仮想通貨取引所 Coincheck (コインチェック) をメインで使う【3つの理由】

スポンサーリンク

先日、仮想通貨に関しての記事を書かせていただきました。

【過去記事】仮想通貨に手を出してみた

今日は私が仮想通貨の取引所【Coincheck (コインチェック)】を使う理由を書いていきたいと思います。

改めて、仮想通貨とは。

改めて、仮想通貨とは何なのでしょうか。

一言で言うと「仮想通貨とは、ネット上に存在しているお金」のことです。

円やドルなどの通貨と同じですが、ネット上にあるから、仮想通貨と言われます。通常は、銀行などの中央機関があるのですが、仮想通貨は中央機関を介さずに取引できるため、異なる通貨の両替・決済が手軽にやり取りできるのがメリットです。

例えば、あなたが海外に行ったら両替をしてから支払いをする必要があります。その両替には手数料が必要ですし、余ったお金を使い切る必要もありますよね。

でも、仮想通貨が普及すれば現地のお金を持つことなく、Edy・nanaco・Suicaなどのように「ピッ」とするだけで支払いができるのです。

このような利便性が、世界的にみても広がってくるという考えから、仮想通貨が話題になっているのです。

ただ、仮想通貨と一言で言ってもいろんな種類があります。
先日、「Jコインを発行する」というニュースがあったくらい、新しい仮想通貨が誕生していて、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。

仮想通貨がもたらす未来のイメージ

ネットや最新トレンドに精通している人は、言うまでもなくイメージができていると思いますが、今まで、財布に現金・カードを入れていた日常が、遠くない未来はスマホ1台で完結ということも十分に起こりえます。

現金・カードがない未来での主役が【仮想通貨】です。普段、持ち歩いている現金が仮想通貨になる世界。その世界で、最も中心となる通貨が【ビットコイン】です。

ビットコインって聞いたことあるけど…。という人は先行して情報が取れている人だと思います。実際はどんなものか見ていきましょう。

 

最近ニュースに出てくる【ビットコインとは】

【ビットコイン】…、名前は聞いたことあるけど、実際はよくわかっていない…かといって聞ける人もいない。という人は意外に多いと思います。

ここでしっかりと理解しておきましょう。

ビットコインは2009年に運用開始した仮想通貨で、最も時価総額の高い仮想通貨です。多くの仮想通貨がビットコインを介して両替をされることから、仮想通貨の中で中心的な仮想通貨ということがわかると思います。

利用登録が簡単にでき、SNSのアカウント等からでも始められます。ビットコインの大きな特徴の一つとして【マイニング(採掘)】と呼ばれるシステムがあります。

これはユーザーがビットコインの維持管理業務を行うことで、報酬としてビットコインが支払われる仕組みのことです。

高スペックのパソコンやそこそこの電気代がかかるため、日本では浸透していませんが、この維持管理の仕組みによって、偽造や二重払いが未然に防がれています。

 

私がCoincheck (コインチェック)をメインで使うのか

ビットコインを始めるにあたり確認しなければならないのは、「どの取引所を利用するか」ということです。日本でもビットコインを扱っている取引所はたくさんあり、それぞれが独自のサービスを提供しています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

その中で、私がいろんな取引所がある中でCoincheckを選んだ理由はなんでしょうか。

 

ビットコイン取引高日本一だったから

やっぱり、新しいものを取り扱うにあたり、私が気にした点は信頼性です。金融系で信頼性を測ると考えると、【取引高に重きを置く】ことだったのです。

弱い取引所などだと、いつサービスが終わるかわかりませんよね。(もちろん新興企業の方が新しいサービスを生み出せるという利点はありますが)

その点、Coincheckであれば取引高が多く、当分の間は大丈夫だろうなと考えたため、選びました。

 

iPhoneアプリが使いやすい

そして、iPhoneアプリで管理ができて使い易いことが導入のハードルを下げてくれました。

Facebookアカウントで登録ができる手軽さ

金融系の登録って本当に面倒なんですよ。住所、氏名、年齢…その他にもいっぱい。その点CoincheckはFacebookアカウントからでも登録できる手軽さで、スムーズにストレスなく導入できました。

本格的に仮想通貨を始めようかなんて、登録時点ではわからないのに、面倒な手続きなんかしたくないですよね。その点、Coincheckはすぐにできるのでオススメです。

クレジットカードで買える

iPhoneアプリ内で、クレジットカードで仮想通貨を買えるんです。普通であれば、取引所が指定する口座にお金を振り込んで●営業日待ってから取引が開始できる。

そんなイメージなんですが、クレジットで買えることで買いたい時にすぐに買って取引ができるのは画期的です。

価格変動があった場合のアラート機能

ビットコインは高騰・暴落のニュースが日々起こっており「知らぬ間に損をしてしまうんじゃないか」。そんなイメージを持つ人もいるかと思いますが、アラート機能が備わっていますので、アプリの通知・メール通知機能で情報を逃すこともありません。

13個の仮想通貨を扱っている

ビットコインだけでなく、全部で13の仮想通貨を取り扱うことができます。仮想通貨はビットコイン以外にもあるので、13の仮想通貨に分散させることでリスクも軽減することができます。

例えば、時価総額が低い時に仕込んで、高い時に売るという投資的に対応ができるんです。

iPhoneアプリにお金なんて預けられっか!って思っていましたが、2段階認証システムなどを用いて非常に高いセキュリティ体制も整ってきたので安心してサービスを利用できてきています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

Coincheckを含めて、仮想通貨はまだまだ発展途上のサービスだと思います。一方で2020年 東京オリンピックに向けて政府も含めてアクションをしている事実を考えると、主流になることはそう遠くないと思います。

実はビットコインも、とても簡単に始められるので、これを機に登録だけでも初めてみませんか。

スポンサーリンク