一貫性って過大評価されやすいから、面接での言い方には気をつけたほうがいい話。

一貫性って過大評価されやすいから、面接での言い方には気をつけたほうがいい話。

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
こんにちは 北海道に移住し転職したがブラック企業で転職失敗し、再転職で採用担当になったイトガダイゴです。

今日は、一貫性って過大評価されやすいよねっていう話をしたいと思います。

【おすすめ転職サービス】

サービス特徴
リクナビNEXT
無料適職・性格診断あり
ビズリーチ独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒内定率80%超え
ミイダス分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

一貫性って過大評価されやすいぞ

これは僕が実際に体験したことに基づいて話すんですけれども、

  • あの人を一貫してる
  • ずっと同じことを言っている
  • 長いこと、同じことを続けている

って とても評価が上がりやすいです。

例えば「毎日10回 1年間 Twitter でツイートしてます」とか「毎日 ブログでニュースを発信してます」とか。もうちょっと意味がなさそうなことでも「1年で360日アイスを食べ続けてます」とか。 そういうこと聞くと、なんかその人ってすごそうに感じるじゃないですか。

で。何で評価されるかって言うと、過去の行動と今の行動が一貫しているって言うのが評価されるポイントだと思います。

 

過去と今が同じ行動って誰が見ても一貫しているっていう点で評価がしやすいですよね。でも、毎日新しいことにチャレンジしているってなると、人によって一貫性がないように見えてしまうので評価が下がることもあるんじゃないかなって思ってます。

ただ、冷静に考えてみると、10年前の自分が言った意見と、今言っている自分の意見が同じかどうかって、どうでもいいはずじゃないですか。でも10年前と同じ一貫性があるのはすごく評価が高くなってしまうのは、一つの原理・自然現象なんじゃないかと思っています。

 

四字熟語で朝令暮改って言ったりもしますけど、(朝令暮改=朝言ったことを夕方に変えてしまうのは)「混乱を招いてしまう」とか「リーダーとしてすぐブレてるし」とか。どちらかというとネガティブな印象を持たれてしまうんですけれども

言った本人からすると、もっと上位の目標があって、その目標を達成するために挑戦し続けたい。その過程で指示が変わる。そんなことは結構ありますよ。でも考えや発言が一貫している方が評価が高くなる傾向があるので意見を変えるのがやりづらくなってしまってるんじゃないかなと思ってます。 その結果、意味のない事をずっと続けてしまったりとかするだろうなと思いました。

 

一貫性をもつ。ってもったいないこともある

一貫性を持つこと自体は悪いことじゃないんです。けれども、一貫性に縛られて行動しちゃっている人が結構いて、もったいないなあと感じることが多いです。

例えば 半年前に言っていたことをやり続ける。とか
「私の意見はこれなので」って一回言ってしまったがために、自分の意見に縛られて変えられないとか。結構もったいないなと思います。

変えられない理由は、すごく簡単で。最初に言ったように一貫性自体が評価されやすいから自己評価として楽っていうのもあります。

意見が毎回コロコロ変わってしまうと、毎回、毎回、毎回、毎回正しいか正しくないかを判断しなきゃいけないですよね。

イトダイ
「考えるコストを節約したい」気持ちが出ちゃうんですよね

でも意見が一貫していると、毎回やることを正しいか正しくないかを判断しなくてよくなるということです。

 

で、そもそも人間の性質として、同じことをずっとやっている方がやっぱり楽。なので人は楽なほうに行きやすいのでそれをやり続けてしまうんだろうなと思います 。

さらに「シンプルに楽だから、みんなが一貫性を評価してくれやすいから、そのまま同じことをやってしまっている」と。

けど、結局 それって無駄だよねっていうような話ですね。

僕自身もほぼ毎日ブログを記事をあげ続けているんですけど「ずっと続けてて偉いですね」とか「やりきっててすごいですね」みたいな話をされるんですね。

でも自分の中では「毎日スマホでニュースを見る」とか「歯磨きをして寝る」とかそれぐらいのレベルのことなので、あんまりすごくない。けど一貫性があるって評価されるんだなあと思いますね。

 

一貫することの過大評価さを就活でも活用しようよ

 

人は 毎日同じことをやることで「この人がすごい」っていう印象を持ってしまう と考えるっていうのは、すごい面白いなと思いました。

もし、これを面接とか自己アピールとかで使うとしたら、

  • ずっと毎日続けていること
  • 実はコツコツやっています

 

みたいなことをアピールすれば、評価が上がりやすいですよ。人から どう評価されるかは考えなくていいです。

ただ、面接官に対して、仕事に活かせるスキルとしてアピールする意識は必要ですね。「歯磨きします」は評価にならないわけです。

 

ビジネス、仕事面での一貫性を生かすポイントは、細かいレベルの意見や方法を一貫させてはダメです。

ではなく、大きな概念の部分で考え方・意見を一貫させる。それで周りの理解を得ておくと。それに時代だったり、外部環境に合わせていく。合わせ続ける。そして挑戦し続けるのがいいですね。

というわけで、一貫性は過大評価されてるんじゃないかという話をしてみました。

やっぱり、人は楽な方法にすぐ逃げてしまう習性があるので、ずっと同じことを言い続けて、同じことをやってみんなが評価してくれたらそれはそっちをやっちゃうよねって思うんですけど。

易きに流れない方が目立つし、うまくいったりするので。是非、そういう考え方で 毎日を過ごすといいと思います。ではまた。

【おすすめ転職サービス】

サービス特徴
リクナビNEXT
無料適職・性格診断あり
ビズリーチ独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒内定率80%超え
ミイダス分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク