投資ってなんだろう?

投資とは

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

 

投資についてどのようなイメージを持っていますか?投資の意味を知れば、きっとあなたも挑戦したくなるはずです。

投資に興味はあるけれど、挑戦をためらっていた。今まで、投資に興味はあったけれど、なかなかはじめるチャンスがなかった人も多いのではないでしょうか。

人から「投資で資産運用をしているんだ」なんてかっこいい言葉を聞いて投資に憧れていた方も、「よし!チャレンジしてみよう」という人もいることでしょう。

でも、何から始めたらよいのでしょうか。まず投資とは何か、基本をおさえておきましょう。

目次

はじめる前に知っておきたい投資の3ポイント

なぜ投資が世の中に必要なのか?

インターネットにより、世界がグローバルに展開している昨今、いたるところで経済活動が行われています。投資は、お金を通してこれらの経済活動を支援することで、石油や天然ガスが採掘されたり、難病に効く薬が開発されるのです。投資は、社会をスムーズに動かすためのいわば、潤滑油のようなものです。

いつ、どこで・24時間いつでもOK!投資はできるの?

インターネットで世界中といつでも結ばれることができるようになった現在、投資は証券会社を通していつでもインターネット環境さえあれば、できるようになりました。24時間取引できる投資商品もあります。

投資で得られる利益とは?

投資した企業などが利益を上げるとその企業の価値が上がり、上がった時に売却することで、売買益を得ることができます。また、株式などを持っている間も、利益の一部を投資比率に合わせて分配金として支払われます。

「投資」の始まり

投資は利益を得るために、事業などに資金を投下すること。1553年にイギリスで設立された合資会社「ロシア会社」で始まり、1602年にオランダで設立された「東インド会社」によって本格的に活用され、ヨーロッパを中心に広まりました。

当時のヨーロッパは大航海時代。世界との貿易で富を求めるため航海を目指したのですが、失敗するケースも多く、資金繰りの一貫として周囲から資金を募ったのです。私たちの周りにも投資を募るさまざまな事例があります。

たとえば、ひと口オーナー制度。東北大震災後には牡蠣の養殖物復興のために募集。ひと口馬主なども、高価なサラブレットをみんなで購入・運営資金を分散して持ち、獲得賞金を分け合うスタイルの投資です。

また、公共施設の建設や道路の補修等に国債などの債券を発行して得た資金が使われることも投資といえます。このように投資はいろいろな場所で、さまざまなカタチで行われています。

投資とは、利益を期待して資金を支出することをいい、そのカタチはさまざま。人のアイデアや会社の新事業の設備などに投資されています。

預金と投資の大きな違い

投資の歴史

銀行に預けた預金も、実は国債などの購入資金として投資に使われています。もし、銀行が投資に失敗し倒産したら預けたお金は……。

実はここに、預金と投資の大きな違いがあります。銀行などに預ける預金は、あらかじめ成果が約束されているということ。年率金利などに沿って預けた期間分の利息が得られ、万一預け先が金融破綻しても元金1,000万円までとその利子が保証された「ノーリスク」商品です。

これは、多くの国民の預け先である銀行がつぶれ、破綻すると国内の経済が大混乱を起こしてしまうため、預金保険制度により保護されています。そのため、銀行は健全な運営をしているのか、つねに金融庁により厳しい審査が行なわれています。

一方、投資は投資家の自己責任で、元本は保証されていません。証券会社などを通してお金を投資先に託し、その企業の利益が上がれば、その分の見返りである「リターン」が得られますが、投資先の会社が倒産してしまうと、託した元手が無くなる「リスク」商品です。

なお、証券会社も金融庁から厳しい審査を受けていますが、証券会社が倒産しても、資産は保証されます。

「預金」と「貯金」はどう違う?

お金の預け先によって名称が変わります。銀行、信用金庫、信用組合、労働金に預けたお金を「預金」

ゆうちょ銀行、JAバンク、JFマリンバンクなどに預けたお金を「貯金」といいます。どちらも元金が保証され、預金と貯金を併せて「預貯金」といいます。

預金や投資のお金は、どちらも株式や国債などの購入に活用されています。「投資」は配当によっては高額なリターンが期待できますが、「預金」の方は元本が1,000万円までしか保証されません。

投資に影響する人間心理=プロスペクト理論

投資する人

あらかじめ利息が決められたノーリスク商品の預金と違い、投資の場合、利益を出した企業の株価が必ずしも上昇するというわけではありません。なぜなら、投資市場における金融商品は、業績より、人気(株が買われること)によってその価値が示されるからです。

