【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年4月5日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201904月5

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

目次

今日の厳選トピック記事

【100万円プレゼント】世界で一番いやらしいタブレット「iPad mini(2019)」

現iPad Proユーザーもほしい魅惑のタブレット。 ギズモードは月100万円の予算で、毎日ガジェットをレビュー! そして、レビューしたガジェットをみなさまにあげちゃいます! 今日はこちら! iPad mini でました、いろんな人を虜にした魅惑のタブレットiPad mini。2019年モデルの新型です。もう4年もアップデートされていなかったので、ディスコンかと思いきや、3月の半ばにまさかのアップ…続きを読む

via ギズモード・ジャパン

最近話題になったイケてるWebサービス・アプリ11選(2019年3月編)

2019年も4分の1が過ぎましたが、世間は新元号の発表やエイプリルフール企画で盛り上がっていますね。 そんななか、今回も恒例の「最近話題になったイケてるWebサービス・アプリ」を紹介します。 【過去アーカイブはこちら】 …

via creive【クリーブ】

有利誤認でTV通販大手ショップチャンネルに課徴金納付命令、何が問題だった?

消費者庁は3月29日、40型テレビなどの値引率を過大に宣伝したなどとして、テレビ通販大手のジュピターショッピチャンネルに対して景品表示法に基づき課徴金1534万円の納付を命じた。 消費者庁によると、同社は2017年3月に放送した「ショップチャネル」の番組内で、40型テレビの販売価格について「<51%OFF>明日以降 ¥224,640 ¥107,900」と宣伝していたが、「明日以降」と表示した販売価格を適用したのは、放送後3日間のみだったという。また、セール中の販売価格と同額程度や、安い価格の商品が複数存在していたとしている。 2016年12月に放送された通販番組では、ズワイガニの割引率を過大に表示していたという。 消費者庁は、ジュピターショップチャンネルが割引率を過大に宣伝した行為について、景品表示法の「有利誤認(商品・サービスの価格や条件などについて不当表示を行うこと)」に該当すると判断。不当表示によって得た売り上げの3%に当たる1534万円を、課徴金として納付するよう命じた。…

via ネットショップ担当者フォーラム

雑な採用面接を増やした「就活サイト」の功罪 大企業の採用倍率が「2千倍」に膨張した理由 | 就職・転職 | 東洋経済オンライン

なぜ多くの企業は学生たちに対して、面接で「粗雑な対応」をせざるをえないのか? その歴史背景を組織人…

via 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

新書の企画会議に潜入してわかった、ベテラン編集者の「企画発想法」

ひょんなことから、現代新書の編集部に少しだけ出入りしている女子大学院生の私、人呼んでナナ。今回は特別に、現代新書の企画会議に参加させてもらった。面白い企画がたくさんあったけど、編集者の人たちは、一体どうやって企画を考えているのだろう——?

via 現代ビジネス | 講談社

【期間限定】最大3,000Amazonポイントをプレゼント。Audibleの「聴けば聴くほどポイントキャンペーン」開始!

Amazonアソシエイトプログラム(アフィリエイト)をご利用の皆さま、こんにちは。 Amazonの関連会社であり世界最大級のボイスブック配信サービスである Audible(オーディブル)は、「聴けば聴くほどポイントキャンペーン」を始めました。Audible会員の無料体験に登録し、月末までに本を聴いた日数に応じてAmazonポイントが獲得できます。チャンスは最大3か月間、プライム会員なら最大3,000ポイント、 アマゾンのお客様は最大1,500ポイントまで。 この機会に皆様のソーシャルメディア、ブログ等にてぜひご紹介ください。 キャンペーン期間: 2019年3月26日(火)00時00分から2019年5月8日(水)23時59分(日本時間)まで Amazonポイント獲得について: …

via Amazon アソシエイト・プログラム(アフィリエイト) 公式ブログ

総務省はなぜ「分離プラン」を徹底させたいのか? 電気通信事業部長に聞く

2019年のモバイル業界は、通信料金と端末代金を分けた「分離プラン」によって変わろうとしている。分離プランでは、通信契約を伴う端末代金の割引や、端末購入に伴う通信料金の割引が禁止となる。総務省が分離プランを推進する狙いはどこにあるのか?

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

「100年に1人の逸材」が変える「100年に1度のAI革命」

AIを活用したいが、上層部の理解を得られず難しい――そんな組織の壁を突破するにはどうすればいい? 大きな変革を得てV字回復を遂げたプロレス業界に学んでみよう。

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

「おいしいお惣菜」販売でブレイクスルーした会社社長のスゴイ着眼点

企業から月額料金を受け取ってオフィスに日持ちのいい惣菜を置き、社員に1品100円と安価で販売するサービス「オフィスおかん」が人気だ。既に全国1500社が導入するが、おかんの沢木恵太社長(33歳)は「当社の事業は食品の販売業ではありません」と話す。

via 現代ビジネス | 講談社

【100万円プレゼント】開封、生まれ変わった「iPad Air」

多分みんな今日から届いてる? ギズモードは月100万円の予算で、毎日ガジェットをレビュー! そして、レビューしたガジェットをみなさまにあげちゃいます! 今日はこちら! iPad Air 3月18日に発表され、ほぼ最速で手に入れました、iPad Air。Airの名前を冠したiPadはここ2年ご無沙汰でしたが、ほぼ一世代前のiPad Proと同じ見た目で帰ってきました。今回からApple Pencil…

via ギズモード・ジャパン

@ryodan23 梁原 立寛🛋オフィス家具EC Kagg.jp

勉強になりました!“Story(物語)・Schedule(時間)・Share(顧客のクチコミ)・Special(パーソナルな対応)” / マーケティングは4Pから4Sへ~Amazon1位の裏側にあるもの~|麻野耕司 @asanokoji|note(ノート)https://note.mu/kojiasano1103/n/n90b07faaa860 …

via @ryodan23

コンテンツの記事本数と集客数の関係性とは?

