Fire 7(Newモデル)」が登場しました。

出典: ライフハッカー[日本版]

現代マーケターに必要なのは、歴史を大局的に見ること【花王廣澤氏×NHKエンタープライズ丸山氏対談】

花王のマーケター・廣澤祐氏が、業界のキーパーソンたちと対談する本連載。今回のゲストは、『ニッポンのジレンマ』や『人間ってナンだ?超AI入門』『ネコメンタリー猫も、杓子も。』『地球タクシー』、さらに『欲望の資本主義』『欲望の時代の哲学』など、異色の教養ドキュメントなどを手掛けるプロデューサー、NHKエンタープライズの丸山俊一氏を迎える。番組制作のプロデューサーとマーケターには、「社会のコンテクストを読む仕事という共通点があるのでは?」と考えた廣澤氏。テレビマンとして30年以上のキャリアを持つプロフェッショナルとの対談から、マーケティングへのヒントを探っていく。

出典: MarkeZine:新着一覧

オンワードのEC売上は26%増の255億円、直営の割合は7割超&3か年計画の施策

オンワードホールディングスの2019年2月期におけるEC売上高は、前期比25.8%増の255億円だった。国内売上高は同24.2%増の238億4500万円、海外売上高は同24.2%増の16億5500万円。連結売上高に占めるECの割合(EC化率)は10.6%で、前の期と比べて2.3ポイント高い。 EC事業における直営ECサイトの売上比率は76%。グループのオンワード樫山に限ると直営ECの比率は85%を占めている。 ECサイト「ONWARD CROSSET(オンワード・クローゼット)」のアクセス件数と購入者数は、どちらも前期比35%増と大幅に伸長。一方、セールを拡大した影響で客単価は下落した。 2019年11月にリニューアルしたオンワード公式アプリのダウンロード(DL)数は、3か月間で18万DLだった。2018年11月から2019年2月におけるアプリ経由の売り上げは、計画を20%上回って推移したという

出典: ネットショップ担当者フォーラム

 

 

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月23