そこに介在するのが人間の心理で、その代表的なものとして、プロスペクト理論があげられます。プロスペクト理論は、不確実な状況における人の意思決定モデルの一つです。利益や損失を伴う選択を求められたとき、人はどのように意思決定をしがちなのかを示した理論です。

この理論から導きだされた投資における人の心理は、勝つことの喜びよりも負けることが嫌いで、知らず知らずのうちにリスクをとってしまう傾向にあるというものです。

たとえば、株価が上がり続けている時、もうそろそろ下がるのではないかと早め早めに利益を確定させたがり(少ないリターン)、その一方で買った株式が下がり続けると、再び上昇するまでズルズルと持ち続ける(大きなリスク)心理傾向です。この心理傾向が強い人は小さな負けを認めず、結局大きな負債を抱え込む危険性があります。

投資における2つの心理パターン

投資に合うか

預金と違って投資は人の心理で商品が値動きします。人間の意思決定の傾向を示した「プロスペクト理論」によると、人間は負けを嫌う傾向にあります。投資で負けを認めない場合、一度の失敗で大きな損失を抱え込む可能性があります。

Aさん:客観的な視野を持ち失敗も受け入れられるタイプ

Bさん:失敗を認めず負けず嫌いなタイプ

この人たちが同じ状況に遭遇しました。昨日まですごく好調だった株が下落、明日は元本割れする可能性があります。

  • Aさん:今日のうちに売って、最低限の利益で終えようとする
  • Bさん:本当に下がるかわからないので明日まで待つ

客観的なデータを重視し、一定の基準を持って投資しているAさんより、Bさんの方がプロスペクト理論にハマりやすい傾向にあります。負けを認めたくないためにズルズルとリスクを抱え、損をしてしまう可能性が大きいといえます。

あなたは「プロスペクト理論」に当てはまる人?

あなたは投資における「プロスペクト理論」に当てはまるでしょうか。下の2つの問題で確かめてください。

問題1

選べるとしたら、あなたはどちらを選びますか?

  1. 50万円の利益が確定。
  2. 55%の確率で100万円の利益、45%の確率で0円に。

問題2

選ばなくてはならない場合、どちらを選びますか?

  1. 持ち金が50万円の損益が確定。
  2. 持ち金が55%の確率で100万円の損失になるが、45%の確率で損失0円に。

純粋な確率からすると、問題1では2。問題2では1を選ぶのが正解となりますが、プロスペクト理論によると、ハマりやすい人は問題1では1と問題2では2を選ぶ傾向にあります。

利益が確定していると、低い確率でも過大に恐がり(0円になる確率が45%もあると考える)、損をしていると、確率が悪いのに挑戦したがる(損失100万円の確率は55%だが45%でチャラになると考える)傾向にあるといわれています。

はたして、あなたはいかがでしたでしょうか?

反対を選んだ方は気をつけましょう。

【投資とは】リターンとリスクについて考える

投資

投資の楽しさとは一体なんなのでしょうか。せっかく汗水垂らして稼いだお金が減っていくのは嫌!ただ、リターンとリスクをしっかり認識すれば、不要な不安は払拭できます。しっかりと理解をして、知識を持って投資を楽しんではいかがでしょうか。

 

リターンとリスクは表裏一体!?

投資でよく耳にするリターンやリスクには、次のような意味を持ちます。

  • リターン=投資で得られる収益
  • リスク=リターン(収益)のふれ幅

つまり、リスク=マイナスイメージでは決してないのです。また、リターンとリスクは、表裏一体の関係で、大きな収益を期待できる投資ほどリスクが大きくなります。

預金=ノーリスク・ローリターン。利益や元本の保証はないですが、その分リターンが見込める株式投資などは「ハイリスク・ハイリターン」といえます。投資においては、このリスクとリターンの関係性を十分に理解した上で、自分のライフスタイルに合う投資を選ぶことが大切です。

 

投資の「リターン」とは?

投資リターン

投資して得られる利益をリターンといい、「○○円のリターン」「リターン率○○%」といった表現を使います。リターンには「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2種類があります。

キャピタルゲインは保有する資産の価格が変動することで得られるもので、株式や債券のほか、土地や絵画などもこれに当たります。

インカムゲインは資産を保有することで安定的に得られるもので、株式の配当や債券の利息、家賃収入などが挙げられます。投資においては、この両方を合わせた「トータルリターン」で考えることが重要になります。

例えば、毎月分配金をもらえるタイプの投資信託の中には、分配金がもらえても商品そのものの価格が下がってしまい、トータルで大きな損失を生みだすといったケースもあります。

