【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月29日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190329

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

キャッシュレス決済のステージ別分析(ユーザーと加盟店のにわとり卵問題)

最近多くのキャッシュレス決済手段が増えています。どれが今どのステージにいるのか?何をしようとしているのか?がごっちゃになって語られているため、より混乱しているように思えます。せっかく日本では、昔からクレジットカードや電子マネーといった決済手段があり、歴史も古いのに。それらと比較して、新興キャッシュレスが今どのステージにいるのか、整理してみました。続きをみる

via #図解 記事まとめ

消費者の景表法運用 野党議員が「質問主意書」、「萎縮招く」恣意的運用を問題視

また、景品表示法の運用を”恣意的だ”と批判する者が現れた。声をあげたのは、立憲民主党の岡島一正衆議院議員。3月8日、政府に対し、景表法の運用に関する「質問主意書」を提出していたことが分かった。その中で岡島議員は、最近の法運用に「経済活動、広告表現の萎縮を招く」と懸念を表明。法解釈の妥当性などで、6項目に渡る質問の回答を求めた。問題意識の背景には先入観からくる多少偏った認識もあるようにも思えるが…。厳格化に歯止めのかからない運用に批判の声が高まっている。  問題視するのは、景表法の「全体印象」による判断。明確な線引きが示されない中、こうした抽象的判断では、「処分を判断する担当者の恣意性の排除が困難」と指摘。刑法を例に「全体として悪人に見えるからひとまず逮捕しよう」という運用に等しいとして、「全体印象」の判断が罪刑法定主義に反しないほど明確か否か、回答を求めている。 …

via 通販新聞社

人事領域にマーケティング思考は必須 メルカリの採用広報戦略

「“メルカリだから採用が強い”のではありません。どんなときも、立ち返るのはバリューです」と語るのは、2015年にメルカリへ入社し、同社の人事領域をリードしてきた石黒卓弥氏。言葉の通り、メルカリの採用ではミッションとバリューを反映した透明性の高い情報を発信し続けることに徹している。また、「ブラックボックス化しやすい人事は、数字で科学でき、マーケティング思考の余地がある」と同氏。オウンドメディア『メルカン』の運営を中心に、マーケティング思考に基づいた採用広報の可能性を探る。

via MarkeZine:新着一覧

マーケティングとは市場創造 創業時から変わらぬ精神を商品に込めて

「ポッキー」をはじめ、ポップで楽しいイメージの商品がいくつも思い浮かぶ江崎グリコだが、その一方で、糖質オフアイス「SUNAO」やアーモンド飲料「アーモンド効果」といった健康を切り口とする商品群も好調だ。新規性の高い商品を根付かせるためには、健康増進のベネフィットを生活者に理解してもらうパブリックリレーションズ構築を含めた長期的なマーケティング戦略が必要になる。「その難しさを押しても、市場を創造するのが我々の使命」と、健康事業・新規事業マーケティング部を率いる木村幸生氏は語る。

via MarkeZine:新着一覧

キャッシュレス決済のステージ別分析(ユーザーと加盟店のにわとり卵問題)

最近多くのキャッシュレス決済手段が増えています。どれが今どのステージにいるのか?何をしようとしているのか?がごっちゃになって語られているため、より混乱しているように思えます。せっかく日本では、昔からクレジットカードや電子マネーといった決済手段があり、歴史も古いのに。それらと比較して、新興キャッシュレスが今どのステージにいるのか、整理してみました。続きをみる

