【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年5月12日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月12

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

【新入社員の皆さまへ】圧倒的な結果を残す人間は三種類しかいない

はじめに 結果を残す三種類の人間 パターン1:人生の総エネルギー量が高い パターン2:先天的な知能指数が高い パターン3:人生の戦略性が高い 結論:凡人は人生の戦略性を高めるしか方法はない はじめに 10日間あったGWも最終日となってしまいました。早いものですね。実はSCOUTER社にも4月に新入社員が3名入りまして、簡単な研修を行いました。研修と言っても、一週間のみで主な内容はSCOUTER社で活躍するためにはどんな考え方で挑めばいいのかみたいな内容がほとんどでございます。その中でタイトルの内容を話しました。圧倒的な結果を残す人とはどんな人かという話です。スタートアップに入りたいと思う人たちは成長したいという気持ちが強いです。なぜ成長したいのかと言えば、何かしらの結果を出したいからだと思います。その結果はお金が欲しいでも、事業を創りたいでも、モテたいでも何でもいいのですが、とにかく人よりも優れた結果を出すために成長したいと考えているわけです。なので、目的としては何かしらの結果を出したい訳で、成長したいはその手段であると勝手に理解しております。ということは成長する方法よりも結果を出す人について理解した方がゴールに近づきます。そこで山田が会社を始めてから5年少々の間、観察した結果を行き着いた結論をまとめます。…

via 人事を尽くす企業のCOOブログ

小1起業家 ~900円借金して、コーヒー屋を家庭内起業~

これは、小1の息子がおこづかいを増やしてポケカを買うためにとった行動が結果的に、彼にとって「数字/お金/仕事」の学びにつながった話です。1:おこづかい講座続きをみる

