【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月11日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190311

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

アマゾン「売れているビジネス書」ランキング 前週956位から一気に6位に躍り出た一冊は? | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング | 東洋経済オンライン

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…

posted 5d ago via 東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト

今までの常識はこれからの非常識? 音楽はダウンロードからストリーミングへ、シニアも現金からクレカへ【ネッ担まとめ】 | ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ

世代、デバイス、ネットの変化によって明らかに時代の流れも変わってきましたね。今までの価値観で動いていては先はなさそうです。 いろんな価値観が変わってきています 天然vs合成ダイヤ ジュエリー業界に地殻変動 │ WWD JAPANhttps://www.wwdjapan.com/797529 ストリーミングが初めてダウンロードを上回る、日本レコード協会の調査 │ ケータイ Watchhttps://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1171722.html シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む~Senior+/exサマリーレポート・オプションレポート発刊~ │ ビデオリサーチhttps://www.videor.co.jp/press/2019/190226.htm…

via ネットショップ担当者フォーラム

通販企業1月売上高は1.6%増、雑貨は20%増

(公社)日本通信販売協会(JADMA)が1日発表した会員企業129社を対象とした2019年1月度の通販企業総売上高は、前年同月比1.6%増の1003億5500万円とプラスに転じた。

「雑貨」が20%増と好調 「通販教育・サービス」や「衣料品」などのマイナスが目立ったが、「雑貨」や「家庭用品」の増加でカバーした。「雑貨」は同20.3%増、「家庭用品」は同7.3%増、「化粧品」が同4.3%と好調だった。「食料品(健康食品を除く)」(同1%増)と「健康食品」(同0.1%増)は微増。 「文具・事務用品」がマイナスに マイナスは「通販教育・サービス」が同20.9%減、「衣料品」が同6.7%減、「文具・事務用品」が同3.7%減だった。「文具・事務用品」は昨年4月から9カ月連続で売上を大きく伸ばしていたが、1月にマイナスに転じた。  1月の1社あたりの平均受注件数は、6万5925件(回答96社)だった。

by tsuhannews via 通販ニュース – 通販通信

カプコンが描くデジタル変革の未来とは?BIツールによる社内データの整備と活用

グローバルに展開するゲームソフトメーカーのカプコンは、部門を超えたKPIの標準化と、社内データの整備のためにBIツールのDomoを導入。ゲームソフトの開発やプロモーション強化のほか、オンラインゲームの課金やeスポーツなどの事業において活用していくという。カプコンの進めるデータ活用の未来について、執行役員の赤沼純氏とeSports統括本部・デジタルマーケティング部の池田ひかる氏に尋ねた。

via MarkeZine:新着一覧

「USB4」発表 「Thunderbolt 3」ベースでデータ転送速度は40Gbps

USB Promoter Groupが次世代USB規格「USB4」を発表した。
Intelの「Thunderbolt 3」に基づいており、データ転送速度は最大40Gbpsだ。

イトダイ
可能性が広がりますねー

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

HTCのブロックチェーンスマホ「Exodus 1」は透明背面がカッコイイ

「購入は現金ではなくビットコインなど仮想通貨」というだけでも注目を集めたHTCのブロックチェーン対応スマートフォン「Exodus 1」。ベースモデルはHTCの「U12+」。背面はU12+同様の透明な仕上げですが、内部の基板が見えるようなデザインです

via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

全国民必読! 政府による「集中と選択」はこんなにも不合理だ

政府が「集中と選択」を強調した政策を推進する機会が増えた。しかし、本当に正しいのか。

via 現代ビジネス | 講談社

【2018年の広告情報】インターネット広告費は1.7兆円&通販・ECの広告動向などまとめ

電通が2月28日に公表した「2018年(平成30年)日本の広告費」によると、
2018年1~12月における「インターネット広告費」は、前年比16.5%増の1兆7589億円だった。

地上波テレビの1兆7848億円(同1.8%減)に迫っている。
2018年の総広告費は6兆5300億円で同2.2%増。
新聞は同7.1%減の4784億円、雑誌は同9.0%減の1841億円、
ラジオは同0.9%減の1278億円、テレビの衛星メディアは同1.9%減の1275億円、
DM(ダイレクト・メール)は同0.6%減の3678億円だった。

2018年 媒体別広告費 新聞広告は、シニア向け通販系医薬品などを含む「薬品・医療用品」「飲料・嗜好品」の広告が増加したという。ラジオ広告では、通販を含む「流通・小売業」が前年比14.9%増だった。…

via ネットショップ担当者フォーラム

本社ビルまで売り払って…武田薬品の社員は本当に幸せか

実直な家族経営が強みだった武田のトップは、外国人プロ経営者に。
急激なグローバル化と巨額買収で、会社の雰囲気は様変わりした。
これまで武田のために頑張ってきた社員たちは、どんな思いなのか。

via 現代ビジネス | 講談社

あなたは「銀行員」であることをやめられますか

銀行業界を筆頭に、金融界の改革に乗り出す遠藤俊英長官率いる金融庁。
「現場主義の改革派」が金融各社に求めるものは何か。

今年の方針を示した「遠藤ペーパー」を入手し、近著『捨てられる銀行3 未来の金融』がヒットしている筆者が解読する。
「遠藤ペーパー」に書かれた改革案は派手ではないが、実は金融マンにとって衝撃の変革を迫るものだという……。

via 現代ビジネス | 講談社

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 20190311