【面接官が教える】自己PRは言い切れ!

スポンサーリンク

イトダイ
こんにちは。イトガダイゴです。毎日何人もの面接をしていると、ホントにいろんなタイプの方がいます。

自信を持ってキャリアアップ転職を目的にしたり、旦那さんの転勤に合わせて転職活動しているキャリアウーマン。印象に残っているのは、夢破れてしっかりと仕事をしていきたい元ラジオパーソナリティとか。

イトダイ
経験が最高で、即内定通知出しました

他人の人生を見れることは、ある意味で残酷でもあり、好奇心に満ちたものだったりもします。その方の人生のキャリアを形成する上では、生半可な想いで採用するわけにはいかないのです!

まぁそんな話はさておき。。。求職者と面接官のあいだに認識のズレがあるなーと思うこともよくあって。。

なんとかそのズレを解消することはできないのか!?と日々考えたりもしているのです。

その中の一つ。私が本当に大切だと思った「言い切る事の大切さ」について書きたいと思います。

これから転職・就職活動をする人や、面接まで行くのに「なんか上手くいかないなって人にはぜひ読んでもらいたい記事にしていますので、参考にしてくださいね。

言い切ることの大事さ?

イトダイ
いきなり逆説的な事をいいますが、言い切るって難しいんですよ。

人間誰しも、自分のやってきたことが100%正しいことなんてなくて。ましてや、転職活動をしている人が「言い切る」ことはさらに難しい。

だって、転職活動自体がふわふわしたもので、断定的な活動ではないんで。

イトダイ
新卒の就職活動でも同じことが言えるんですが、やりたいことがあっても、具現化させたときに、どの企業・どの職種に当てはまるか。結局入ってみないとわからないことが多いから。

だからこそ、自分の意見をしっかりと持っていて、あってても間違っていても
発言の力強さを持たせる「言い切る」技術が重要になってきます。

言い切れないことはダメなことか

イトダイ
なんというか、国民性だと思うんですよね。日本人の言い切らない感じっていうか。。オブラートに包むことを良しとするから。

ですが就職活動においては、オブラートに包むと言うことが、面接官にとってはマイナスイメージにつながってしまいます。

実際に僕が面接官として求職者を相手に話を聞いている際、若干ぼやけた今子をされるとこの人は心が通っていない人だと感じてしまいます。

でも一般的な面接スタイルから考えると、どうしても、就職・転職の面接は企業側が上に立って、求職者側が下の立場にいるような感覚に陥ってしまいます。

そのため、多くの面接者は企業に好かれようと「様子を伺う」ことに集中してしまい、自分の回答が言い切らない回答になってしまうのです。

でも、さっきも言った通り、面接官の立場から言うと、言い切らない事は優柔不断につながり、良い印象を与えません。

「もし、会社の考え方と違うことを言ったら、落ちる可能性が高まるじゃないか」と思うかもしれません。

でも、考えてみてください。
会社に合わせてしまったあなたは、本当にその会社にあってますか?
入社した後にあなたは仕事がしやすい環境になると思いますか

確信を持って言えます答えは絶対にノーです。

イトダイ
無理矢理合わせできたような答えなんて、面接官からすれば一発でわかります。万が一、入社できたとしてもその後めっちゃ苦しくなるだけですよ。

なので、自分の意見をしっかりと言うことです。
もしも、多少の考え方の違いがあっても、その人のポテンシャルがあれば受かる可能性は格段に上がります。

企業も日々変化しているので、基本的な考え方さえあっていれば、

多少の意見が食い違っていたとしてもちゃんと意見を持って発言ができる方を優先して採用します。

なので、しっかりと自分の意見をはっきりと伝えることを意識しましょう。自分に合った会社で心地よく働くためには必要不可欠です!

転職失敗した面接官が教える、20代〜30代前半へのオススメ転職サービス

2018.03.19

転職活動時に使ったエージェント6選

2017.08.01

スポンサーリンク