via #マーケティング 記事まとめ

ギフト通販戦略で売上3倍!「ギフト」がEC・通販成功の近道に

通販業界は成長市場ではあるが、多くの企業が参入していることから、年々、競合他社との争いが激しくなっている。同じような商品では、知名度が高い大手企業や多くの顧客を抱えている通販会社にはかなわない。そうした状況のなか、商品の差別化を図る上で、「『ギフト』が有効な戦略になり得る」と提唱しているのが、書籍「『ギフト商品』を通販で売る」の著者で売れるギフト通販研究所を主宰する園和弘氏だ。通販とギフト販売の双方で豊富な実績を持つギフト通販コンサルタントの園氏に、ギフト通販のメリットや今後の可能性について聞いた。 ギフト通販コンサルタントの園和弘氏 ギフトの通販市場に無限の可能性 園氏がネットなどの通販ビジネスにギフトを取り入れることを推奨する理由は、大きく分けて2つある。1つ目は、ネット通販市場が成熟しつつあるなかで、ギフト市場はまだ大きな余地があることだ。総務省発表の家計消費状況調査(2017年)でも、2人以上の世帯を対象としたネットショッピング支出額のうち、「贈答品」への支出は4%で、旅行(22.9%)や「食料」(14.3%)、「衣類・履物」(10.8%)と比べると大きな差がある。項目別では2番目に低い支出項目となっている。  2つ目は、「ギフトこそ、購入時に検索する」ことだという。自分が使うわけではなく、大切な人に「気の利いた商品を探したい」「今、人気の商品を知りたい」という気持ちから、ネット検索する機会が多くなる。通常の通販の商品として販売しても検索に引っかからなくても、ギフト向け商品のキーワードを盛り込むことで、ギフト商品を探して検索する人にヒットする可能性が出てくるのだ。  ただ、ギフトの通販ポテンシャルは高いのだが、多くの通販に参入している企業はギフトへのしっかりとした対応ができていないという。   園氏「ギフト商品と通常の通販の商品では対応が180度異なる」 ギフト商品に対する通販業界の扱いについて園氏は「ギフト商品を購入するお客様は、通常の通販の商品を購入するお客様と180度違います。ギフトは大切な人に贈るものですが、通常の通販は自分が使うもの。なので、お客様へのアプローチもまったく異なるはずなのですが、ギフト商品を、通常の商品と同じように扱っている企業やネットショップは多い。ギフトに本気で取り組んでいるとは思えません」と語る。  園氏によれば、多くの通販会社が同じ商品を「自分用、自宅用、ギフト用にもどうぞ」と売る幅を広げているだけになっているという。「ギフトの場合、商品を探すという時点で自分用か人に贈るものかで、大きな違いがあり、たとえ同じ商品でもギフト向けのに訴求点や注文時の仕方は変わってくる」と話す。ギフトの場合は注文時にも、名前や住所など送り先の情報に間違いがないかの確認や、メッセージカードや梱包の指定、相手の都合を配慮した配送日時の指定など、ギフトならではの対応が必要となる。 「『ギフト商品』を通販で売る」はギフト通販のバイブル こうした対応は一見面倒にも見えるが、きちんと対応することで、ブランディングの面でもより高い顧客の信頼を得ることができ、大きな成果を生み出すこともある。実際に園氏のアドバイスによって、1つのギフト商品を開発し、ギフト戦略を立てたことで、たった半年で売上が5000万円→1億5000万円と3倍になり、利益額が10倍に伸びた事例もある。  書籍「『ギフト商品』を通販で売る」は、園氏がギフトの通販で成功してきたノウハウを体系化し、1冊の書籍にまとめたギフト通販のバイブルと言える1冊だ。ギフト通販の市場分析から、ギフト通販のメリット、母の日・父の日・お歳暮・お中元などギフトイベントのスケジュールや、イベントに合った商品、売れるギフト商品の企画開発、注文しやすい通販サイトの構築、ギフト通販に必要な組織・体制、ギフト向けの物流と梱包、ギフト向けの卸販売チャネルの開拓まで、入り口から出口まで、ギフトの通販に必要なすべてを網羅している。  読者からは「感動した。スタッフにも読ませたい」「競合他社には読ませたくない」といった声も多く寄せられている。同書はこれからギフトの通販を始めようとしている会社だけでなく、商品の差別化に苦労している会社、ギフトの通販で成果を上げられていない会社にとっては、必ず読むべき1冊だろう。  (山本剛資) 「『ギフト商品』を通販で売る」─売上3倍・利益10倍に伸ばす戦略─■出版日:2019年2月22日■定価:1836円■著者:園…

via 通販ニュース – 通販通信

自分がしてきた無駄な苦労は部下にさせない!【明星食品三浦社長】――「うまくいく人の20代」

「うまくいく人たちは20代にどんなことを考えていたのか?」ビジネスで成功する人たちの若い頃について、インタビューを試みた第2回。どうやって天職に出会ったか。仕事とどんなふうに向き合ったのか。どんなことを頑張ったから、今があると思うのか。成長する人とそうでない人との違いとは……。今回ご登場いただくのは、日清食品で社長、会長を歴任し、現在は日清食品ホールディングスで常務執行役員、4月からは明星食品社長を務める三浦善功氏だ。 プロに学ぶ仕事のヒントはこちら “失敗をおそれない”会社との出会い 高視聴率でも話題のNHKの連続テレビ小説「まんぷく」でモデルとなっているのが、日清食品の創業者、安藤百福さんと妻、仁子 (まさこ) さん。百福さんが発明した世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」とともに1958年に誕生したのが日清食品だ。今や日本のインスタントラーメンの年間消費量は56億食を超える。日清食品は時代の変化を捉え、次々に新しい製品を開発、成長を遂げてきた。三浦氏が法政大学を卒業後に入社した1975年は、まだ創業20年に満たなかった頃のことである。…

via リクナビNEXTジャーナル

“予算ゼロ”からの逆転 茨城県庁が「RPAって何?」から4カ月で実証に踏み切った理由

最近、全国の自治体で増えるRPAの実証実験。そんな中、2018年にいち早く実証実験に成功し、2019年4月から20業務へのRPA導入を決めたのが茨城県だ。「RPAについてほとんど知らなかった」という状態からわずか4カ月で実証実験が決まったというスピーディーな展開の裏には、一体何があったのか。

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

@hkunimitsu 国光宏尚

「ポケトーク」は1年間で累計出荷台数20万台の大ヒット製品となりました。1台2.5万~3万円なので、売上げは50億円-60億円。ソラコムのSIMとGoogle翻訳の組み合わせなので、作ろうと思うと作れるけど、実際にやり切るのと思い切ったマーケの勝利。ハズキルーペにも通じる。

via @ryodan23

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190329