【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月28日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190328

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

7980円で部屋が生まれ変わる!ITインテリアで革命に挑む28歳起業家の本当の目的

7980円のスマホ完結インテリアコーディネーターサービスが登場。価格、働き方、IT……。28歳が業界課題に挑む理由。

by 滝川 麻衣子 via BUSINESS INSIDER JAPAN

 

.com」ドメインを取得の裏側ー急成長の舞台裏をCEOCXOが語った第2

ドメイン1つで検索流入が変化する。「.mu」から「.com」に変更された裏側には、攻めと守りの意味合いが隠されていた。

by シバタナオキ via BUSINESS INSIDER JAPAN

 

精神論ではなく科学で解くチーム論。勝ちパターン崩壊時代の最強チームの作り方

リンクアンドモチベーションの麻野耕司さんが刊行する「THE TEAM~5つの法則~」。最強のチームの作り方とは。

by 滝川 麻衣子 via BUSINESS INSIDER JAPAN

@ryodan23 梁原 立寛🛋オフィス家具EC Kagg.jp

過去の「赤字」って感覚とはまったく違うんやろなぁ。 / スケールが先、利益は後 スタバを脅かす中国ラッキンコーヒーの戦略https://forbesjapan.com/articles/detail/26200 …

via @ryodan23

@ryodan23 梁原 立寛🛋オフィス家具EC Kagg.jp

まさに!もっと気をつけよう。そのためのゆとりも要るなぁとも思うけど。 / 自分でボールを持ってはいけない。|高木新平 @Shimpe1|note(ノート)https://note.mu/shimpeitakagi/n/ne8aa02009e11 …

via @ryodan23

 

8980円の広告付きモデルKindleはフロントライト搭載に

ローエンドのKindleの魅力は価格だ。競合よりも低価格で提供するのはアマゾンの得意とするところで、これまで電子書籍リーダーを普及させてきた。もちろん90ドル(日本での販売価格は8980円)のデバイスには足りない点もいろいろある。中でも、Kindleのほかのラインアップには備わっているフロントライトが、ローエンドのKindleに頑なに搭載されなかったことは無視できない。 アマゾンは最新版のKindleでこの点を見直した。静電容量方式の167ppiタッチディスプレイに、明るさ調整機能付きのフロントライトを組み込んだのだ。8980円は広告付きモデルの価格である。 All-new-Kindle_black_front …

by Brian Heater via TechCrunch Japan » TechCrunch

 

ディズニーが21世紀フォックスの買収を完了

ディズニーは、米国東部時間3月20日午前0時2分に21世紀フォックスの買収を完了した。 713億ドルというこの巨額ディールの目標は、ストリーミングを将来の事業の中心に据えることだ。ディズニーはすでにESPN+ストリーミングサービスでもってその方向へと足を踏み入れている。そして今年後半にはDisney+という別のサービスの提供を開始する計画だ。このサービスにはディズニーの全ての映画ライブラリー、そしてStar Warsの新作やMarvel(マーベル)も含まれる。 フォックスの買収でディズニーはより多くの映画、テレビ番組、そして知的財産を有するようになった。これは、ディズニーのウェブサイトトップのイメージデザインが、「シェイプ・オブ・ウォーター」「アバター」「デッドプール」(これらはすべてフォックスの映画だ)、そして「シンプトンズ」「アトランタ」(これらはフォックススタジオが制作し、フォックスネットワークで放映された)を特集するものに変更されたことにも表れている。ディズニーはまた、Huluの大株主にもなり、CEOのBob…

by Anthony Ha via TechCrunch Japan » TechCrunch

 

万引きを6年ほぼ毎日続けた33歳女が陥った病 万引きが原因で離婚、それでもやめられず | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン

「毎日、万引きができないと気が狂う」——。万引きをやめられない東京都内在住の女性(33)はおよそ6年…

via 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

皆が「群がる」ものに、大きなチャンスなんてないーーーーマンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー(→)。今回は、三田紀房先生の『インベスターZ』です。 『インベスターZ』から学ぶ!【本日の一言】 こんにちは。俣野成敏です。 名作マンガは、ビジネス書に勝るとも劣らない、多くの示唆に富んでいます。ストーリーの面白さもさることながら、何気ないセリフの中にも、人生やビジネスについて深く考えさせられるものが少なくありません。そうした名作マンガの中から、私が特にオススメしたい奥深い一言をピックアップして解説します。 ©三田紀房/コルク 【本日の一言】 「市場の常識では戦争は買いなんだよ」…

by 柏倉恵美 via リクナビNEXTジャーナル

noteで企業の情報発信をする皆さまへ

採用やブランディングなどにnoteを活用したい、企業さん向け入門ガイド。こんなことするとよいですよー、というメモ。SNSマーケティングというと、注目を浴び、ウケをとるためだけに、冷蔵庫に入ったり、裸踊りをするようなものも多くあります。とにかく注目を集めればよい、という考え方です。ですが私は、そのような行為を推奨していません。続きをみる

via #マーケティング 記事まとめ

 