via #スタートアップ 記事まとめ

「週休3日制」のメリットは? ホントに実現できるの? “休息の専門家”に聞いてきた

記事提供:サイボウズ式「週休3日制は、人間が働くのにちょうどいいバランスなんです」アレックス・スジョンーキム・パンさんはこう話します。パンさんは、レストフル・カンパニーの創業者で、米スタンフォード大学の客員教授です。AIをはじめとするテクノロジーの進化により、人間の働き方が大きく変わることが予測される一方、人手不足問題を抱える日本の「働き方改革」はまだ始まったばかり。今後、「働き方」はどのように変わっていくのでしょうか?  週休3日制のメリットや、実際に導入するためのポイントを聞きました。週休3日制なら、いい仕事をしながら自由な時間も手に入るアレックス:まず、週休3日制を推奨する理由を教えてください。総労働時間を減らすのが目的なら、たとえば週休2日のまま、1日4時間勤務でもいいのではないでしょうか?パン:何事も一歩一歩です。100年前の経済学者たちが、将来的には週15~20時間労働が実現するだろうと考えていたように、いつか1日4時間勤務を実現できるかもしれません。でも、現実問題として今のところは難しいですよね。【アレックス・スジョンーキム・パン】レストフル・カンパニー代表、米スタンフォード大学客員研究員。米ペンシルバニア大学院にて科学史を専攻し、Ph.D取得。著書『シリコンバレー式よい休息』で、クリエイティブな人々の人生にとって、休息がいかに重要であるかについて論じているパン:多くの人にとって、週休3日はちょうどいいバランスなんです。いい仕事をしながら自由な時間も手に入る。このバランスは、フレックスワーク(*1)の仕組みにはあまりないものです。(*1)フレックスワーク:労働開始時間や終了時間や働く場所を、従業員が柔軟に選べる制度フレックスワーク制度がストレス軽減につながるとは限らないアレックス:ワークライフバランスを求める人にとって、フレックスワークはありがたい制度のように思えますが。パン:フレックスワークは、しかるべき方法で、社内で広く使われるのであれば、非常に有効です。でも、米国と英国における最近の研究で、思わぬ結果が明らかになったのです。アレックス:思わぬ結果…パン:1つは、フレックスワーク制度を使う人が少ない場合は、フレックスワークを選ぶ人に対して、文化的ペナルティが与えられるということです。具体的には、おもしろい仕事は与えられず、出世も遅くなるということです。また、21時まで会社にいる人に比べて、「仕事に打ち込んでいない」と考えられるふしがあるのです。アレックス:労働時間が長い人のほうが「仕事熱心」で、「仕事中心の生活を送れる人」と思われてしまうということですね。パン:そうです。もう1つのマイナス点は、特に子どもを持つ女性に、かなりのストレスがあることです。生物学的数値でストレスを測定する研究が先日発表されました。全般的な結論は、2人の子どもがいて、柔軟な働き方をしている女性のストレス値は、子どものいない男性に比べて40%、子どもが1人いる女性よりも20%高いということがわかっています。フレックスワークがストレス軽減につながる証拠は、不十分だということです。パンさんは、著書『シリコンバレー式よい休息』で、労働と休息の関係性や、創造性を発揮するうえで休息が果たす役割について論じている。パン:フレックスワークをするには、ほかのメンバーとの調整に多大な労力を割かなければならないんですよね。同僚への情報共有の責任がありますし、仕事を滞らせないことを証明しなければいけません。アレックス:たしかにスケジュールを調整するために、同僚と交渉もしなければなりませんね。パン:この心理的な苦労は何重にも入り組んでいます。でも、週休3日制の場合は生じません。なぜなら、たいていみんなが月~木でオフィスにいるからです。アレックス:週休3日制の場合でも、何かしらの調整が必要なのでは?パン:週休3日制の導入によって、会社全体で達成しなければならない課題はあります。でも、経営状態のいい企業は、結果、予想外のコストが発生するどころか、利益を得ることができます。アレックス:成功した会社はどのような利益を得たのでしょう?パン:広告業界は徹夜や夜中までの過重労働が伝統みたいなものですが、私が見た広告代理店の多くには、社員が20%の労働時間を削減しながらも、これまで通りクライアントを離さず、新規顧客も獲得していました。労働の質に加え、クライアントとの関係の質も上げられたんです。週休3日制がいかに有効か、決定的に証明していますよね。アレックス:いいことづくしだったんですね。パン:従業員が最大1000人規模の企業を約100社研究した結果、この利益はどの会社にも見られました。しかし、サンプル数は決して多くありません。業界や企業の規模によって、結果が異なるかどうかはまだ断言できません。週休3日制を成功させる3つのポイントアレックス:週休3日制を実現するためには、どのような工夫が必要ですか?パン:週休3日制のために会社がすべきことは3つです。(1)効率よくミーティングをすること。(2)1日をリデザインして、集中できるまとまった時間を確保すること。(3)テクノロジーをうまくコントロールすること。アレックス:詳しく教えてください。パン:まず(1)について、会議の時間を短時間にする必要があります。全員出席の1時間の会議なんてやっている場合ではなくて、数人の重要なメンバーが10分ほど打ち合わせるようなスタイルにしなきゃいけない。アレックス:短時間にする分、密度の濃い会議にする必要があるんですね。パン:(2)は、1日の計画を立てるということ。午前中は最重要タスクに集中して、ミーティングは短いものだけにする。クライアントとのピッチやそのほかのミーティングは午後に回す、というようにね。こうすることで、社員一人ひとりが集中する時間を3、4時間確保できます。アレックス:生産性を上げるために、時間の使い方をデザインする、と…パン:その通りです。(3)についてですが、テクノロジーはとても重要な要素です。テクノロジーのおかげで、今やメールやSlackをいつでもチェックできます。しかし、どれほどの時間を使い、何について、誰がコミュニケーションすべきなのか、しっかり考える必要があるでしょう。アレックス:いつでもどこでもチェックできる分、自己管理が必要なんですね。パン:(1)~(3)を実践した人々からは、高い満足度を得ていることも報告されています。だれもが、時計が17時を回った時に「そういえば今日、何をしたっけな?」なんて考えたことがありますよね。そんなことが起こらないように1日をデザインすれば、みんなもっとハッピーになるんですよ。IIH…

via 新R25

 

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201905月12