【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月3日号

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月3日号

スポンサーリンク

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。

今日の厳選トピック記事

DeNA、個人間カーシェア「Anyca」を分社化 新サービス「0円マイカー」を提供

DeNAが個人間カーシェアサービス「Anyca」を分社化。新たなサービス提供を検討している。

posted 16h ago via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

2018年、最も「注視」されたテレビCMは?【TVISION INSIGHTS調査】

posted 1d ago via MarkeZine:新着一覧

楽天と東急電鉄が物流連携、横浜市もワンデリバリー対象エリアに

楽天(株)は27日、同社が運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の配送エリアを神奈川県横浜市港北区/青葉区/都筑区、川崎市高津区/多摩区/宮前区/麻生区に拡大した。   配送車と配送員制服イメージ 「Rakuten EXPRESS」の配送車で東急ベルが配送 今回のエリア拡大は、東京急行電鉄(株)(以下、東急電鉄)との物流領域の業務提携により、東急電鉄が所有する東急線高架下の配送センターを共同利用することにより実現。配送は東急電鉄のホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」が担い、「Rakuten EXPRESS」の配送車を利用する。  楽天では、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」の包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、今回の配送エリア拡大もその一環。両社では今後も物流領域で連携を強化し、さまざまなサービスの提供を検討したいとしている。    「ワンデリバリー」対象エリアは順調に拡大 「Rakuten EXPRESS」では、楽天グループで生活用品や日用品のECサービスを提供する「Rakuten Direct」「楽天ブックス」の商品と、「楽天市場」出店店舗を対象とする物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で受託する一部の荷物を配送している。  対象エリアは、東京23区内と東京都19市(調布市/武蔵野市/立川市/国立市ほか)、千葉県4市(市川市/船橋市/浦安市/松戸市)、神奈川県横浜市(鶴見区/神奈川区/保土ヶ谷区、戸塚区/金沢区ほか)・川崎市の一部、埼玉県の一部地域(さいたま市の一部/川口市/所沢市/新座市ほか)、大阪府の一部地域(大阪市24区/堺市)。 ■Rakuten EXPRESS ■東京急行電鉄

posted 2d ago by tsuhannews via 通販ニュース – 通販通信

「ネットショッピング拡大」「キャッシュレス化が浸透」シニア世代の買い物に変化【ビデオリサーチ調査】

posted 2d ago via MarkeZine:新着一覧

自律式配送ロボット導入をFedExが検討中、2019年夏にもテスト運用開始予定

Amazonや多くのスタートアップは商品の配送工程におけるラストワンマイル問題を解決するために、無人配達ロボットの導入を発表しています。そんな中、アメリカに本社を置く配送最大手のFedExも、「FedEx SameDay Bot」という自律式配送ロボットを発表しました。続きを読む…

posted 2d ago via GIGAZINE

勝間和代さん、タブレット3台体制で「脱パソコン」したって本当ですか?

君は、脱パソコンできるか? タブレット端末の登場以来、たびたび話題となるのが「タブレットでパソコンがいらなくなる?」という問い。数々のガジェット猛者たちが挑戦しては挫折して行った道ではありますが、徐々にタブレットの高性能化やアプリの充実によって現実味を増してきています。 そんなある日、ギズ編集部の吉岡が衝撃の情報を発見。 見つけたのは、かの勝間和代さんのブログに掲載された「とりあえず今は、こんな感…続きを読む

posted 2d ago by 照沼健太 via ギズモード・ジャパン

世界のTOYOTAがキングコング西野にオファー!

「コレ、かなりマズイ状況ですね」世界のTOYOTAからのオファーを受けたキングコング西野を襲った悲劇とは!?20192.28 by 西野亮廣エンタメ研究所毎度お騒がせしておりますキングコング西野です。僕の目的は「面白いことをする」なので、昔から『肩書き』には興味がなく、自分が「面白い」と思ったモノに飛びついてまいりました。その結果、「お前は何屋になりたいんだ?」「仕事は一つに絞れ!」と国民の皆様から叩かれてきたわけですが(Why japanese people !?)、美術館やホテル(ちなみに今日は映画の打ち合わせ)まで手を伸ばすと、さすがに「キングコング西野を一つの職業に閉じ込める」というのは諦めていただけたようで、ここ最近は、何も言われなくなりました。こうなってくると、肩書きの越境っぷりに拍車がかかり、後輩のライブのチケット手売りのお手伝いから、大企業のコンサルティングまで、節操がありません。そんな中、こんなところからオファーをいただきました。言わずと知れた『世界のTOYOTA』さんです。内容を聞くまでは「広告案件だろうなぁ」とは思っていて、無責任に商品をオススメするような仕事であれば、(僕はそういった仕事は得意ではないので)お断りしようと思っていたのですが、どうやら今回はそういう仕事ではなく、「TOYOTAの『新型クラウン』のラッピングカーをデザインしてください」という内容です。「西野亮廣が新型クラウンをデザインするとしたら、どんなデザインにする?」という大喜利ですね。なるほど、それであれば、そこには一つも嘘がないので全力でやれそうです。どう考えたって楽しそうな仕事なので、すぐにマネージャーの須藤君に「やるー!」と伝える西野氏。この時は幸せだった西野氏毎度毎度不可思議な仕事しかやらない担当タレントが、ようやく世間の皆様に胸を張れる仕事を引き受けてくれたことに、ホッと肩を撫で下ろす須藤マネージャー。「西野が『やる!』って言ってます!是非、宜しくお願い致します!詳細をいただけますか?」と、直ぐにTOYOTAさんに連絡を入れます。まもなくTOYOTAさんの方から、正式な企画書が届くわけですが、この企画書を見て、チーム西野が膝から崩れ落ちます。ページ順に見ていきましょう。【1】なるほど。「新型クラウン…

posted 2d ago via 西野亮廣ブログ Powered by Ameba

エンジニア不足は社内で解決できる 驚きのジョブチェン、営業メンバーをSalesforceの開発者にしたビズリーチの挑戦

Salesforceを導入した企業の多くが悩んでいるのが、アプリの開発者不足。この課題を解決すべくビズリーチが取り組んだのは、営業メンバーをエンジニアにスカウトすることだった……。

posted 2d ago via ITmedia TOP STORIES 最新記事一覧

 

スポンサーリンク

【出勤・面接前にインプット】イトダイマガジン 2019年3月3日号