昼間は会社役員!? 謎の仮面YouTuberが半年で登録者数20万人を達成した戦略に圧倒された

ここ数年で過熱しているYouTuber市場。年収は億単位だったり、いまや芸能人よりも認知されていたりと、トップYouTuberたちは一攫千金の夢をつかんでいます。ただ、そこにいたるまでには泥臭い努力が必要なのも事実。動画の撮影・編集を自分で行い、ほぼ毎日投稿する。夢があるようで、普通の会社員には簡単にマネできません。そんななか、短期間でとんでもなく成長しているYouTuberを見つけました。その名も「仮メンタリストえる」。2018年10月にチャンネルを開設し、半年を待たずしてチャンネル登録者数は約20万人。しかも昼間はベンチャー企業の執行役員としてバリバリ働いているんだとか。会社員として活躍するかたわら、どうやってYouTubeで成果を出すことができたのか? そのノウハウを聞けば、自分もYouTuberになれるかも?…ということで新R25編集部は本人に交渉し、直接話を聞いてきました。貴重なノウハウ満載の初出インタビュー記事をどうぞ!〈聞き手=福田啄也(新R25編集部)〉【仮メンタリストえる】2018年10月にチャンネルを開設。恋愛心理学をもとにした、ハウツー動画を公開している。現在のチャンネル登録者数は20万人超え(2019年3月19日現在)福田:(取材でも仮面付けるんだ…)えるさんの本業は会社役員だと伺いました。なぜYouTubeを?えるさん:発信力を身につけたかったんですよ。ボクは、自分自身の欲が一切なく、「まわりの人がいかに幸せを得られるか」にしか興味がないんです。だから、自分が発信力を持てれば、社会にいい影響を与えられるだろうと確信していました。別にYouTubeじゃなくてもよかったんですけど、発信の市場はTwitterやFacebookからInstagram、そしてYouTubeに移っていて、今もっとも過熱しているかなと思って。福田:なるほど…YouTuberとして食べていくというのが目的ではないんですね。ちなみに現在のYouTubeからの収入はいくらなんですか?えるさん:今月のYouTubeからの収入は、平均的なサラリーマンの月収の2倍くらいですね。YouTubeにはやはり夢がある(確信)YouTubeハック術1「今からはじめる人はハウツー系を狙え」福田:YouTubeを始めたのが最近なのに、なぜそこまで成長できたのでしょうか?えるさん:ビジネス視点を持って、YouTubeに参入したからですね。「好きなことで生きていく」というYouTubeのキャッチコピーがありますが、あれって「自分がやりたいことをひたすら発信していくと、いつかそれがお金になるよ」というメッセージなんです。これまではプレイヤーが少なかったので、多くの人がそれで成功をしました。福田:HIKAKINさんやヒカルさんがまさにそれだと思います。えるさん:しかし、今から参入するのは、いわゆる後発組です。後発組が最速で勝つためには、マーケットインの発想が必要だと考えました。これまでとは逆の発想で、「今、市場でどんな動画だったらYouTubeに受け入れられるだろうか」という目線からYouTubeに参入したんですよ。福田:なるほど…どんな動画だったら、YouTubeで人気が出ると考えたんでしょう?えるさん:ハウツー系ですね。YouTubeでは、まだまだハウツー動画ってブルーオーシャンなんですよ。厳密に言うと、ユーザーが求めるレベルで参入できている人がいないんです。えるさん:これまでのYouTuberはとにかく過激で面白いことをやるスタイルでした。しかし、過激系は視聴者の期待値がどんどん上がっていき、最終的には法律に違反するくらいじゃないと再生数が伸びなくなるんじゃないかなと思っています。さらに、そういった動画は“良質でないコンテンツ”にカテゴライズされるので、広告単価は確実に低く、企業案件も受けづらいです。今からやるメリットは限りなく少ないですね。福田:そうなんですね…えるさん:そしてこの先、YouTubeは視聴者の年齢層も上がり、上品なユーザーが増えると考えました。そういった人は知的好奇心も強いと読んで、まずはハウツー系でいこうと決めたんです。ハウツー系は、再生維持率も広告単価も高く、企業案件も受けやすい。ビジネスとしては最高のジャンルだと思いましたね。ヒントはDaiGo。YouTubeを始めようと思ってから心理学を学んだ福田:えるさんは現在、「好きな人の『特別な存在』になる方法」や「モテLINEテクニック」など恋愛心理学をテーマにした動画をアップされています。これはどうしてなのでしょう?えるさん:まず、元々その分野が得意だったんです。大学生のころに起業してめちゃくちゃ稼いでて、時間とお金はあったんですよ。それでもともと「モテ」に関心があったので、ひたすらデートを繰り返したり、女の子と連絡をとったりして、「どうやったらモテるのか?」というのを2年間くらい研究していました(笑)。福田:えっ、もともと心理学を専攻されていたわけではないんですか?えるさん:いえ。大学時代は理系でしたし、別に心理学を学んだことはありません。そもそも、YouTubeを始めるときは、プログラミングを教えるチャンネルを作ろうと思っていたんですよ。でも、プログラミングの動画を見る人の母数がめちゃくちゃ小さくて、正直自分自身でも「誰が見るの?」っていう疑問があったんです。そんなとき、DaiGoさんのコンテンツに出会いました。やはりメンタリスト・DaiGoが関係していたのか…えるさん:DaiGoさんの本を読んで「心理学の分野って、誰にでも当てはまる話だな」って思ったんですよ。これはきっとプログラミングよりも圧倒的に需要があると確信しました。それで試しにDaiGoさんのYouTube動画を見てみたんですよ。DaiGoさんの動画ってかなり面白いんですけど、基本的に10分以上もあるんです。これを見るのは明確に「勉強を目的とした人」だな、と思いました。福田:えるさんが狙っているユーザーは違ったんですね。えるさん:はい。YouTubeの視聴者層のほとんどは、動画を「暇つぶし」として見ています。つまり、勉強目的のユーザーはDaiGoさんが取りきったとしても、それ以外のほとんどの視聴者層はがら空きだと思ったんです。福田:DaiGoさんの動画が届いてない大多数を狙ったと。えるさん:そうです。心理学の需要があることはDaiGoさんのチャンネルの伸び率が証明してくれています。そこで、暇つぶし目的のユーザーに刺さるよう「THE…

