ガジェット

三脚内蔵、伸縮もできる小型スマホ用ジンバル「GIMBAL STABILIZER L08」レビュー!

自撮り棒じゃ不十分ジンバルが欲しい!

でも、有名メーカーは高すぎて手が出せない

あなたにオススメなのがGIMBAL STABILIZER L08です。

GIMBAL-STABILIZER-L081.jpg

5,000円未満で買える手軽さなのに、
多機能なジンバルで、
初心者・入門者にはもってこいの製品でした。

この記事では「GIMBAL STABILIZER L08」の特徴と使用感をご紹介します!

小型スマホ用ジンバル「GIMBAL STABILIZER L08」の基本性能

  • 360°回転、手ブレ補正機能付き
  • ワンタッチで横/縦を簡単切り替え
  • 伸縮可能で自撮り棒としても!
  • 三脚内蔵でYoutube撮影も簡単
  • ワイヤレスリモコンで、10m以内の遠隔操作まで!

 

手ブレ補正機能

スマホの手ブレを抑える大事なポイントが
電動のジンバル機能

GIMBAL STABILIZER L08は、
電動1軸タイプのジンバルです。

電源を入れると、スマホが固定され、
取っ手部分を左右に動かしても、
自動制御で画面位置が保たれる仕組みになっています。

 

ワンタッチで縦横を簡単切り替え

画面の縦横を選びたいのは、よくあること

ボタン一回押しで縦横の切り替えができるので、
手間もなく、撮影ができました。

 

超コンパクト設計!

「ジンバルって機能はいいんだけど、場所とるよね」って点がネックだったので、買わなかったのですが、

折りたたみができるコンパクト設計です。

GIMBAL STABILIZER L083

(なんと、19cm…!)

ポケットやカバンに入れやすいので、
持ち運びの負担にならず、
旅行でもちょっとしたお出かけでも使えるのが良いですね!

さらに、86cmまで柄を伸ばすことができるので、
自撮り棒としても使えますよ!

三脚が内蔵!

三脚

みんなで写真を撮るときや、
自撮りのときに役に立つ三脚スタンドが付いています。

通常使用では、取っ手部分になっていますが、
三脚機能に簡単に変えることできるので
ツイキャス、生配信・宅録も簡単ですね!

 

ワイヤレスリモコンで遠隔操作

スマホがあれば、Bluetoothを介して
ワイヤレスリモコンと連携ができる
仕組み。

アプリのダウンロードも必要なく、
スマホ側から
GIMBAL STABILIZER L08」を選ぶだけです。

初期設定でスマホとペアリングすれば、
次回以降は自動的に接続してくれました!

ワイヤレスリモコンは本体から取り外しができ、
10mまで遠隔操作ができます。

スマホ取り付け部分の幅は511cm

iPhoneはもちろん、ほとんどのスマホに対応するサイズだと思います。

 

充電はUSBで!

製品にMicro-USB充電ケーブルが付いていて、
1
回のフル充電で、約2時間動くのを確認しました。

電力が足りなくなると赤いランプが点滅し、
充電が必要と知らせてくれます。

 

GIMBAL STABILIZER L08 製品仕様

素材:ABS+アルミ合金
サイズ:68.5mm*39.5mm*190mm(縦860mmまで調節可能)
重さ:201g
ワイヤレス:Bluetooth4.0
電池容量:450mha
対応OS:Android4.3以上、iOS5.1以上

GIMBAL STABILIZER L08 まとめ

GIMBAL STABILIZER L082

スタビライザー(ジンバル)を初めて使う
初心者で、5000円以下なら、おすすめの一台でした。

子供と公園で遊ぶときなどにも重宝する
非常に良い買い物でした!

-ガジェット

© 2021 チクタク Powered by AFFINGER5