【レビュー】【超入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ】を読んだ感想・書評まとめ

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

目標達成につながらない処理

戦略とは目標達成につながることを戦術で買わせることができない

追いかける執行のことを言う

インテルの指標は活用のしやすさ

日本の銘菓はMPUの処理速度を指標にした

伝統的日本の指標発見は経験から偶然気づく事で新しい指標の発見をする

→勝利の理由指標が不明確再現性がないと言うところがデメリット

反対に行動分析から指標8原子効果的な戦略選択をする無意味なことをしないというのがアメリカの選択であった

戦略理解がないと成功体験の大再現に執着をしてしまう

日本人はれんま文化技師に入る

米軍は達人を不要とするシステムになっている

ゲームのルールを変えたものだけが勝つと言うのはIBM会長の言葉

日本は戦闘戦術戦略ゲームのルールと言う順番

米国はその逆であるルールを作れる立場は非常に強い

例えば売り上げが100だった場合から2倍の200になったときそれは従業員の努力が2倍になったからなのかそれであれば4倍位すればいいのかという考えになってしまう

逆に売り上げが下がった場合、努力が2分の1 4分の1だからと言う考え方になってしまう

外部要因は本当にないのか

流行打者室などではないかというのを考えなければいけない

ソニーはかつてイノベーターであった森田昭雄の本ラジオビデオレコーダーウォークマン

スティーブ・ジョブズは過去の資料を変える意図があったのではないか

意見として今のアップルはシングルループで戦ってないかと思われる

映画はコンテンツビジネスであり先進性だけでは売れない日本の企業の子側1ルールの中で戦ってしまうに既存の指標を覆さない形の伝承ではなく勝利の本質を伝承すべきである

信賞必罰を徹底できるか否かが組織の行動を変える

失敗するリーダー目の前の問題の捉え方を変えない

居心地の悪さが問題解決力を向上させる

ロングセラー空気の研究

日本人1点を見て全体を類推する

リスク管理なしにして成功した場合再現させたもののリスクは増大する

日本人の考え方性格の本質を考えさせられる本である

失敗要因となる22番はギャンブルを取り返す心理近く娯楽だから仕事だからと言う分かり方ではなく

人間の心理は変わらないと言うふうに感じた

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です