via R25

 

「上司が怒ってる? とりあえず1週間空けましょ」ジミー大西に人生相談してみた

記事提供:20’s type「失敗を反省するため、なんば花月の階段にヒモでチンチンを括り付けた男」「吉本新喜劇の舞台で放送禁止用語を叫んだ男」「病院で点滴を飲もうとした男」「恩人・明石家さんまを救いたい一心で怪しげな占い師に大金を注ぎ込み、楽屋泥棒未遂までした男」…数え上げたらきりがない。これらはすべて、ジミー大西氏の経験談だ。高卒ですぐに明石家さんまに見出され、その後、萩本欽一に「天才喜劇役者」と絶賛されたかと思えば、絵を描き始めたら岡本太郎に「画家になれ」とまで言われた伝説の男である。【ジミー大西】1964年、大阪府八尾市生まれ。高校在学中からアルバイトとして吉本興業に入り、卒業後に入社。なんば花月の裏方などを務めていた時期に明石家さんまと出会い、以来、公私に渡る深い関係へとつながる。今や伝説とさえ言われる数々の大失敗の後、芸人として大ブレーク。一方、90年代後半には絵画の才能も高く評価され、一時は絵描きに専念した天然ボケが際立つキャラクターで国民から愛される彼は、師匠であるさんまに何度も怒られ、何度挫折を経験してもくじけない、“失敗から這い上がるエキスパート”でもある。彼の波乱万丈な人生経験をもとに、同じく「愛されてなんぼ」の世界で戦う若手ビジネスマンの悩みに一問一答形式で答えてもらった。【Q1】「後輩の若手に営業成績で抜かれてしまいました。悔しさと焦りでいっぱいなんですが、どうすればいいでしょうか?」(26歳/メーカー営業)そうですねぇ。とりあえず、パーティーを開きましょ!たくさん人を呼んで、みんなで後輩の成績を祝ってあげましょ。たくさんゴマすって、そいつに気に入ってもらって、後ろをついていけばいいと思います。そいつにどんどん偉くなってもらって、引っ張っていってもらって、一緒に偉くなっていきましょ。僕なんか、何十人に抜かれたと思います?…

via R25

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190328