【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年4月2日号

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

これから流行るかも? 自分の「信用」を数値にするサービスを同僚と試してみた

昨年、国内の名だたる大企業が参入を発表したある市場が、実はこれから若手ビジネスパーソンに深く関わってくる可能性があることをご存じでしょうか?それが、個人の信用力を数字で可視化する「信用スコア」サービス。スコアの高さに応じたさまざまなサービスが、2019年は一気に流行るかもしれないんです。そして現在、編集部には、すでに信用スコアを活用しているある男が…。編集部内で最年少である福田は、地道に真面目に、毎日コツコツと努力を積み重ねる模範的な会社員です。中国ではすでにインフラに? 注目される信用スコアサービスとは天野(左):新R25編集デスク。福田イジりが基本厳しめな直属の上司。葛上(右):福田の1つ上の先輩。知的、クール、冷静沈着。福田:今日お集まりいただいたのは、ほかでもありません…天野:髪型変えたいの?…

via R25

努力という言葉は麻薬のようなもの。挫折経験ゼロの芸人・ホリが語る「合理的成功術」

木村拓哉さんの「ちょ、まてよ」のネタでもお馴染みのモノマネ芸人・ホリさん。芸能界に飛び込んでから20年間、ひたすら「モノマネ」だけを追求してきた彼は、実はもともとPR会社で働くサラリーマンでした。中学時代から広告業界に憧れ、浪人や落第をすることなく、ストレートに進路を決めてきたホリさんは、どのようにして芸人の道を選んだのか。泥水をすするような努力信仰…と思いきや、めちゃくちゃロジカルな「夢の叶え方」を教えてくれました。〈聞き手:いしかわゆき〉【ホリ】ものまね芸人。1977年2月11日生まれ、千葉県白井市出身。B型。木村拓哉、武田鉄矢、出川哲朗、テリー伊藤など多数のものまねレパートリーを持つ。現在はものまねに加え、テレビ東京『激! 今夜もドル箱』のMCや『マツコ会議』のナレーションなど幅広く活躍中。また、白井ふるさと大使として地元で活動するほか、2018年からは法務省…

via R25

経営のプロに「PDCA」の基本を聞きにいったら、現代に合った「OODA」を教えられた

効率的に目標を達成する手段として、日本では「PDCA(サイクル)」という手法があらゆるビジネスシーンで使われています。ビジネスだけでなく、プライベートでも活用できそうなPDCAサイクル。なんとなく理解しているつもりだけど、この機会に改めてきちんと学んでおきたい。ということで、経営コンサルタントとして活躍する入江仁之さんに話を聞きに行きました。すると、万能だと思っていたPDCAの欠点を知らされることに…。【入江仁之(いりえ・ひろゆき)】アイ&カンパニー・ジャパン代表。米国、シスコシステムズのシリコンバレー本社マネージングディレクターとして活躍。日本では、外資系戦略コンサルティングファームの日本・アジア代表を歴任。OODAループをはじめ、先進的な経営モデルの提言と導入を主導。最近はOODAループの第一人者といわれている。主なクライアントは、トヨタ自動車、日立製作所、GE、NTTなど。PDCAサイクルとは「計画→実行→評価→改善」を繰り返す業務改善手法ライター・サトー:入江さん!そもそもなんですが、みんなが使ってるPDCAサイクルについて改めて教えてください。入江さん:PDCAサイクルとは「Plan(計画)」「Do(行動)」「Check(評価)」「Action(改善)」の頭文字を取った、業務改善の手法のことです。今では多くの日本企業が、このPDCAサイクルを使っていますね。ライター・サトー:職場でもよく、「PDCAを回せ」なんて指示を受けたことがあります。ただ、ぼんやりしか理解できてない気が…入江さん:もっと具体的に説明しましょうか。たとえばある企業にAという売れ筋商品があったとしましょう。そこで「Aの販売数を前年比10%アップさせる」という目標を立てました。それを実現するために、いつまでになにをしなきゃいけないのかを計画します。これがはじめの「計画(Plan)」にあたります。次に、立てた計画にもとづいてPRなどを実行(Do)し、計画通りに売れているか評価(Check)します。目標との乖離があれば、改善(Action)する施策を考えるわけですね。PDCAサイクルは現代には合っていない!?ライター・サトー:PDCAのサイクルをうまく回せれば、仕事はもちろんプライベートの目標達成にも活かせそうですね!入江さん:うーん、それはどうかな…?…

via R25

早い・安いがウリって危なくない? 15分で検査が終わる「スマート脳ドック」にツッコんできた

各社からさまざまな新商品が登場する現在。でも、その商品って本当にいいモノなんでしょうか? よく考えてみると、ちょっとツッコミどころもありませんか?「新商品ポリス」(タイアップ募集中!)では、新R25編集部が企業にお邪魔して、商品やサービスに読者目線(?)で切り込みます。はたして担当者はツッコミを見事跳ね返し、商品の良さをアピールできるのか…。今回ツッコミに行ったのは、2018年1月から本格始動したというこちらのサービス。東京メトロ銀座線などで広告を見かけたことがある方もいるのでは?来院から30分以内で検査ができる「スマート脳ドック」!…といっても、「人間ドック」すら受けたことがない私たちには「脳ドック」がピンときていません。ただ、この「スマート脳ドック」を行っている「メディカルチェックスタジオ」の代表・濱野さんによると、働き盛りの20代にこそ、このサービスを受けてみてほしいんだとか。そもそも「脳ドック」とはなんなのでしょうか?…

via R25

【第7話】浮かび上がる「無駄の本質」

働き方改革プロジェクトで本当に見直すべきポイントはどこか。議論の中で意外な人物がその“本丸”を指摘した。

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点 理解不足、話盛る落とされる原因はこれだ | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン

今年は4月30日に天皇の退位、5月1日に新天皇の即位があり、4月27日から5月6日まで10連休になる。新卒採用…

via 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

@subcitem サブスクアイテム

国内レンタルサービスを100個まとめました。シェアしてくださると嬉しいです。日本でも色々な種類のレンタルサービスがあるようですね。https://note.mu/nownlife/n/nfa432fe7879e …

via @ryodan23

LINE Payとメルペイが戦略的提携それぞれの加盟店で両サービスが利用可能に

LINE Payは3月27日、メルペイとの戦略的提携を発表した。加盟店の相互開放を実現。どちらかの加盟店であればLINE Payとメルペイが利用できる。

by 山川晶之 via CNET Japan 最新情報 総合

@sasakitoshinao 佐々木俊尚

人手不足だったのではなく、具をよそうだけの牛丼と違って、牛肉を焼くという高スキルな仕事に人材の育成が間に合わなかったという指摘。「働き手にとって魅力のある店舗にしなければ、ますます飲食店運営は難しくなる」/人気だったのに…東京チカラめし、100店→8店の裏事情http://bit.ly/2YkD5D0

via @ryodan23

スポンサーリンク