Ripple(リップル)とは、どんな仮想通貨なのか

スポンサーリンク

[st-kaiwa3]リップルはまぁまぁ聞く名前かも。でもどんな通貨なの[/st-kaiwa3] [st-kaiwa1]基本的な情報はしっかり押さえておこう![/st-kaiwa1]

初心者でもおススメの取引所

口座開設がまだの人は、すぐにアクションが取れるように口座だけでも開いておくことをおススメします。(開設までほんと時間かかるので・・・)

Coincheckhttps://coincheck.com/

長所:アプリで超簡単取引! 通貨の種類豊富!短所:手数料がちょっと高い…(でも手軽さ優先)

bitFlyerhttps://bitflyer.jp

長所:チャートがわかりやすい!米国にも進出!金融庁認定で安心! 短所:手数料がちょっと高い…(でも手軽さ優先)

Zaifhttps://zaif.jp

長所:手数料が安く、金融庁認定で安心! 短所:スマホはちょい使いづらい。。

バイナンスhttps://www.binance.com/

長所:海外取引所で日本語対応!(めちゃアツいです。)

Ripple(リップル)の概要

【売買市場の有無】

国内外の取引所で扱われている。

【記録されている財産的価値】

ブロックチェーン

【発行方法】

・サービス開始時に1,000億XRP発行され、これ以上発行されることはない。

【承認方式】

・Ripple, Inc.によって承認されたバリデータによって取引の承認作業が行われる。

・バリデータは、受信した取引を適正に照合し、承認済みの元帳に未承認の新しい取引記録のブロックをつなげて追加する作業を行う。

【総発行量】

約382億XRP(2017/06/20時点)

【時価総額】

約13,361億円(2017/06/20時点)

【発行可能上限】

1,000億XRP

【一単元あたりの価値】

約33.22円(2017/06/20時点)

【決済完了性】

あり

【発行者】

Ripple, Inc.

【リスク】

・価値変動リスク

需給バランスや相場状況の変化により、急激に変動する可能性があるほか、価値がゼロになる可能性がある。

・サイバー攻撃のリスク

仮想通貨は電子的に移動するため、ハッキングなどでウォレットから不正に盗み取られるリスクがある。

・流動性リスク

市場動向や取引量等の状況により、取引が不可能若しくは困難となる可能性がある。

・ハードフォークによる分岐リスクなし

・51%攻撃リスク

取引の承認作業をしているものが不正を働いた場合、取引が覆るリスクがある。

スポンサーリンク