またリターンの大きさは、その性格上、リスクの大きさにほぼ比例しており、小さなリスクで大きなリターンを得られる金融商品はないといってもよいでしょう。投資では、リターンの意味や性質を理解し、リスクとリターンのバランスを考えて商品を購入することが大切になります。

 

投資対象の金融商品も「リスク」はさまざま

投資リターン

投資商品にはリスクがつきものですが、商品の性質によってリスクの大きさも違ってきます。一般的には、国債など債券は株式投資ほどの価格変動は少ないので“ローリスク”といえるでしょう。

また、同じ種類の金融商品においても差があり、投資信託では、価格変動が少ない商品に投資する「安定重視型」と値動きが大きな商品に投資する「積極値上がり益追求型」ではリスクの大きさが違ってきます。

とはいえ、リスクを嫌ってリスクの少ない金融商品ばかりに投資していたら、大きなリターンは望めません。投資で大切なのは、金融商品のリスクの大小で選ぶのではなく、自分の投資の目的に合ったリスク商品を選ぶことです。

 

リターンとリスクを考える

目標が同じ(金額)でも、利益率の高いものに小額を投資するのか、利益率の低いものに多めの額を投資するのかなど、アプローチの仕方もさまざまです。コイン投げを例に考えてみましょう。

コイン投げに見るリスクとリターン

【条件】

  • コインの裏が出ると2倍。1度でも表がでたら没収。
  • 所持金40円をゲームで賭けて80円にしてお菓子を買う場合

Aパターン:10円で80円にするには4回チャレンジできる

裏が出る確率は1/2なので、80円にするには3回成功しなければならない。その確率は1/8。ただし4回(10円×4枚)挑戦できるチャンスがあるので1/8×4で1/2の確率。

Bパターン:40円一気にかける=1回しかチャレンジできない

1回成功すればOK。10円で1回ずつ計4回挑戦するよりも確率は高いが利益は40円にしかならない。失敗すると4倍の損失に。また、1回しか挑戦できない。

40円の資金を増やして80円のお菓子を買いたい場合、AパターンはBパターンよりも高リスク(1/8)、BはAよりも低リスク(1/2)とみなすことができます。しかし、アプローチ(投資法)の違いだけで、所持金40円を80円に増やす確率は同じ1/2なのです。

 

分散投資でリスクを分散

分散投資

分散投資とは、性格が異なるものや相反する傾向を示す金融商品を組み合わせて保有することで、同時下落などのリスクを回避する投資法です。

初心者にオススメな組み合せは以下の3つ。ここではこの言葉だけを覚えておいてください。

異なる国の貨幣を複数保有する例えば円とドルは為替で取引され、円が上がるとドルが下がる傾向を示します。そこで資産を円だけでなく、ドルとして保有することで資産価値の下落のリスクを抑えることができます。

金融商品の種類に分けるすべてを現金で保有するのではなく、株式や外貨、不動産などに資金を振り分けることで資産の目減りのリスクを抑えます。

タイミングを分ける一つの銘柄を一度に大量に買うのではなく、時期をずらして複数回に分けて購入することで、購入価格が平均化され、高い時にすべてを買ってしまうリスクを抑えることができます。

 

華僑のリスク回避術

投資とは

東南アジア諸国を中心に、地元経済に深く根ざしているのが中国大陸出身の華僑と呼ばれる人々です。彼らの経済的成功は、資産への考え方「財産3分法」にあるといわれています。

お金が貯まると、「現金・ゴールド・不動産」の3つの形で保有し、盗難やインフレなどがあってもすべての資産が喪失するリスクを抑えることで、生活基盤を豊かにしていくことに成功しているのです。

なぜ金融商品は価格が変わるのか

毎日、株や為替、不動産や金に至るまでニュースで毎日価格が変わっています。同じものなのに、なぜ価格が変わるのでしょうか。

なぜ金融商品の価格や価値が変動するの?

「金融商品」の言葉の定義を再確認しましょう。

金融商品とは…銀行・保険会社・証券会社などで扱う商品。 預金・金銭信託・保険・株式・投資信託・外国為替など旧来の金融商品のほかに、そこから派生して生まれたデリバティブなどを含んでいう。

引用:コトバンク 金融商品とは

政策や法律の変化で金融商品の価格も動く

一番わかりやすい株式で説明してみます。

取引される株の価格は、主に業績の良い悪いで決まります(内部要因)。赤字であれば下がりますし、黒字であれば株価は上がります。

しかしそれだけでなく、外的要因によっても大きく変動することがあります。例えば、国の政策変更、法律改正といった商品を取り巻く環境の変化などが挙げられます。

約10年前の2007年、サブプライムローン問題は海外での出来事ですが、日本経済に深刻な打撃を与えた外的要因といえます。最近であれば、アメリカと北朝鮮の軍事的解決のニュースが株価に影響しています。

