【面接官が教える】コミュニケーション能力とは何なのか(その1)

スポンサーリンク

「コミュニケーション能力」ってめちゃ言われるけど意味わかんねー。

就活生や一度社会人経験をした求職者であっても、この問題にぶちあたると思います。自分の過去を振り返っても

コミュニケーション、コミュニケーションって何を持って判断してんの?会社側も意味分かって使ってんの?

って思ってました。でも、企業側になって面接官として多くの求職者を見ていくことで「コミュニケーション能力」の正体がわかったんです。

いろんな要素がありすぎて、全部書くとまとまらないので1項目ずつ記事にしていきます。今日はその1です。

 

コミュニケーション能力とは

 

数百人の書類選考・面接を通してわかったことは

ずばり、「相手のレベルに立って説明ができる人」がコミュニケーション能力が高いと判断しています。

「あ、結構普通のことなんだな」と思った方ほど要注意です。ドツボにはまります。

 

求職者や就活生は自分の能力を高く見せようとすると不合格!?

 

就職とかそういうことを置いといても、人は【相手に対して自分を高く見せようとする】ものです。

恋愛で例をとるなら、好きな人にカッコつけたり、可愛く見せる努力をしたり。

選ばれるために、自分の希少性や唯一性をアピールしようとする生き物なんです。

なので、それ自体を否定することはありません。が、どうでしょう。

「アピールするポイントが伝わらず、相手に振り返ってもらえなかった。」

そんなことも往々にしてありえますよね。書類選考や面接だって同じことなんです。

 

「うちの会社に合う人材かな?」と思ってもらう前に、まず、アピールするポイントが伝わらないから、不合格になるわけです。

で、能力を高く見せようとする人ほど陥りやすいワナがあるんです。(面接官の私は逆に「この人能力低いな」と判断します

 

自分の能力を高く見せようとする人は専門用語で伝える

 

能力を高く見せようとする人ほど専門用語を使います。

他人がわからないことで、自分の実力が高い・専門性があることを伝えているんですね。でも完全に逆効果です。

書類選考時にこう思います。一言一句修正なしです。

人事・現場担当・役員それぞれの立場の人が書類を見ることを全く考えていないな。自身の専門用語が基準になっている人がたとえ入社したとしても、説明を求めた時に端的に説明はできないだろう。よって、コミュニケーション能力は無い。そもそもこの人(あなた)が何をやってきたのかが全くわからない時点で、私の1時間をこの人に使う(面接に合う)必要は無い

こんなところです。

じゃあどうすればいいのでしょうか。

 

噛み砕いた表現を用いることでコミュニケーション能力をアピール

 

答えは単純で「認識のずれが無い、噛み砕いた表現を用いること」です。

例えば、「CS」って言葉は何だと思いますか?

テレビのBS/CSや、職業でいえばカスタマーサポート、カスタマーサービス、カスタマーサティスファクション(顧客満足)、Wikipwdiaをみると、サッカーチーム「コンサドーレ札幌」もCSらしいです。プロ野球のクライマックスシリーズもCSですね。

「営業」も一言で片付けられやすいですが、内勤・外勤・ルート・飛び込み・テレアポ・・・いろんな種類がありますよね。

このような略称や概念的な仕事は一番危ないので、履歴書・職務経歴書はもちろん、面接の際には噛み砕いた言い方を心がけるようにしましょう。

<この記事を読んだ人へのおすすめリンク>

転職失敗した【面接官が教える】オススメ転職サービス

【面接官が教える】転職サービス【MIIDAS(ミーダス)】の時間対効果がめちゃくちゃ良かった!

スポンサーリンク