【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年4月19日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201904月19

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

【100万円プレゼント】まさかの革ボディ。「HP Spectre Folio 13」

革を地でいくノートPC。ギズモードは月100万円の予算で、毎日ガジェットをレビュー!そして、レビューしたガジェットをみなさまにあげちゃいます!今日はこちら。HP Spectre Folio 13 革と一体化しているがPC。革にPCがついているのか、PCに革がついているのかというニーチェ的哲学みを感じますが、まぁPCなんで後者だと思います。普通にPCとしての完成度が高く、12万円ちょいでこの…

via ギズモード・ジャパン

18年度ネット決済代行市場、19%増の2884億円

情報・通信・アウトソーシング分野専門の市場調査機関(株)ミック経済研究所が16日発表した「ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望・2019年度版」によると、18年度のネット決済代行サービス全体の市場規模は、前年度比18.8%増の2884億円となった。    同調査は、国内のネット決済代行サービス事業者を対象に、各社のネット決済代行サービス売上および市場の動向について調査したもの。調査対象は、クレジットカード/コンビニ/電子マネー/ネットバンク/キャリア/振込・ATM/国際決済(外貨・Alipay、Paypal他)/ID決済など。 19年度は前年度比19.6%増の3449億円 これによると、ネット決済代行サービス市場規模は、18年度で2884億円、19年度で前年度比19.6%増の3449億円となる見込み。さらに19年度以降も、EC市場の成長とキャッシュレス化の推進などによって高成長が続くと予測している。  ここ数年で、企業に限らず個人でも簡単にECサイトを立ち上げることができるサービスや、簡単なコードをWebサイトに組み込むだけで導入できる決済サービスなどが増加。大手ECモールの出店無料化なども追い風になり、ECモールに新しく参入する事業者や個人が増加している。  さらに、EC専業の中小規模ショップだけでなく、ECサイトと実店舗の両方を持つ事業者や、直接消費者に販売するメーカー直販サイトなど、ネットを重要な販売チャネルとして注力する企業も増えていることから、決済サービスプロバイダ(PSP)の顧客は増加傾向にある。 決済代行市場はEC化率上昇で高成長を維持 PSP市場は、EC事業者からの価格圧力とセキュリティ投資の増加で、ますます競争が激しくなっており、今後も国内のEC市場は順調に成長することが予想されている。また、EC化率も引き続き上昇が見込まれていることから、ネット決済代行サービス市場はこのまま高成長が続くと予想。19年度から23年度までは年平均成長率16.2%で推移し、23年度には6120億円の市場規模になると同社では予測している。 後払い決済が急成長、今後も高い伸びを予想 その他、同社アナリストが指摘するネット決済代行サービスの動向は次の通り。 決済手段別の構成比は「クレジットカード」が約7割、「コンビニ決済」が約2割を占め、市場の伸びを牽引している「後払い」決済は、認知度が高まり急成長が続いているクレジットカードのように1カ月分まとめて後払いするサービスも登場し、新たな決済手段として高い伸びが予想される  ■ミック経済研究所

via 通販ニュース– 通販通信

「天才マーケターがいるかどうか」では決まらない!BtoBマーケの成否を分ける要因

たった1年で「マーケティングが上手い」と評判になる会社がある一方、数年かけて取り組んでも、なかなか成果を出せずに苦戦している会社もある。その違いは、天才マーケターがいるかどうかで決まるものではない。本連載では、BtoBマーケティングを支援している才流(サイル)代表取締役の栗原氏が、ツールや手法を導入する前に必ず整理しておきたい情報を解説。今回は、BtoBマーケティングの成否を分ける本当の要因を明らかにした上で、成果が出るまで粘り強く取り組みを続けるためのポイントを紹介する。

via MarkeZine:新着一覧

ベンチャー企業の雄・freee佐々木大輔CEOの働き方と金銭哲学

クラウド会計ソフトや人事労務管理ソフトを提供すfreee(フリー)は、ベンチャー界でもいまや大注目株だ。次のユニコーン企業(評価額10億ドル以上非上場企業)とも目されている。「スモールビジネスを、世界の主役に。」を企業ミッションに掲げ,人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。そんなfreeeを率いるのが佐々木大輔CEO(最高経営責任者)、38歳である。佐々木氏の金銭哲学とは?

via 現代ビジネス| 講談社

無料で手描きの線から超リアルな雲画像を誰でもサクッと作成できる「KumoWorks」レビュー

青空の中に浮かぶ白い雲の絵を描くのは非常に難しく、独特の立体感や影の付き方を違和感なく二次元に落とし込むにはかなりのセンスと画力を必要とします。「KumoWorks」はアニメーション制作ツールのオープンソースプロジェクト「OpneToonz」で作られたオープンソフトウェアで、アニメーションの背景美術やイメージボードの制作にお役立ちのツール。絵を全く描けない初心者でも、超絶リアルな雲をめちゃくちゃ簡単に描くことができます。続きを読む…

via GIGAZINE

「インターネットメディア協会」設立27のメディア・企業が加盟し情報の信頼性向上&リテラシー促進へ

via MarkeZine:新着一覧

オープンエイトのAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」に新機能 編集時間を大幅に削減

via MarkeZine:新着一覧

『わたし、定時で帰ります。』はゆとり世代のある問いから生まれた

4月からはじまったドラマ『わたし、定時で帰ります。』の原作者である朱野帰子氏。自らを「長時間労働体質」であるという彼女が、「何のために働くのか」にとことん向き合い辿り着いた、ひとつの答えとは。

via 現代ビジネス| 講談社

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201904月19