▼この記事は、こんな人にオススメです。- ブランドのサイト、あるいはオウンドメディアをこれから立ち上げる方- サイトの見直しを検討している人こんにちは、Pomalog編集部の杉田です☻続きをみる

via #マーケティング 記事まとめ

痩身効果・二重価格・シミ消し…消費者庁、1社5商品に措置命令

消費者庁は28日、美容健康商材を扱う通販会社(株)Growas(グローアス)に対し、景品表示法に基づく措置命令を行った。今回のケースでは、シミ消しをうたう化粧品、痩身効果をうたう健康食品、痩身と筋肉増強をうたう着圧衣類などと複数の商材計5品について、商品の性能を優良と誤認させる表示と実態のない価格を使った二重価格表示(有利誤認)が認定された。さらに、「※使用感の感想です。」「※効果には個人差があります」などとする記載も無効な打ち消し表示とみなされた。  架空の体験談で違反表示、健食・化粧品・着圧衣類の計5品で違反認定 今回、違反認定を受けたグローアスは大阪に本社を置く通販企業。「Shopping Mall」「Girls Lab」「美健工房」と言った屋号のECサイトを運営していた。違反認定を受けた商品は下記の5商品。・シミ消し訴求の化粧品「アルバニアSPホワイトニングクリーム」・ダイエット訴求の健康食品「クレズプラッシュ」・ダイエット訴求のボディクリーム「バブリアボディ」・ダイエット訴求の健康食品「ノンファットタイム」・痩身と筋肉増強を訴求する着圧衣類「ウルトラシックス」  グローアスはそれぞれの商品のLP(ランディングページ)において、いわゆる「体験談」を用いながら容易にシミ消しができたり、食品を摂取するだけで著しい痩身効果を得られたり、衣類を着用するだけで著しい痩身効果や筋肉増強効果が得られるかのような表示をしていた。ただ、消費者庁が調べたところ「体験談」自体が架空のものであったという。 シミ消し・痩身・筋肉増強に根拠なし、無効な打ち消し表示と実態なき二重価格も 消費者庁は不実証広告規制に基づき、グローアスに対し各商品におけるシミ消しや痩身・筋肉増強の表示の根拠を裏付ける資料の提出を求めた。ただ、グローアスから資料の提出はなく、5商品について優良誤認表示を認定した。  「バブリアボディ」と「ノンファットタイム」には、痩身や筋肉増強をうたう表現と合わせて「※使用感の感想です」「※効果には個人差があります」などとする打ち消し表示もなされていた。体験談そのものが架空だったことに加えて、消費者庁は「一般消費者が受ける商品の効果に関する認識を打ち消すものではない」とし、無効と判断している。  着圧衣類以外の4商品では、二重価格表示の違反も認定されている。それぞれの商品について、大幅な割引による価格で商品を提供するかのような表示を行なっていたが、割引前の元の価格は全て販売実績のない価格だと認定された。  一社で複数商品にまたがり、それぞれ優良誤認と有利誤認を多数認定されるケースは過去の件には少ない。今回のケースは言わば、近年の景表法違反案件のポイントを「全部のせ」したような事案だ。消費者庁の表示対策課では今回の件と近しい事案としては、18年6月に公表された、5商品において措置命令を受けた(株)ブレインハーツの事案があるとしている。ブレインハーツは、健康食品3商品・化粧品1商品・ダイエットレギンス1商品の計5商品で根拠なく痩身効果やシミ消しなどをうたっていた。実体のない二重価格表示もしていたほか、事実でないにもかかわらず「芸能人も愛用!」などとの表示も行なっていた。(関連記事:痩身効果を虚偽表示、通販会社に措置命令…アフィリエイトも違反に)  3月だけでも消費者庁・都道府県による複数案件の措置命令が出ており、通販事業者はこれまで以上に自社の表示の適正さをチェックする必要に迫られていると言えそうだ。 ▽関連記事・「著しい筋肉増強効果」に初の措置命令、着圧衣類の通販9社が違反 ・都道府県の景表法執行、再び盛んに…産経やモール出店社に措置命令 ・消費者庁、ティーライフとGLORIAに景表法の課徴金納付命令

via 通販ニュース – 通販通信

【100万円プレゼント】スカルキャンディの完全ワイヤレス「Skullcandy Push Psycho Tropical」

黄金虫みてぇだな。 ギズモードは月100万円の予算で、毎日ガジェットをレビュー! そして、レビューしたガジェットをみなさまにあげちゃいます! 今日はこちら! Skullcandy Push Psycho Tropical ドクロのロゴでおなじみスカルキャンディー初のワイヤレスイヤホン。サイトを見るに、すごくメタリックで、形もシンプル。とても良さげなイヤホンだと思ったのですが、しかし! 届いてみると…

via ギズモード・ジャパン

落ちこぼれだった僕が、憧れの本田圭佑から投資を受け、ホームシェアサービス「Homii(ホーミー)」を始めるまで

「あいつは終わったな」続きをみる

via #マーケティング 記事まとめ

自分に身についたスキルについて

タイトルだけ見るとHUNTERXHUNTERとかにある念能力を彷彿させますがそうではなくて。よく人に、鎌田さんの特化したスキルはなんですか?と聞かれた時に僕はちょっと考えてこう言います。多分これといって何かが秀でてるとかはないですが、人よりは全体的に満遍なく能力数字が高いという自信はあります。あとはコミュニケーション能力とプレゼンですかね。続きをみる

via #スタートアップ 記事まとめ

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 201904月5