米国経済と密接関係があることから、アメリカの景気の失速、原油の高騰、ドル安円高の急進などにより、サブプライムローン問題の影響は日本経済にまで大きく響きました。

世界的にもグローバル化が進み、輸出産業に大きく依存している日本経済は、外部の影響を受けやすい状況です。株を始め、金融商品を購入する時には、企業そのものの業績だけでなく、為替・金利・気候・国際情勢・国政といった外的リスク要因を知っておく必要があります。

※サブプライムローン問題

2007年から2009年にかけて起きた、アメリカの住宅バブル崩壊による世界的な金融・経済危機のこと。バブル期の日本同様(日本は土地神話)、多くの人が住宅価格が上がり続けると信じ、住宅ローンで儲けようとする金融機関の思惑が重なり住宅が高騰、限界を超えて住宅バブルは崩壊。

金融商品の価格を動かす主な外的要因

分散投資
  • 為替動向
  • 金利の動向
  • 輸出産業を苦しめる円高

円が高くなると、自動車などは外国で販売価格が上昇し、売れなくなる傾向になります。逆に原料を輸入する企業は安く仕入れることができ、コスト削減につながります。

投資商品の値動き傾向

投資リターン
  • 輸入産業の株価上昇に期待
    (輸入品を安く売れる・原料費も安い)
  • 輸出産業の株価上昇に期待
    (海外で安く売れる・ドルを円に替えると増収)

金利と株価は反比例する傾向

金利が低い場合には、リスク覚悟でリターンの高い株式市場などの投資へと資金が流れる傾向があり、その分、株価の価格も上昇する傾向にあります。

投資商品の値動き傾向

  • 金利上昇:株価下がる傾向
    (株式に投資されていたお金が預金や債券に)
  • 金利下落:株価上がる事に期待
    (預金などから株式に資金が流れやすくなる)

気候変動で消費動向に変化

天気 投資

天候によって業績が左右される業種の株価に注意が必要です。たとえば観光系は、ゴールデンウィークや夏休みなどの稼ぎ時シーズンの天候は集客増減に影響し、売上にも直結します。

猛暑 投資
  • 長雨:観光・遊園地などレジャー関連が下がる
  • 猛暑:ビールや冷房関連などが上がる
  • 冷夏:ビールや家電関連ダウン。一部のレジャーがUP。
  • 暖冬:家電関連、スキー場・宿泊施設でDOWN。
    長期天気予報をチェック。

国際情勢の変動に注意

戦車 投資 株価 影響

中東の内戦などにより、石油や天然ガスの供給不安が発生すると、エネルギー関連株やガソリンを使う運送業などにも影響することがあります。

中東以外でも、国際情勢次第ではあらゆる商品に影響が出ますので注意が必要です。

  • 戦争:投資・輸出入している企業の株価は下がる
  • 急成長:その国に投資および商売している企業は上がる

日々の新聞やニュースのチェックはもちろん、会社四季報などで、その企業がどのような国と取引があるのか、支店があるのかをチェックする必要があります。

国の政策で業界の流れが変わる

政策や法律の改正が関連業界に大きく影響します。2014年10月、政府はビール系飲料の酒税の見直しを検討しました。若者の酒離れが叫ばれますが、こういった国の政策で企業の業績に影響が出るコトも少なくありません。

  • 新たに規制→関連業界の株価が下がり傾向
  • 規制緩和→関連業界の株価上昇に期待

こちらも新聞などで法案や国会の動向をチェックしましょう。

近年注目の価格変動の要因外国人投資家の動きに注意

経済のグローバル化は国内の株式市場にも及んでいます。日本株の売買高のうち、外国人投資家の比率は55〜60%と外国人投資家の持つ影響力は強くなっています。外国人投資家はドルで資産を持っているため、株価の変動だけでなく、為替の動きにも注意する必要があります。

投資のリターン【キャピタルゲイン・インカムゲイン】

株やFXなどでよく聞く「リターンが大きい」という言葉。なんか良い言葉に聞こえますが、意味はよくわからない…ということはありませんか。改めて投資における「リターン」について解説します。

