【面接官が暴露】自己PRで本当に聞きたいこと

スポンサーリンク

面接の最初の質問として鉄板になっているのが「自己紹介をしてください」という質問ではありませんか。

求職者も自己紹介を暗記してきてそれを答えるようにしていると思います。

でも本当に企業が聞きたい事は何なのか。すごく気になりませんか。

私自身、面接官をしているので本当は何を考えているのかどういった基準で判断しているのかをお伝えしたいと思います。

結局のところ内容はあまり聞いていない。

採用担当が書類を読み込んでいないって本当か。

採用担当のもとにはあなたの考えている5倍から10倍の書類があります。

それを1枚1枚1文字丁寧に読むことしません。

そして書類選考が通った後あなたの書類を熟読する時間ももちろんありません。

そうなるとどうなるか。細かな事前情報だけつかんでおり細かなところは記憶していないと言うのが実情です。

と言う事は自己PRでは要点を簡潔に伝えたいことを明確にして話すのが1番です。

私が面接をしていて最初の自己PRでこの人は多分いけるのはあまり期待できないなと思う2つの端があります。

裏を介せば最初の1つの質問事項PRをしてくださいと言う質問に対して上手に答えられているかどうかで1時面接の合否が決まっていると言っても過言ではありません。

強みを用意して話す

人間心理として3ついうのが3段オチと言う言葉もあるように収まりが良いように思いますが、面接においてはけっこうなボリュームで限界だと思います。

具体的な業務の状況を話すあなたにとっては現在の職場の環境が伝わるものだと思って話しますが、相手は全く分かっていません

そのことを理解しながら話せるかどうかがコミニケーションが取れているかどうかの判断基準になります。

よってあなたが現在どんな仕事をしている場所に行って、どのぐらいのメンバーがいて、どのような立ち位置で、どのようなことを感じて仕事をしているのかことを具体的に話せるかどうかが自己PR成功の合否が決まります。続きはSNSのシェアがつけば書いていきますね。

スポンサーリンク