【懇親会にも最適】札幌の常設リアル脱出ゲーム【アジトオブスクラップ】に行ってみた!ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出の感想

【懇親会にも最適】札幌の常設リアル脱出ゲーム【アジトオブスクラップ】に行ってみた!ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出の感想

スポンサーリンク

リアル脱出ゲームってどんな感じなんだろう?

特に札幌に住んでいると、脱出ゲームイベントが多いわけではないので、名前は聞くけど行った人を聞いたことがない人も多いと思います。

今回は会社のイベントとして、大通駅近くのリアル脱出ゲームに参加しました。

 

会場

会場はTSUTAYA近くのビルの7階にあります。

イトダイ
看板が出ているわけじゃないので、ちょっと見つけづらい・・・

で、参加したイベントはこちら!

 

「ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出」の感想

ストーリー

あなたは目覚めると見知らぬ部屋に閉じ込められていた。
周りには何人か同じ状況の人たちがいるようだ。

状況を飲み込めないでいると、
ガチャリと音を立てて部屋の扉が開いた。
入ってきたのは大柄で威圧的な覆面の人物だった。

「目を覚ましたようだな……。
残念ながら、お前らをこの部屋から出すわけにはいかない。
俺は10分に一度、この部屋に異変がないか見回りに来る。
だから、俺がいない間、絶対に怪しいマネをするんじゃないぞ!
いいか絶対だぞ!!」

覆面の人物はそう言い残し、部屋から出て行った。

ここから無事に脱出するためには、
あいつにバレないように部屋を探索し、
見回りに来る前には痕跡を完璧に消さなければならない!

あなたは謎や暗号を解き明かし、
ときどき監視員が見回りに来る部屋から
脱出することができるだろうか?

イベントの詳細を口外すると、闇に葬りされ一生強制労働させられるという事だったので、ここでは言えませんが、参加者全員が大満足のイベントで団結力もつくようないいイベントですね!

脱出のトリックを最後に解説してもらうと「さすがにそこまではクリアできないわ」というレベルで、かなりの難易度の高さでした。

大満足のイベントなので、ぜひチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

【懇親会にも最適】札幌の常設リアル脱出ゲーム【アジトオブスクラップ】に行ってみた!ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出の感想