投資のリターンは2種類存在する

投資のリターン=利益は2つの種類があります。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

の2種類です。その2つについて解説していきます。

キャピタルゲイン=資産運用で得た利益

100万円の株が120万円で売れたとします。運用で得た20万円の売却益をキャピタルゲインと呼び、株価が下がって損をした場合は、売却損=キャピタルロスとなります。

もし投資で利益を得たらどうしますか?初心者の方だと、儲かったので何か大きいものでも買おうと考える方もいるかもしれません。でも、この考え方はあまり良いとは言えません。せっかく得た利益を使い込んでしまっては、再投資などの資産運用が出来ず、増えていかないからです。得た利益を含めて、計画的に運用することがとても重要になります。

特に初心者の多くの方は、お金を「生活に必要な資金」「老後資金など確実に蓄えておきたい預貯金」以外の「余裕資金」で運用するのが基本であり、鉄則です。

キャピタルゲインとキャピタルロス

改めてですが、買った商品を売ると、投資した金額より儲かったり、損をしたりします。この儲かった売買益を「キャピタルゲイン」、損失を「キャピタルロス」ということを覚えましょう。

インカムゲイン=配当などで得た利益

投資の利益のもう一つの形がインカムゲインと呼ばれるものです。インカムゲインとは、資産そのものを手放さずに、安定的に継続的に受け取れる利益のことを指し、株の配当や不動産の家賃収入などがイメージしやすいでしょうか。

一例として、りんごの木で考えてみましょう。苗木が大きくなり、りんごの木そのものを売った利益=キャピタルゲイン実ったりんごを売った利益=インカムゲインといえます。

ただ、毎年りんごが上手く実るかはわかりません。台風などや動物被害もあるかもしれません。そういったことも踏まえた上で、どちらの利益をとるのかを考えていく必要があります。

キャピタルゲイン狙いは危険性もあるので、これから投資を始めようと思われる方は、安定的に配当や優待券が得られる値動きの少ない株式および投資信託で、インカムゲイン狙いがよいかもしれませんね。

【まとめ】キャピタルゲインとインカムゲインの違い

キャピタルゲインは、買った株式や債券を売って得た利益のこと。インカムゲインは、買った株式などから得られる配当金や株主優待などをさします。

【投資失敗】バランスの良い資産運用とは

投資をするにあたって、一気に資産が減ってしまうのは、誰だって怖いです。私も怖かったですし、大きな失敗もしました。資産運用は日本では誰も教えてくれない事の一つです。どうすれば上手く資産運用ができるのか、私の失敗経験を伝えることで、失敗を経験する方が一人でも少なくなればと思います。

目指す先はバランスのよい雪だるま

投資 雪だるま

資産運用の考え方として、雪だるま方式に例えることがあります。資金を増やし(転がし)ながら徐々に大きく増やす。大きな胴体の部分は、安定するように預貯金・債券で固めて、余った小さめの資金で頭の部分を作るというイメージです。

安定したら、少し冒険して株・投資信託・FXなどで大きな利益を狙うといったイメージです。株・投資信託で利益が上がれば、胴体部分(預貯金・債権)に回し、バランスをとりながら形の良い雪だるまを作りましょう。

雪だるま同様、資金が小さいうちは慎重に転がして、中心部分をしっかりと固め、「ローリスク→ミドルリスク→ハイリスク」への移行が基本といえます。

雪だるま式に資産を増やすプロセスとは?

  • 余剰資金がいくらになるのかを確認
    「いつまでにいくら増やすか」を考えて投資
  • リターン(利益)が出たら余剰資産として再投資

自分のすべてのお金のなかで、固定資産以外の余剰資金を投資にまわし、利益がでたら再投資に回し、固定資産に組み入れます。バランスの良い雪だるま式総資産形成を目指しましょう。

投資先選びの指標となる「利回り」

株 投資

インカムゲイン狙いで、中長期的に投資を考える場合、利回りを意識する必要があります。利回りとは、投資に対して、企業が決めた利率に応じて支払われるお金(配当金)のことです

たとえば、投資金額100万円で配当金が1,000円のA社株と、投資金額20万円で配当金が400円のB社株は、どちらが利回りが良いでしょうか。

  • A社株1,000円÷1,000,000円=0.1%
  • B社株400円÷200,000円=0.2%

ということは、利回りの高いB社株を100万円分投資したほうが配当は良いという計算になります。

ただし、配当金を目当てにした結果、株価の変動により損する事もあるので、あくまで投資先を選ぶチェック項目の1つとして覚えましょう。

「利回り」で安全に資産を増やす

金融商品には、次のようなインカムゲインからの利回りが考えられます。

  • 株式:配当金
  • 投資信託:分配金
  • 不動産:賃料

資産を低リスクで運用したければ、長期保有して売却益のキャピタルゲインより、配当などのインカムゲインで稼いでいくことがおすすめです。さらに分散投資することでリスクを減らせます。

スポンサーリンク

投資とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です