【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年5月16日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月16

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

 

ジャパネットグループの接客力を支える社内教育の裏側 | 通販新聞ダイジェスト

通販事業者にとって最も強化しなければならないことの1つが「顧客応対」だ。日々、顧客から寄せられる受注、問い合わせにいかに的確に対応できるか。この出来不出来は売り上げや顧客満足度に大きく関わってくるわけで当然ながら通販実施企業が重要視しなければならないわけだ。ジャパネットグループでは“質”と“量”の両面を強化することで着実に顧客応対の品質を高めており、これが昨今の好調な業績を下支えしている一因となっているよう。同社の顧客応対品質の向上策について見ていく。 通販大手のジャパネットたかたのコールセンターには1日平均で約2万2000件、最も多い日には33万7000件、年間トータルでは880万件超の入電があるという。これらの顧客応対を支えるのはジャパネットたかたの受注業務などを行うグループ会社のジャパネットコミュニケーションズに所属する約1200人のオペレーターたちだ。…

via ネットショップ担当者フォーラム

本当にお客様は神様なのか…?客の「迷惑行為」驚愕の最新事例

店員の一挙手一投足が批判の対象になる時代。次第に増していく客の横柄さは、歯止めが利かないところまできている。もはや「スゴい」以外の感想すら持ちえないほど、「お客様」たちは暴走を続ける。

via 現代ビジネス | 講談社

消費増税は、真面目なサラリーマンにこそ有利に働く

10月1日に予定される消費増税には、反対の人も多いだろう。しかし、それはサラリーマンにこそ有利に働くと、元マルサの税理士で『国税局査察部24時』(講談社現代新書)の著者・上田二郎氏は言う。それはなぜか?

via 現代ビジネス | 講談社

勝つために厳しくは必ずしも結果に直結しない ペップトークの活用でチームは劇的に変わる

「ペップトーク」をご存じでしょうか? プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手を大躍進させた元コーチの…

via 東洋経済オンライン

投薬治療を保障、日本初「おくすり保険」の思惑 激化する「代理店チャネル」めぐる販売競争 | 金融業界 | 東洋経済オンライン

大手生命保険会社が、自社の営業職員経由ではない「代理店チャネル」での保険販売を強化している。主戦場…

via 東洋経済オンライン

 

「新R25」が動画広告メニューを提供開始 PR動画の制作~配信までを一気通貫で実施

via MarkeZine:新着一覧

 

数字が如実に語るゾゾとメルカリ「本当の実力」 ネットビジネスで重要な数字は何か

オンラインビジネスに苦手意識がある人は、いまだに多いはず。しかも、彼らが使っている言葉には専門用語…

via 東洋経済オンライン

あなたの部下が「報連相」しない本当の理由 なぜ情報が思うように上がってこないのか

「部下からの報連相(報告・連絡・相談)が思うように上がってこない」――。講演や研修を通じて、たくさ…

via 東洋経済オンライン

学級担任を廃止して「学年担任制」に――公立中学校長の改革

なぜ麹町中学は学級担任を廃止したのだろうか――。真相に迫る。

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

メルカリ、3Q累計で73億円の最終赤字 メルペイなどに“戦略的投資”

メルカリが2019年6月期第3四半期の連結決算を発表。売上高が前年同期比43.0%増の373億7800万円、営業損益が59億8100万円の赤字、最終損益が73億4100万円の赤字と増収減益だった。米国事業やAI人材の採用、スマホ決済「メルぺイ」への投資がかさんだ。

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

共感の時代のダイレクトマーケティング・クリエイティブ【第1回】

インサイト型クリエイティブの時代背景   はじめまして。通販事業の総合支援を行っている「株式会社プランクトンR」代表の、大久保悠祐と申します。これから全4回にわたり、ダイレクトマーケティング成功の鍵を握る、クリエイティブに関するコラムをお届けします。その皮切りとなる第1回にご紹介するのは、各時代にわたるダイレクトマーケティングの変遷。そして、今この時代に必要なインサイト型クリエイティブです。まずは商材や媒体、そしてクリエイティブが、現在に至るまでにどのような進化を辿ってきたのかを、ここで改めて整理してみましょう。第Ⅰ世代~ニッチ商材の機能・効能訴求~  2000年以前のダイレクトマーケティングは、健康器具など、比較的嗜好性が高いニッチ商材が中心でした。当時はまだインターネットの普及が進んでおらず、広告を掲載するのはテレビや新聞、雑誌、チラシなどのオフライン媒体が主流。すでに悩みが顕在化しているターゲットに対し、「信じられないほど痩せる」「これで20歳若返る」など、機能や効能をストレートに訴求するクリエイティブが多く見受けられました。短期的かつ効率的にレスポンスを取る考えが、この時代は一般的だったと言えるでしょう。第Ⅱ世代~オンライン媒体による効率化~

via 通販新聞社

【揺れる景表法⑤ 「消費者庁」という迷宮】 一体感欠く組織、表対課の「独善」で進む執行強化

「不実証広告規制」は創設当初の「効果・性能」への限定運用から、「注文数」「業界最大手」などと一般表示へも拡大を続ける。「ぼんやり」等の暗示表現に合理的根拠を求めるに至り、トンチの域に入る。暗示の根拠を示せる訳はなく、暗示で消費者の著しい優良誤認が生じるとも考えにくい。取締りの予見性も失われ、「表現の自由」とも鋭く対立しよう。混乱は、「迷宮」とも言われる消費者庁の体制にも一因がある。                         ◇  消費者庁の創設は2009年9月、今年で10年目となる。自由民主党の政治主導で発足が決まるが、折しも民主党への政権交代が重なり、初代の担当大臣には、社会民主党の福島瑞穂党首(当時)が就任した。各省庁から表示や安全に関する29の法令を移管し、職員は主に出向による混成部隊となる。

via 通販新聞社

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月16