ネットの引用はどこまでか。

スポンサーリンク

ブログをやるという事は少なからず、元ネタがあるものです。

しかし元ネタをどう扱っていいのか、どう参考にしていいのか分かりづらいこともありますよね。

自身の備忘録としても書き留めておきたいと思います。

まず、国が何と言っているか?

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
出典: 文化庁 | 著作物が自由に使える場合

ということ。しっかり守ってる人もいれば、全く気にしていないサイトもありますね。

例えば、一部のキュレーションサイトやまとめサイトなどです。

でも、親告罪だった!

親告罪(しんこくざい)とは、告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪を指す。告訴を欠く公訴は、訴訟条件を欠くものとして判決で公訴棄却となる。

イケハヤさんの書籍で知ったんですが、親告罪なんですね。ビックリ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です