【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年4月23日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201904月23

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

”治らない薬”が一番いい!?医師が明かす製薬業界「不都合な真実」

<「薬を飲んで、病気を治す」というのが、一般の方が抱きがちなイメージだが、残念ながらそれは多くの場合で間違いだ。ほとんどの薬は、病気を完治させるほどの効果はなく、病状を多少改善させる程度の力しかない。ところが医療業界では、そのような「そこそこ有効性があるが病気は治らない薬」であるほど、かえって製薬会社の利潤につながる構造がある>現役医師の衝撃レポート

現代ビジネス| 講談社

視聴率20%たたき出す「鹿児島最強番組」の中身視聴率三冠王・南日本放送は何がスゴいのか| メディア業界| 東洋経済オンライン

「迷いインコを探しています」――。鹿児島のMBC(南日本放送)ラジオの番組ではしばしば、行方不明にな…

東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

小銭不要 キャッシュレス決済に対応したカプセルトイ自販機、都内で稼働

バンダイがキャッシュレス決済に対応したカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」を展開する。Suicaなど交通系電子マネーの読み取り機と5台のカプセルトイ自販機をセットにしてJR池袋駅のKIOSKなどに設置した。

ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

【揺れる景表法③ 「不実証広告規制」の魔力】 根拠なければ違反、抑制的運用から暴走へ

景品表示法が規制する優良誤認は、条文中の「著しい」を「顧客誘引性があること」と東京高裁が判例で示し、実質的に広告表現すべてに広まる。その後、判例の次元を超え、「著しい」の解釈さえも吹き飛ばす「核兵器」が景表法に備わる。それが「不実証広告規制」だ。                          ◇ 想像して欲しい。自分が過去に話し、書いた内容に、ある日警察官が捜査に訪れ、「嘘の疑いがある。証拠を示せ」と命令される。期限は2週間以内。出さない場合、出しても証拠と警察が認めない場合は、法違反とみなし、事案が公表され、罰金を科される。 捜査と裁判、実質的に「警察」「司法」の二つを執行できる強権だ。仮に新聞やテレビの報道内容に、警察が同じ事を行ったら、社会を揺るがすことは必定だ。憲法が保障する「表現の自由」との関係が、大きくクローズアップされよう。…

通販新聞社

発信力、調達力、分析力でヒット商品へ 注目通販各社の「売れる商品」の作り方とは?

通販企業を含む小売り事業者にとって永遠の課題の1つが「商品作り」だ。顧客の心を掴む優れた商品を開発、または仕入れることができるか否かが小売り事業者にとって生命線となる。商品作りの手法は各社によって異なるが、あの手この手で「売れる商品」を生み出そうと模索を続けている。通販企業各社の注目すべき「売れる商品の作り方」を見ていく。

通販新聞社

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201904月23