【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月14日号 夕刊

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190314

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

「世界の広告費成長予測」を紐解く――世界のスピード感に日本はついていけるのか

電通イージス・ネットワークは、今年1月、2018~2020年の「世界の広告費成長予測」を発表した。これによると、世界の広告費は2019年に10年連続のプラス成長を遂げる見込みで、特にデジタル広告費のシェア伸長が著しい。電通イージス・ジャパンの頼英夫社長に、注目すべき潮流やプラットフォーマーの動向、また広告業界が直面する課題について聞いた。

via MarkeZine:新着一覧

アマゾン「売れているビジネス書」ランキング 「FACTFULNESS」が、3週連続で1位を獲得! | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング | 東洋経済オンライン

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

via 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

WWW誕生から30周年 Googleもロゴで祝福

2019年3月12日、World Wide Web(WWW)が30周年を迎えた。Googleは検索ページに記念ロゴ(Doodle)を掲示。電話線でつないだブラウン管ディスプレイの古いPCに地球が映っている画像で、WWW30周年を祝っている。

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

変化する世界のクリエイティブ業界の「ワークスタイルと哲学」

様々な業界で「ワークスタイルの変革」が言われるこの頃、クリエイターの働き方も少しずつ変わり始めている。これは日本だけでなく世界的な現象でもある。この記事では現在進行中の興味深い動きの一端を見てみよう。

via 現代ビジネス | 講談社

ZOZO前澤氏を退場させたことで、日本が失った「大きな可能性」

via 現代ビジネス | 講談社

ダメダメだった新人時代を経て。20代で上場企業経営者になった男が語る「伸び悩み脱出術」

若手ビジネスパーソンのほとんどが抱える悩みが「伸び悩み」。今回取材した福山敦士さんもそう。慶應義塾高校で甲子園出場、新卒でサイバーエージェントに入社し25歳でグループ会社の取締役に就任、2度のM&A(売却)を経て、29歳で上場企業の役員に就任するなど、輝かしい経歴のウラで「めちゃくちゃ伸び悩んでいた」といいます。そんな伸び悩みから脱出したメソッドを書いたのが、今年2月に発売された『マンガでわかる! 入社2年目の教科書』(ぱる出版)。本の内容に沿いつつ、R25世代のヒントになる「伸び悩み脱出法」を聞いてきました。ちなみに、「この本どっかで見たことあるタイトルだな…」と思った方、その疑問も最後にぶつけてます!〈聞き手:天野俊吉(新R25編集部)〉【福山敦士(ふくやま・あつし)】慶應義塾高校では硬式野球部に所属し、第77回全国選抜高校野球大会に出場(ベスト8)。慶應義塾大学環境情報学部を卒業後は、新卒でサイバーエージェントに入社。25歳でグループ会社の取締役に就任。27歳で独立、株式会社レーザービームを創業。28歳で東証一部上場企業である株式会社ショーケースにM&A(売却)し、現在は株式会社ショーケース・ティービー執行役員知ったかぶり、確認不足…ミスがミスを生む最悪のスパイラル天野:キラキラした経歴のように見えますが…福山さん自身も伸び悩んだ経験があるんですよね?福山さん:そうですね…入社1年目、2年目は、同期が次々と抜擢されて活躍していくなかで、とんでもない失敗ばっかりしてました。プライドだけ高くて、すぐ知ったかぶりするようなダメ若手でしたね。天野:どんな仕事をしてたんですか?福山さん:たとえば営業に行っても、取引先の言ってるワードが全然わからない。それをひたすら知ったかぶりしてたんですよ。「ああリスティングですね」「ああSEM。はいはい」みたいな感じで、ただ話を合わせてた。メモるのも追いつかないから、わからないまま時間が過ぎていって。天野:そのままいくとどうなっちゃうんだろう…福山さん:会社に帰って、先輩に「どんな話もらった?」ってきかれても「別にあんまり困ってないみたいでした!」みたいな(笑)。それじゃ営業にならないから、「この項目埋めてこい!」ってフォーマットを用意されて、それの通り先方の話をきいてくる…っていうことをやってました。普通にけっこうダメなヤツである福山さん:スマホアプリのプロモーションの仕事も担当してたんですけど、ある企業から「麻雀アプリのプロモーション」の案件が来てたんです。OKOK、余裕だろと思って、システムにアプリを登録して家に帰ったら、電話が鳴って。天野:?福山さん:間違えて、競合他社の麻雀ゲームをプロモーションしてたんです。天野:こっわ…福山さん:それでウン百万円の損害を会社に与えまして。「次は慎重にやります!…

via 新R25

24のECショップを4人で回す!かばんの「ACE」に学ぶ、少人数での複数ECショップ運用術

Amazonや楽天市場などに代表されるモール型 EC ショップは、自社で EC サイトや物流などのフルフィルメント体制を構築する必要がないため参入がしやすく、さらにはモール自体の集客力を利用できる、というメリットがあり多くの企業で利用されています。 モール型 EC ショップを展開している企業の多くは、大手を中心に数を絞って展開していることが多いでしょう。展開するショップ数を増やせば増やすほど売上が増える可能性もありますが、その分管理する労力とコストが増えることになるからです。 そのような中、高品質・高機能なバッグが人気の「ACE(エース)」は、たった4人で24もの…

by 夏野 久万 via Ferret [フェレット]

製紙各社、10年ぶり「新聞用紙値上げ」の覚悟 聖域についにメス、業績不振で「背水の陣」 | 素材・機械・重電 | 東洋経済オンライン

デジタル化とペーパーレスが進み、業績不振にあえぐ製紙会社にとって、久々の福音となるのだろうか。製紙…

via 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

メルカリが狙う「シニア世代」 60代以上のフリマアプリユーザーの実態が明らかに

メルカリは60代以上のフリマアプリ利用実態に関する意識調査の結果を発表。会場には、60代、70代ながら、20代並みにアクティブなメルカリユーザーが登壇した。

by 小林優多郎 via BUSINESS INSIDER JAPAN

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190314